ピクシブ百科事典

旧支配者

きゅうしはいしゃ

旧支配者とは、クトゥルフ神話において言及される、前時代の支配者達である。神格の総称の一つでもある。グレート・オールド・ワン。
目次[非表示]

旧支配者とは

クトゥルフ神話上における、太古の地球に君臨した者達の総称。
太古の地球を支配した邪神のグループの名称の一つとしても使われている。

簡単に言うと、2種類いる。
地球で生まれたものと、外宇宙から地球に飛来したものである。
前者はウボ=サスラの系統、後者はアザトースの系統で、シュブ=ニグラスなどを介して両者の血を引くものも誕生している。
(地球で生まれたものであっても、「地球本来の神々」と呼ばれる者達とは区別される)
何らかの理由でほとんどのものは現在封印されている。

作家ごとの世界観によって封印の詳細は異なっており、単に周期的な休眠の隙をつかれて「大地の神々(旧神)」に封印されたとされることもあれば、戦いに敗れて封印されたとされる場合もある。最も初期には「星辰の位置が変わったため休眠状態となり、そのわずかな間に人間が栄えた」としていた。「旧神」の概念はかなり後年にダーレスが提唱したもので、主に取り入れられるのはラヴクラフトの没後である。
元々は旧神によって創造されたという世界観もある。詳しくは旧神のページを参照。
旧神がどのような存在として描かれているかによってくるが、誕生に旧神が関わっていない場合、地球本来の神々より強力な侵略者であったようだ。

彼らは今でも復活を望んでおり、たびたび地球上にその姿を現す。
このカテゴリー内でも力の強大さなどは描写や記述を見ても、かなりの差があることが分かる。

外なる神」、外なる次元、宇宙そのものを支配する神々とされる存在の分類もある。TRPGから生まれた比較的新しい分類法で、それが登場する前まではダーレスらの「旧支配者」に分類されていて、力の差はあれど区分けは曖昧であった。
「旧支配者」も「外なる神」も作中で使われた一つのワードであり、本来分類する為の言葉ではないのでこのあたりは仕方がない。
TRPGには「名前のない下級の外なる神」についての言及もあるし、これらの分類には力の強大さより存在の規模やあり方が重要になってくる。

また、「旧支配者」というワードがつくられた当初は邪神そのものを意味する言葉というよりは後述するとおり、人間以外に地球を支配しうる謎めいた存在を示唆するものだった。彼らが神とされるのは、崇拝するカルトが存在するからである。
このことから「旧支配者」と呼ばれても邪神のカテゴリーに含まれない存在もいる。

旧支配者(邪神)の分類

ダーレスの考案した属性分類によれば、彼らはおおむね4つの元素に分類される。外なる神もこの分類が適用されている場合もある。

地の精 - ツァトゥグァ など
水の精 - クトゥルフ ダゴン ハイドラ など
火の精 - クトゥグア など
風の精 - ハスター ロイガー イタカ など

これらのあいだには複雑な対立関係があり、また分類不明の者もいる。
これら分類分けは主にラヴクラフトの没後、オーガスト・ダーレスによってされたもので彼の作品及びリン・カーター作品などで言及される事が多い。
当初のラヴクラフト作品においては、これらは善悪で把握できる存在としては描かれていなかったが(あえてわけて呼ぶ場合、通称ラヴクラフト神話)、ラヴクラフトの死後、その設定を引き継いだダーレスにより、善の旧神と対立する邪神のカテゴリとして設定された。

この分類はその生まれや在り方から分けられたもので、水の精とされるクトゥルフと、その「海の水によって自らの力の大半を封じられている」という設定は矛盾点ではない。また、誤解されることがあるが、テレパシーが遮られているだけであってクトゥルフが力を振るえないのは星辰の位置が正しくないことで「死んでいる」からである。
ただし、ダーレス本人の作品内でも水の精であることが否定されることもあり、その設定は意図的に不分明にされている事がわかる。
作中でもこれは人間の視点から見たある種こじつけに近いものであることが語られているため、それぞれの属性を持っているからといってその属性に因んだ能力に偏っているということでは全くない。

星辰

旧支配者は星辰が正しいときには世界から世界へと飛び歩くことが出来ると言われている。
しかし星辰が正しくないときは「生きていることができない」。この状態は完全に死んでいることを指すのではないようだ。
旧支配者はいろいろな世界に棲んでいて、一つの世界が一つの旧支配者に支配されているというのは普通のことのようである。
最も知られるクトゥルフは旧支配者達を祭る司祭の役割を、あまり重要でないものは「悪魔(デーモン)」の役割を果たしているという。
とはいえ、現在の旧支配者の人間界への干渉はそれぞれ独立したことである。彼らにとって人間はとるに足らないものであって、人間のことはほとんど考えたこともないものがほとんどであるのだという。

主な旧支配者

括弧内は主な日本語表記 *アルファベット順
Aphoom-zhah(アフーム=ザー
Atlach-Nacha(アトラク=ナクア/アトラック=ナチャ)
Chaugnar Faugn(チャウグナル・ファウグン
Cthugha(クトゥグア
Cthulhu(クトゥルフ/クトゥルー/クルウルウ/ク・リトル・リトル)
Cyaegha(シアエガ
Dagon(ダゴン/デイゴン)
Eihort(アイホート
Ghatanothoa(ガタノソア/ガタノトーア)
Hastur(ハスター/ハストゥール)
Iod(イオド
Ithaqua(イタカ/イタクァ/イトハカ)
Lloigor(ロイガー
Narrathoth(ナラトゥース
Othuum(オトゥーム
Quachil Uttaus(クァチル・ウタウス
Rhan-Tegoth(ラーン=テゴス
Rlim Shaikorth(ルリム・シャイコース
Tsathoggua(ツァトゥグァ/ツァソググア/ゾタクァ)
Umr at-Tawil(ウムル・アト=タウィル
Ut'ulls-Hr'ehr(ウトゥルス=フルエフル
Vulthoom(ヴルトゥーム
Y'golonac(イゴーロナク
Yeb(イェブ)
Yhoundeh(イホウンデー
Yig(イグ

“旧支配者”の意味

クトゥルフ神話の創始者ラヴクラフトの著作には度々“旧支配者(Old Ones)”という言葉が登場するが、作品によって意味が大きく異なっている。

  • クトゥルフの呼び声→クトゥルフによって庇護される存在。クトゥルフの落とし子を指す。
  • ダニッチの怪→かつて地球を支配していた存在で、人類は旧支配者達を臭いでしか感知できない。またクトゥルフは旧支配者の縁者でしかなく、その存在を朧に窺うことしかできない。
  • 狂気の山脈にて→南極のウミユリ状生物(古のもの)のこと。ただしラヴクラフトは“Elder thing”という用語でも表現していた。
  • インスマスを覆う影→クトゥルフや深きものどもと対立し、古代の魔術で彼らの活動を阻止している存在。

以上のようにカテゴリ分けのしようがない謎めいた存在として描かれている。

関連タグ

クトゥルフ神話
クトゥルフ
邪神
グレート・オールド・ワン

pixivに投稿された作品 pixivで「旧支配者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 536079

コメント