ピクシブ百科事典

ネオダランビア

ねおだらんびあ

「ウルトラマンダイナ」第1、2話に登場したスフィア合成獣。
目次[非表示]

概要

  • 身長:65メートル
  • 体重:6万5千トン

正式名称は「超合成獣 ネオダランビア」。
ダランビアの破片が破壊した火星開発プラントの残骸を取り組んで再結集して強化変身したスフィア合成獣。事実上ウルトラマンダイナが最初に戦った怪獣である。

外見はダランビアから大きく変わり、二足歩行形態の王道体型な怪獣となっている。能力もダランビアよりパワーアップしており、頭部の角から破壊光線を放つ他、右腕を触手のように伸ばし相手に巻き付けて高圧電流を流す。更にダランビア以上の強度を持つ亜空間バリアも展開できる。

ダイナとの戦いの末、ビームスライサーとフラッシュサイクラーの連続攻撃で亜空間バリアを破壊された後、ソルジェント光線を受けて爆散する。

ネオダランビアⅡ

第49話に登場した別個体。TPC火星基地付近に出現したスフィアが岩石と合体して怪獣化した。

目つきが鋭くなり、茶色だった体色が若干黒っぽくなっている。武器は口から放つ赤色破壊光線と、腹這いの状態で地面を滑走して繰り出す体当たり攻撃。亜空間バリアの強度もさらに上がっており、ソルジェント光線を1発は耐えたが、続けて放たれた2発目には破られてしまい倒された。

しかしこの戦いはダイナが変身を解く様子も含めてTPC警務局火星基地によって記録されており、アスカは捕えられてテラノイド誕生に利用されてしまう事になる。

サンダーダランビア

ウルトラマンギンガに登場した亜種。詳細はリンク先を参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオダランビア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3474

コメント