ピクシブ百科事典

ゴルザ

ごるざ

ウルトラシリーズに登場する怪獣。ここでは強化形態であるゴルザ(強化)やゴルザⅡについても解説する。
目次[非表示]

概要

超古代怪獣  ゴルザ


  • 身長:62メートル
  • 体重:6万8000トン

別名「超古代怪獣」。初登場は『ウルトラマンティガ』。
頭部や顔の外側や喉元を覆う鎧の様な皮膚が特徴で、ユザレ曰く「大地を揺るがす怪獣」。

超古代怪獣は【タイプC】というカテゴリーに分類され、ゴルザもこれに該当する怪獣であり、メルバガルラもこれにあてはまる。闇の支配者(ガタノゾーアと思われる)の配下となって光の巨人と戦うなど、超古代怪獣でも代表的な怪獣である。劇場版の回想シーンでは数十体の個体が確認されており、ゾイガーと並ぶ戦闘員的なポジションにあったとも考えられる。

一方で、それ以外の世界(『ギンガ』『X』『Z』の世界など)ではただの野良怪獣のような扱いを受けており、その世界観では一体どのようにして誕生したのかは一切語られておらず不明。だいたいコイツの仕業で済むのだろうが。

パワフルな外見通り肉弾戦を好み、パンチや頑丈な頭部の鎧を活かした頭突きなどの強力な技を持つ。

【フュージョンファイト!】バディチェンジ5弾イラスト


武器は額にエネルギーを集めて発射する超音波光線で、紫の光線を一直線状に撃つ。

モンゴルの地底から出現し、同時期にイースター島の地底から目覚めたメルバ共々、日本の東北地方に眠る超古代文明のピラミッドを破壊するために行動を開始した。
ピラミッドを破壊して封印を解き、中に眠っていた3つの巨人の像のうち2つを破壊するが、最後の1つである闇の巨人に主人公のマドカ・ダイゴが乗り移り、光の巨人ウルトラマンティガ」として目覚めてしまった。自慢の腕力と超音波光線を使いティガを苦しめたが、ティガがパワータイプにタイプチェンジすると逆に圧倒され、たまらず地底へと逃走した。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

野生の怪獣として登場。こちらの舞台がM78スペースなので、ブルトンの力で別宇宙から連れてこられたものと思われ、OPではベロクロンと戦っている。

スーツは当時の流用ではなく本作で新造されたもの(流石に古すぎて残っていなかったのだろう)で、初代ゴルザと後述のゴルザⅡを組み合わせたような見た目にアレンジされている。
頭でっかちなオリジナルと比べ頭部は小さくなり、また体は逆に大きく筋肉質になって所謂怪獣らしいフォルムに変化している。
後に同作に登場するファイヤーゴルザへと改造された。

ウルトラマンオーブ

ジャグラスジャグラーの所有する怪獣カードの1枚として登場。
ダークリングを介して、マガグランドキング復活に利用された。

ウルトラマンZ

第2話のモニターに名前だけ登場。原作同様にモンゴルに出現したらしい。
ゴルザがいるという事は恐竜を超古代怪獣に進化させたガタノゾーアなどの闇の支配者がいる可能性も否定できないが、真相は未だに不明。

第8話では、カブラギ・シンヤの依頼を受けたピット星人がメルバや超コッヴ細胞と共にゴルザの細胞を用意し、カブラギはこれを用いてゴルザの怪獣メダルを製作、トライキングファイブキングに変身した(『ギンガS』ではファイブキングを生み出すために後述するファイヤーゴルザの力が用いられたが、本作では諸事情により変更されている)。
このゴルザの細胞が、第2話で登場した個体のものかは不明。

ちなみにOP映像でも一瞬だけ登場している。

ゴルザ(強化)

超古代怪獣  ゴルザ(強化)


第18話に登場した強化個体。

ファイヤーゴルザ

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』以降の作品ではファイヤーゴルザという名称で登場。一部異なる設定はあるが外見はほぼ同じ。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』では、主人公:レイの姉:ケイトの手持ち怪獣として中ボス的な役割を務めた。

ウルトラ銀河伝説』でもベリアル軍団の1体として登場するほか、ウルトラマンギンガSにも、チブル星人エクセラー一味の操るスパークドールズの1体として登場する(『ギンガ』でもタロウの回想するダークスパークウォーズのシーンでティガと戦っているシーンがある)。

また、AKB48の27thシングル「ギンガムチェック」のPVにも登場している。ちなみにPVには『ウルトラマンオーブ』の主人公・クレナイ・ガイ役の石黒英雄も出演している。

ゴルザⅡ

超古代怪獣 ゴルザⅡ



ウルトラマンダイナ第43話に登場した、何者かにより復活したゴルザ。

派生作品

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

ブルトン並行宇宙から呼び出された個体が登場。ガンQと共に東京宇宙港を襲撃したが、主人公・御蔵イオの駆るゴモラの攻撃を受け逃走した。

ウルトラ怪獣擬人化計画

センシティブな作品


円谷プロ公認(!)の擬人化企画で美少女化されたゴルザ。
デザインは漫画版も執筆している爆天童氏が担当した。
頭を覆っていた鎧のようなものはマフラーとスカーフへとアレンジされている。
なお、ゴルザが最初に出現したモンゴルの平原地帯に因んで、馬賊(というより女盗賊?)のイメージも取り入れられているらしい。

ちなみに、feat.POPの方でデザインを手掛けているPOP氏もお気に入りの怪獣の1つとしてその名を挙げており、後のインタビューで「唯一の男性擬人化キャラとしてデザインしたが、結局没になってしまった」ということを明かしている。

余談

平成ウルトラシリーズが初出の怪獣の中でも特に人気・知名度の高い怪獣の1つであり他作品への客演も比較的多く、『ティガ』以降の作品にも度々客演している。主人公を苦戦させる中ボスクラスの強敵として設定されている事も割と多く、平成ウルトラ怪獣の中でもかなり優遇された扱いを受けているといえる。一方、相方のメルバはというと…

2013年に行われた、ウルトラ怪獣総選挙では36位にランクインした。

キャラクターのイメージはゴメス。顔の造型は目つきや口元などジェロニモンをイメージしている。またⅡのイメージはゴジラ

初登場であった『ティガ』第1話の準備稿やプロットの段階では「オルゴ」という名称だった。

『ティガ』第1話にて脚本を担当した右田昌万は、『ティガ』以前に手掛けた『電光超人グリッドマン』や『平成ウルトラセブン』では低予算を理由に怪獣が都市に出現するようなシーンは描写しておらず、本作品でも当初は描いていなかった。だが、会議で助監督から「怪獣ものなのに、なぜ群衆シーンがないのか?」との指摘を受け、ゴルザが市街に出現するシーンが加えられた。

準備稿の段階での別名は「地鳴剛獣」だった。

第2話の脚本(決定稿)のラストは第1話と直結しており、ムナカタが「ゴルザ以外に怪獣が出てくるとは予想もしていなかった」と語る展開が存在していた。

第51話の脚本では、第1話においてゴルザを初めて目撃した当時の思い出をダイゴとレナが語り合う場面が存在していた。

関連項目

ウルトラマンティガ ウルトラマンギンガS ウルトラマンZ
ウルトラ怪獣 大怪獣バトル 一話怪獣(ウルトラシリーズ)
メルバ ガルラ ゾイガー ギジェラ ガタノゾーア

関連記事

親記事

超古代怪獣 ちょうこだいかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224871

コメント