ピクシブ百科事典

アイスラッガー

あいすらっがー

ウルトラセブンの頭部に付いている武器。
目次[非表示]

概要

ウルトラセブンの頭にくっついている宇宙ブーメランの名前。
スーツはアイスラッガーが取れるものと、固定のものの両方が作られ、場面に応じて使い分けられた。
使用後に怪獣がボロリと落ちるという見た目のインパクトは絶大で、セブンの代表技として最も知名度は高い。
ちなみに、名称が「セブンスラッガー」でなく「アイスラッガー」なのは、企画当初の仮の番組名が『ウルトラアイ』だった名残の為である。

使用法

主に投げつけて使用する。飛ばした後はセブンのウルトラ念力で自在にコントロールできるので一回投げただけで敵を滅多切りにすることも可能(エレキング戦、ガンダー戦など)で、飛んでいる間は白熱化しているので相手の血飛沫が刀身に付くこともない。殺傷用兵器としては非常に便利である。
そのため首や尻尾だけではなく、メトロン星人戦、ワイアール星人戦、テペト戦、あまり触れてはいけないアレなどでは豪快に縦に輪切りにしている。
内山まもる氏の漫画「かがやけウルトラの星」では、なんとガッツ星人バルタン星人ナックル星人メトロン星人巨大ヤプール5大幹部一コマで皆殺しにするという離れ業を見せた。
その威力はウルトラの父からもゼットンにも効くだろう」と認められている。

また、ナイフの様に手持ち武器として使用する場合もあり、昭和ではガイロスギエロン星獣を倒し、パンドンの左腕や右脚を斬り落とし、平成ウルトラセブンでは強敵ザバンギを打ち破った。『ウルトラファイトオーブ』ではかつてアイスラッガーが利かなかったキングジョーを滅多切りにして倒している。
空中にウルトラ念力で固定し、シェイクハンド光線で打ち込むウルトラノック戦法が最大の技。

ギエロン星獣やキングジョーの様に堅い相手には弾き返される事もあるが、特に破損することもないほど頑丈で、平成セブンにてキングジョーⅡに連続使用した際に欠けたのが唯一破損描写である(次の話では直っていたが)。
更にウルトラ念力以外はセブンのエネルギーを消費しないので、初回から最終回まで全編に渡って活躍している。
最終回での改造パンドンに相手にみせた「アイスラッガー返し」は名シーンとして有名。

なお、セブンがダンカンに操られてを破壊した時は生身の人間に向かって投げつけていた(幸いにも当たらなかったが)

他者が使ったケース

このようにアイスラッガーはセブンの体の部位というわけではないため、改造パンドンがやろうとしたように掴み取りさえすれば誰でも使用できる。

例えば内山まもるが『小学二年生』に連載していた「ウルトラマンレオ」の漫画では円盤生物シルバーブルーメに決死の戦いを挑んだセブンがレオにアイスラッガーを託し、セブンの特攻で息も絶え絶えとなったシルバーブルーメにレオがアイスラッガーを叩きつけて撃破しており、続く最終回ではラスボスのブラック司令官(本作では天突く巨体でレオと殴り合っている)に投げつけ、とどめを刺した。

コミカライズ「ウルトラ超伝説」ではブラックホールに落ちたセブンの形見の如く周辺に漂いアンドロメロスの武器として活用。使用当初はそのまま名称不明の怪獣戦艦に突っ込み破壊。その後双刃剣ダブルサーベルに姿を変えているものの、ジュダとの決戦時に再び主のもとに戻っている(落ちたものの次元移動能力を持つアンドロ人たちに救われ、彼らの医療技術で手当てされていた)。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」では一時的にレイレイモン)の手に渡っていた事があり、武器としての性能以外にもテレパシーでビジョンを見せたり、暴走したレイモンを浄化する特殊な力を発揮。
ウルトラ銀河伝説」でもこれを利用しK76星へSOSを送る際に使用した。

漫画ウルトラマン超闘士激伝』ではメフィラス大魔王との対決の際に使用し、ゾフィーを始めとしたウルトラ戦士たちの全エネルギーをスペースQの要領で結集することで「チャージスラッガー」として放ち、最後は闘士ウルトラマンが真っ向から振り下ろしたことでメフィラスを倒した。

倒した怪獣

初代TV版
クール星人 ワイアール星人 エレキング ビラ星人 イカルス星人 ギラドラス ガブラ ガンダー ギエロン星獣 ボーグ星人 リッガー アロン ガッツ星人×2 テペト ガイロス パンドン 改造パンドン
計18匹

平成ウルトラセブン
キングジョーⅡ ザバンギ ガイモス
計3匹

セブンX
ガルキメス マーキンド星人 子ペジネラ  バドリュード グラキエス数百体
計…何体?

メビウス以降
ガンQ キングゴルドラス キングシルバゴン 怪獣兵器キングパンドン キングジョー亡霊体
計5匹

放送規制の弊害

平成に入ってからも使用しているが、切断描写の規制から首がボロリは無くなってしまい、命中後に即爆発という描写に収まっている。

しかし、「ウルトラマン列伝」でこのネタが使われた回が放映された際は、ほとんど修正されていない状態で放映さている。

同系統の武器

アイスラッガーに似た武器は他のレッド族のウルトラ戦士も使用しており、ウルトラセブン21ヴェルザード21スラッガーとも)、ウルトラマンマックスマクシウムソードがある。
息子のウルトラマンゼロにも受け継がれており、こちらは2本になったゼロスラッガーとなっている。また、セブンとゼロの力を借りたウルトラマンオーブフュージョンアップ形態の一つであるエメリウムスラッガーもアイスラッガーを装着している。
セブンとレオの力を使い変身するウルトラマンジードソリッドバーニングは、アイスラッガーに似た「ジードスラッガー」を装着しており、こちらは手足のジョイントに装着することができる。
他にもライトノベル『ウルトラマン妹』の主人公ジャンヌジャンヌスラッシュがある。こちらは一度紛失している

ウルトラマンタロウの頭部にもアイスラッガーらしきものは見られるが、タロウはセブンのようなウルトラ念力をまだ習得していないため、アイスラッガーとしては使用できずにいるらしい(その後『ウルトラマンギンガ』でウルトラ念力を使用しているがやはり使っている描写はない)。
ウルトラマンジャスティスも頭の突起がそれらしい役目を果たしていない。

また、ウルトラマンネクサスジュネッスブルーの必殺技はアイスラッガーがモチーフになっているほか、ウルトラマンエクシードXのエクスラッガーもアイスラッガーが元ネタになっている。

NDS怪獣バスターズ』『怪獣バスターズPOWERED』では、パスワード入力によりブレード系武器としてアイスラッガーが作製可能。
このアイスラッガーは上記の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO』でのそれとは異なり、人間の身長とほぼ同サイズの大剣になっている。
必須素材の『赤のレイストーン』はシングルプレイでは入手できないため、『無印』では通信プレイに付き合ってくれる人がいないぼっちプレイヤーには作製できない(『POWERED』ではマルチプレイ仕様のミッションにひとりで挑戦することが可能になっている)。
アイスラッガーを装備した状態でメトロン星人に話しかけると、アクセサリちえもんよう』がもらえる。

ウルトラマンレオ』に登場する怪獣「カネドラス」も酷似した技を使う。

…どういうわけか、『ドラゴンボール』に登場するチチも、これをエメリウム光線共々、少女時代に使っている。


関連項目

ウルトラセブン21 ウルトラマンマックス ウルトラマンゼロ
卍丸 キン肉スグル キン肉万太郎
ギロチン 八つ裂き光輪 ウルトラブレスレット
ウルトラセブン

pixivに投稿された作品 pixivで「アイスラッガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222974

コメント