ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

大空大地が電脳空間の虹の根元で入手した、虹色に輝く剣。

側面にある虹色のスライドパネルをなぞってトリガーを引き、「エクシードエーックス!!」と叫びながらX字に斬るというプロセスを経てウルトラマンエックスウルトラマンエクシードXへ強化させる。


ユナイト時はエクシードXの額と一体化しており、エックスの意志に応じて分離し、手持ちの剣として使用する。必殺技を放つ際は、スライドパネルをなぞる回数によって放つ必殺技が変化する他、グリップの真下にある『ブーストスイッチ』を叩くと下部の刃が伸び、究極技エクシードエクスラッシュを発動する。

ちなみになぞる方向は、通常下から上。逆になぞるとエクスラッガーショットを発動する。


ツルギデマーガとの戦いが終わった後はエクシードXのスパークドールズへと変化した。

以降はエックスとユナイトした状態の大地の意志に応じてスパークドールズが出現。エクスデバイザーでリードすることで「ウルトラマンエックス、パワーアップ!」の音声の後に、大地の手元にエクスラッガーを実体化させる。


最終話にてかつて大地の父・大空鷹志が発掘し、母・遥が研究していた遺物であった事が判明する。

出自は不明。


その真価は物体を切り裂くのではなく、思いを形にすると言う力。

想いさえあれば失われた存在をも呼び戻し、最初から存在しないモノにすら形を与える事が出来る。

エクシードXが闇を祓う力を持つのも、大地の共存を願う思いを具現化した結果である。

だが一方でその思いが全く通じない相手にはエクスラッガーが力を発揮できないと言う事も意味している。


関連タグ

アイスラッガー:恐らくエクスラッガーの元ネタ。

ナイトティンバー:こちらもウルトラマンを強化させ、必殺技が三種ある剣。

オーブスラッシャー:後に登場した、エクスラッガーの類似武器。なぞる方向は上から下と逆である他、エクスラッガーショットに相当する技はない。

ベリアロク:同じくグリーザを倒すきっかけとなった武器。エクスラッガーとの関係性は不明。

グリッターブレード強化形態で使用する虹色の剣アイテム。


主役ウルトラマンの最強タイプ専用武器

ナイトティンバーエクスラッガーキングソード

関連記事

親記事

ウルトラマンエクシードX うるとらまんえくしーどえっくす

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30542

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました