ピクシブ百科事典

ツルギデマーガ

つるぎでまーが

『ウルトラマンX』第12話にて初登場した怪獣で、溶鉄怪獣デマーガの強化個体。
目次[非表示]

データ

  • 身長:55メートル
  • 体重:5万9千トン
  • 別名:熔鉄怪獣(TV本編)、閻魔分身獣(劇場版)


概要

ウルトラマンX

襲来、そして変異『ツルギデマーガ』


グア軍団の尖兵で、ギナ・スペクターによって目覚めたデマーガの別個体が、突如宇宙から降り注いだ闇のエネルギー「ダークサンダーエナジー」の影響で強化を遂げた姿。この個体を「ツルギデマーガ」と呼んだのはグルマン博士
なお、字幕では「デマーガ」と表記されている。

デマーガと比べてより凶暴そうな面構えになっており、「ツルギ」の名に違わず両肩から長大な刃の様なものが伸び、両腕にも鋭利な刃物のような部位が追加されているのが特徴。
肉体もエックスが弱体化していたとはいえ、ザナディウム光線をも受け付けないほど頑丈となったほか、熔鉄光線もエックスを吹き飛ばすほど威力が上がっている。
鳴き声も通常のデマーガと比べて低く野太い、禍々しいものになっている。

一度はエックスを消滅させた後地底へ姿を消したが、再度出現した際にはウルトラマンエクシードXに手も足も出ず圧倒され、エクシードエクスラッシュを受けて元のデマーガに戻ったところへ、ザナディウム光線を受けてスパークドールズにされた。

最終回ではグリーザに実体化させられた後、吸収されてしまった。

きたぞ!われらのウルトラマン

地獄の怪獣軍団


閻魔獣ザイゴーグが生み出した閻魔分身獣という別個体という設定で登場。

総勢5匹が出現し、アメリカダラスウルトラマンギンガエジプトカイロウルトラマンネクサススイスジュネーブウルトラマンマックスアルゼンチンブエノスアイレスウルトラマンビクトリー中国上海ウルトラマンゼロと戦い、ベータスパークアーマーの力でエネルギーを回復した各ウルトラ戦士の必殺光線(ギンガクロスシュート、オーバーレイ・シュトローム、マクシウムカノン、ビクトリウムシュート、ワイドゼロショット)で倒された。

余談

ソフビは10月3日に発売。ウルトラ怪獣DXでの発売であるため、デマーガのソフビよりかなり大型。

着ぐるみはデマーガの改造。また、最初から強化を想定しており、追加パーツを外してデマーガに戻す事も出来る。

関連項目

ウルトラマンX グア軍団 デマーガ

ゴーデス(第2形態) ゴルザ(強化) ネオダランビアⅡ 超コッヴ ラゴラスエヴォ ディノゾールリバース - 同じく最初に戦った怪獣の強化形態
インペライザー - 同じく中ボスにして終盤で大量出現した怪獣。ただしこちらは確認できただけでツルギデマーガの倍以上の数が出現した

pixivに投稿された作品 pixivで「ツルギデマーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7070

コメント