ピクシブ百科事典

ムーンフェイズ

むーんふぇいず

ライトノベル『ソードアート・オンライン』アリシゼーション編に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「アレは、悪魔か?」
(アニメ版の台詞)
CV:ソンド

概要

本名は趙月生(チョ・ウォルセン)。韓国在住のVRMMOプレイヤーで、リアルでは兵役を控えた大学生。日本のアスカ・エンパイアに相当するシルラ・エンパイアをホームとしている。

アミュスフィアでログインした際に日本人のハッカーにアメリカ、中国、韓国の民間有志が開発したゲームのテストサーバーが攻撃されているという情報を目撃した。状況の一部の動画が公開され、仲間から促されてアンダーワールドにログインするが、日本語を分からないながらも日本人側の必死さと余りにも出来すぎた話から半信半疑で、居合わせたシウネーの話に耳を傾けたが、運営を騙るPoHの扇動の前には押し切られて彼女の説得は封じられてしまう。

しかし、運営を名乗るにしてはサーバーの電源を切らない、日本人への敵意を煽る言動等数々の不自然さからPoHを疑い始める。

原作の動向

シウネーの説得に耳を傾けた際にPoHに斬られ、ペインアブソーバーがない激痛に疑念を抱いた。戦いが止められた後もPoHが右腕がない上に車椅子に座ったキリトをいたぶり、更に彼を守ろうとしたクラインが串刺しにされた。加えて、それらを楽しむ異常さからクラインにとどめを刺そうとする他のプレイヤーを止め、同様の疑念を抱き始めていた中韓プレイヤーも彼に同調した。その混乱の中でアスナに攻撃されたPoHが扇動した結果、分裂した中韓プレイヤーの同士討ちにまで発展してしまった。

その後、復活したキリトの手によって凍らされた後、緩やかな形でログアウトしていった。

アニメ版の動向

上海に住むゲーム仲間の女性、莓莓香(メイメイシャン)と共に当初から状況に疑念を抱き、積極的に戦列には参加せずに戦いが沈静化した後もしばらくは事の成り行きを見守っていた。また、韓国で出版されたSAO事件の記録も読んでいたためにSAOのギルドやそのマークなどを知っている。

そんな中でユナの登場を目撃し、彼女と共に現れたエイジの敗北後、PoHの手袋から見えたラフィン・コフィンのマークに気付いた。同じくSAO事件の記録を読んでいた莓莓香がラフィン・コフィンの名前を口にしたことで、ユナの登場から自分達のいるVRワールドが日本サーバーであると気付いたプレイヤー達はPoHを疑い始めた矢先にPoHの心意で彼ら以外の全員が洗脳され、遂には同士討ちを始めてしまう。

その後、彼は莓莓香や仲間と共にキリトの武装完全支配術の対象から外され、彼ら以外の全員のログアウトとPoHが敗れた後、成り行きではあるが日本プレイヤーに合流した。最終的には彼も莓莓香と共にキリトに自らの祈りを届けた。

余談

原作では領土問題などから韓国人としての視点では閉鎖的な日本の国家態勢等には良い印象を抱いていないが、日本のネットゲーマーと遊んだ経験等から国家としての日本の姿勢が全ての日本人に結びつかないと考えている。UWにダイブしたプレイヤーの中では冷静さを保ち、むしろ対立を煽って殺し合いに発展させ、その状況を楽しむPoHの方が恐ろしく見え、『悪魔』と称した。

アニメ版ではPoHの扇動の心意で多くのプレイヤーが洗脳される中、彼と莓莓香と二人の仲間は呑み込まれることなく正気を保つ強い精神力を持っている。

アニメにおいて判明した容姿はリアルではレコンのアバターがそのまま成長したようなインドア系の容姿だが、UWにダイブした際にはリアルの面影を残した二枚目風のアバターになっている。

関連タグ

ソードアート・オンライン 韓国

関連記事

親記事

ソードアート・オンラインの登場人物一覧 そーどあーとおんらいんのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムーンフェイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 218

コメント