ピクシブ百科事典

パンドン

ぱんどん

ウルトラセブンに登場した怪獣。同一個体である改造パンドンも併せて記載。
目次[非表示]

データ(パンドン)

史上最大の侵略


別名:双頭怪獣
身長:40メートル
体重:1万5,000トン
出身地:ゴース星
第48話「史上最大の侵略(前編)」および第49話「史上最大の侵略(後編)」に登場

ゴース星人が地球侵略の為に送り込んできた怪獣
左右対称な二つの頭を持った怪獣で、見えにくいがのすぐ上にが二つあるため、合計四つの目玉を持つ。
武器に2つあるからの火炎放射。ちなみにOPの歌詞にある「倒せ火を吐く大怪獣」に該当するのはパンドンのみとなっている。大岩を武器にしたり、アイスラッガーを叩き落として踏みつけ使用不能にする、最終戦ではアイスラッガーを受け止めるなど知能も高い。基本戦術は接近戦を主体としたパワーファイトで、頭部を殴られたウルトラセブンは(瀕死状態だったとはいえ)悲鳴をあげて悶え苦しみ、戦闘終了後には頭部をひどく負傷していた。ゴース星人の宇宙船に迫ったキリヤマらを抹殺するべく登場。そのまま駆けつけたウルトラセブンと戦うが、セブンは過労の為に体がボロボロで、エメリウム光線が途中までしか撃てず、走ることもままならない有様だったので圧倒する。途中ウルトラホーク3号に気を取られてアイスラッガーで左手と右足を切断され倒されるが…

改造パンドン

改造パンドン


別名:双頭怪獣
身長:40メートル
体重:1万7,000トン
出身地:ゴース星
第49話「史上最大の侵略(後編)」に登場

セブンに切断された手足を義手義足で補ったパンドン。
改造と付いているが別に強化されたわけでなく、義手義足も間に合わせの手術らしく、動きは改造前より低下していてむしろパワーダウンしてるが、セブンの方は最早まともに戦うことすらできないほど消耗しきっていたので終始圧倒した。
反射神経そのものは高く、放たれたアイスラッガーをキャッチしてみせた(※義手ではなく素手で)。

本編概要

前編

ゴース星人の大型宇宙船:スペースキャリアーに載せられて、宇宙ステーションV3の防衛網を突破し地球に侵入。このとき地球防衛軍極東本部に警報は届いていたが、通信に出たのが前述のとおり具合を悪くしていたウルトラセブン=主人公モロボシ・ダンであり、彼が過労で倒れていたのもあってウルトラ警備隊は初動対応が遅れた。
パンドンの戦いの後、ダンはクラタに「警備隊の面汚し」と叱責されるが、これはクラタがダンを極めて高く評価していたこと、そのダンがうたた寝して被害が出たことに対する失望によるもの(ダンは体調不良を隠していたため、怠慢と見なされた)。

パンドンは途中でウルトラホークの迎撃に遭うも無事地上に到達し、地上戦を仕掛けるウルトラ警備隊の前に出現、強力な火炎放射でキリヤマ隊長らを危機に陥れた。変身したセブンとも戦うが、セブンは体調が最悪のためエメリウム光線は撃てず、格闘すらもできない状態。頼みの綱のアイスラッガーは脳波コントロール出来ず、手持ち武器として使うが落とした上でパンドンに踏まれるといった有様で、とても相手にならず圧倒されてしまう。

戦いはアンヌ隊員の操縦するウルトラホーク3号に撹乱された隙を突かれセブンに手足を切断されてパンドンが敗退。だが、同時に深刻な負傷からセブン(ダン)は再起不能寸前に追い込まれるのだった。

後編

パンドンがセブンに倒されたその夜、フルハシ隊員らがウルトラホーク3号で死体を確認した際には既にゴース星人に回収されていた(手足のみ転がっていた)。

その後、ウルトラ警備隊のマグマライザーによりゴース星人の基地は爆破され、アマギ隊員を救出したセブンとウルトラ警備隊の前に手足を機械で補った改造パンドンが再度出現する。前回よりも更に弱り瀕死となったセブンを蹂躙するが、ダン=セブンという事実を知ってウルトラ警備隊が奮起、分離したウルトラホーク1号に阻まれる。
セブンが起死回生を狙ったアイスラッガーの一撃をも掴み捕るが、そのアイスラッガーの投げ返しをウルトラ警備隊の決死の攻撃でわずかに阻まれ、この刹那にセブンが溜めた渾身のウルトラ念力によって曲げられた軌道は逆にアイスラッガー返しとなり、パンドンは首を切断され今度こそ完全に絶命した。

総括

上記の理由から、セブンが万全な体調だったら普通に倒されてたのでは?という意見が強い。

赤いトンカツ明太子のような個性的な外見以外はごく普通の怪獣であり、むしろデザイン的にはとても弱そうにさえ思える。そんな平凡な怪獣にセブンが苦戦してしまうことで、痛々しいまでのセブンの弱体化を視聴者に見せつけたと言える。

ちなみにパンドンの名前はパンドラから取られている。文字通り最後はセブンという希望によって倒された。

スーパーファミコンソフト「ウルトラセブン」

ノーマル・改造共に出演。最終ボスとして登場。

ゲームの仕様上セブンが常時万全の状態である(エメリウム光線やアイスラッガーが問題無く使用可能)にも関わらず、ストーリーモードやCPUが相手だと鬼の様に強く、射程や効果範囲の広い火炎放射(改造は火炎放射が波状に動く等、微妙に能力が上がってる)をバンバン使ってくるので接近するのも一苦労。しかも、岩石投げ以外バリアで跳ね返せないので待ちバリア戦法も有効とは言い難い。難易度Hardにすると熟練者でも1~2回は負けることもある程である。逆に負けられる事を利用し、1~2回捨てて必殺技ゲージを溜め、光線連発でパンドンや改造パンドンのライフを削っていくと言う方法もある。
「パンドンに苦戦する」意味では原作通りかもしれない。

なお、対戦モードで操作キャラとして使うと、手足のリーチは短い上にジャンプ攻撃は出来ず、自キャラはゲームの仕様上必殺技ゲージが貯まるまで岩石投げも火炎が使えないので非常に使いづらい。
ただし、改造パンドンの場合は一撃死の首絞めが追加されている。そのため、油断して接近してきたら組技で一気に持っていかれることも。

ウルトラマンSTORY0

惑星エレメンターの火の民を守護する怪獣として登場。
四聖獣全滅を目論むガッツ星人の口車に乗せられた火の民の長により風の守護獣ヒドラとの決戦時に爆殺されてしまう(口の上手いガッツ星人は「近接用の必殺兵器だ」としか言っておらず、結果的に長は自爆スイッチだと知らずに押してしまった)。
その後シーモンスシュガロンヒドラ合体し、ガッツ星人の手先にされてしまう。

ウルトラマンオーブ


絆の力、おかりします!のネタバレ注意


























ジャグラスジャグラーが変身した、ゼッパンドンの変身バンクにゼットンと共に登場。
本編には「史上最大の侵略(前編)以来」の実に49年ぶりの再登場である(映像作品では「私が愛したウルトラセブン」や「ウルトラスーパーファイト」等に登場している)。
外見はマガクリスタルがないマガパンドンそのもので、スーツもマガパンドンの改造と思われ、細部がオリジナルとは異なっている。

同族達

ネオパンドン

ウルトラレディセブン対ネオパンドン


OV作品「ウルトラセブン EVOLUTION5部作」に登場するパンドン。
詳しいことは該当項目参照のこと。

キングパンドン

キングパンドン


劇場映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」以降の作品に登場するパンドン。
詳しいことは該当項目参照のこと。

マガパンドン

ウルトラマンオーブ」に登場した、パンドンの新種。
本作では魔王獣の一種として扱われており、別名はノ魔王獣

ゼッパンドン

こちらも「ウルトラマンオーブ」に登場した怪獣。
ジャグラスジャグラーが大魔王獣マガオロチの尻尾をベースにゼットンとパンドンの力を融合させて誕生した、合体魔王獣

関連項目

ウルトラセブン ゴース星人 ガルト星人 ウルトラ怪獣
ウルトラマンメビウス ギガキマイラ 大決戦!超ウルトラ8兄弟
ウルトラマンベリアル 大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THEMOVIE ベリュドラ
ウルトラマンサーガ バット星人
ウルトラマンギンガ

pixivに投稿された作品 pixivで「パンドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72772

コメント