ピクシブ百科事典

概要

主にヘンリイ・カットナーの作品群に登場する神性で、旧支配者
別名「輝ける追跡者」「魂を狩り立てるもの」

惑星ベル=ヤルナクにて全ての源として崇拝されており、地球では地球の神としてムー大陸アトランティス大陸クトゥルフヴォルヴァドスらと共に崇められており「光輝く狩人」と呼ばれていた。

その姿は巨大な複眼とロープ状の触手を持ち、肉体は鱗に覆われ脈動する強い光を発している。また肉体からは粘液を滴らせているという。
その姿を見たとある者は、「目が眩むような脈打つ光に包まれた鉱物結晶の鱗に覆われた半透明の肉体を持ち、粘着性の液体のようなものに覆われた、浮かぶことができるもの」であったという(このような異形からか、『半動物・半植物・半鉱物』と表現する資料も存在する)。

古代ギリシア人からはトルフォニス、エトルリア人からヴェディオヴィスと呼ばれており、普段は異次元に潜み人間の魂を狩ることを楽しむが、手段次第では安全に召喚可能とも言う。
狩られた者は肉体の生命力を奪われるものの脳だけは死なずに生かされ続け、自分の死体に意識だけを封じ込めれた状態になる。

関連項目

旧支配者
ガタノソア 被害者の末路が似ている。

関連記事

親記事

旧支配者 きゅうしはいしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イオド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント