ピクシブ百科事典

PoH

ぷー

「PoH」とは、『ソードアート・オンライン』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「イッツ・ショーウ・タァーイム」

概要

CV:小山剛志 藤原啓治(ゲーム版)

殺人ギルド「ラフィン・コフィン」のリーダー。
ポンチョとフードを目深に被った、冷酷で狂気的な思考を持った殺人鬼。

その美貌と強烈なカリスマ性でオレンジプレイヤーを扇動し、狂的なPKに走らせていた。殺戮の前に告げる「イッツ・ショウ・タイム」の言葉は彼とラフコフの代名詞でもある。
直接のPK以外にもシステムの穴を突いた数々のマナー違反(と言ってもSAOでは命の危険に繋がる悪辣な)行為を考案・実行し、ゲーム内の風紀を乱していった。タチの悪いことに純粋なプレイヤーとしての実力も高く、魔剣クラスのモンスタードロップ・《友切包丁(メイト・チョッパー)》を手に入れて以降は更にその脅威を増していった最悪の存在である。

劇中の活躍

実は存在感に反してまともな出番は圏内事件での顔みせのみと、素性には謎が多い。ラフィン・コフィン討伐戦の直前に行方を晦まし、SAOクリア後も他の元ラフコフメンバーが何らかの事件を起こす中、14巻を過ぎても作中に一切姿を見せていない。設定上では討伐戦以降は《犯罪者》から復帰、圏内に潜伏して次の謀略を練っていた。

1巻以前の時間軸を描いたプログレッシブでは、1層の時点で既に彼らしき人物の暗躍が描かれている。

ゲーム版(PoHのホロウ・データ)

ホロウ・フラグメントに満を持して登場。原作に先駆けキリトとの決着を…と思わせてその正体は《ホロウ・エリア》に存在する人格模倣AI、《ホロウ》の一人。
《ホロウ》の不完全な模倣により、表面上の言動は似ているその思考は全くの別人(詳細はネタバレ参照)。
例えるならシャアに対するフロンタルのような存在で、いわば原作17巻以降を読んでいない者や作中の人物のPoHに対するイメージを切り貼りした「理想のPoH」。上澄みだけ掬っているので、多少知識がある程度なら想像通りかそれ以上の存在に見えるが、詳しく知る者から見れば確実に偽者で本人以下と断言できる、そんな存在。

システムエラーの影響で自我に目覚め、黙々と《ホロウ》をPK=人殺しを続けるAIから、天啓を受けたと称して己の意志で殺人を楽しむようになった。後に己の正体を知り、SAOのクリア時で己が消去されることを阻止すべく《ホロウ・データ》で《アインクラッド》をアップデート、曰く人殺しを続けられる永遠の楽園の創造を企む。
成功していた場合、《ホロウ》とプレイヤーが入れ替わりゲームクリアが不可能となる上、プレイヤーには現実の肉体への悪影響やエラーとして削除される可能性がある。いわば全てのプレイヤーへのPKであり、これはオリジナルのPoHすらも例外ではない

しかし目標に妄信的な《ホロウ》の習性故か本物の快楽殺人者に変質しており、最後は策を破られて自らキリトに手を下そうとして返り討ちにされた。最期の言葉は「まぁいいか」であり、自身の正体についても誰かを殺せればどうでもいいと全く意に介していなかった。
ちなみにオリジナルが直接対決に望む場合は必ず先に自身に有利な状況を作ってから行動を起こしており(圏内事件ではキリトのハッタリとは言え、数的優位を覆されると撤退している)、ここからも変質が見て取れる。

原作で明らかになったPoHの本性を把握していれば、オリジナルが聞いたら爆笑モノの行動であると理解できるだろう。唆したフィリアに「途中で投げ出して関係ないフリをするのは良くない」と罵ったことと言い、《ホロウ》のPoHが上辺だけの別人というのがよく分かるシーンである。

なお酷薄さだけは本物に忠実で、その本物について「なんでアインクラッドの俺を生かしてこの俺が消えなきゃいけねぇんだよ」と吐き捨てている。キリトも上記の台詞に「アインクラッドのお前も同じことを言うんだろうな」と返している。

関連イラスト

猟犬の棺桶



関連タグ

ソードアート・オンライン ラフィン・コフィン 笑う棺桶 ラフコフ PK 

<
舞台設定SAO ALO GGO オーディナル・スケール アンダーワールド ナーヴギア アミュスフィア オーグマー ザ・シード SA:O
主人公キリト アスナ
ヒロインユイ シリカ リズベット リーファ シノン アリス ユウキ サチ
キリトの仲間たちユージオ クライン エギル
原作主要人物アルゴ キバオウ エイジ ユナ ロニエ ティーゼ 菊岡誠二郎
敵役PoH 茅場晶彦 須郷伸之 死銃 重村徹大 アドミニストレータ ガブリエル
ゲーム主要人物ストレア フィリア レイン セブン スメラギ プレミア ティア ゼロ アファシス クレハ ツェリスカ ジェネシス ペルソナ・ヴァベル
アプリ主要人物シャム コハル エリス エリシュカ 
その他主要人物ルクス レン ナユタ ミスト
評価タグ(イラスト)SAO100users入りSAO500users入りSAO1000users入りSAO5000users入りSAO10000users入り
評価タグ(小説)SAO小説10users入りSAO小説30users入りSAO小説50users入りSAO小説100users入りSAO小説200users入りSAO小説500users入りSAO小説1000users入り
カップリングソードアート・オンラインのカップリング一覧


正体






















殺人鬼などという大層な生き物ではなくサル同士の殺し合いを見たいだけ、攻略組を人殺しにしたいだけの男。
対立煽りにして攻略組のアンチ荒らしの成れの果て。コイツを殺人鬼と呼ぶのは揃いも揃って外道ながら目的や拘りがあった他のSAOのボスに対して失礼、本物の殺人鬼に対してはもはや侮辱と言ってもいいだろう。

その悪行の最たるものがラフィン・コフィン討伐戦における自作自演であり、討伐部隊襲撃の情報を漏らしたのも、アジトの場所を《攻略組》に密告したのも、どちらも他ならぬ首領のPoH本人である。
そして情報もわざわざ「逃走は不能だが迎撃可能」というタイミングを見計らって漏らしており、凄惨な殺し合いになるよう仕向けている。そもそもPoHはラフコフなど最初から仲間と見ておらず、討伐戦では隠れてサル同士殺し合いを腹を抱えて見物し自らラフコフを使い捨てた本物の屑。
その後はそれでも懲りずに(というよりも全て計画どおりのため初めから懲りる理由などない)上記の通り次の謀略として討伐戦の一件をダシにキリトとアスナを責め立てる計画であったが、その前に75層でゲームはクリアされ(またしてもキリトによって)計画はお釈迦になってしまった。
アリシゼーション編でも自身は手を下さず、安全な所から他者を扇動する相変わらずのゲスっぷりを見せる。

ゲーム続行となったホロウ・フラグメントでも姿を現していないが、ゲームの時間軸では一度76層以降に登ると75層以下には降りられない状態のため、この男が逃げ場のない最前線に現れるわけがないのは当然…と思われる

更なるネタバレ

と、行動そのものは小者丸出しであるが、その動機はその生い立ちで募らせた東アジア人全てへの憎悪という復讐心である。それまで気づいてもいなかった感情をSAOという環境解放してしまった彼は、本来の目的そっちのけで無差別PKに没頭していった。
デスゲームに取り込まれて狂うという、手駒として蔑み使い捨てたラフコフの部下と同じ末路を辿っていることを自覚していたのかは不明である。

一方キリトとアスナだけは例外で、特にキリトに対しては憎悪どころか初めて彼を襲撃したその日から強く惹かれて続けており、SAOが途中でクリアされてしまった時には深い失望と虚脱を覚えてしまったほどである。
そしてアリシゼーション編にて「俺に希望と喜びを与えてくれた」「唯一、無条件に信じられる男」と「この男を自分の手で殺せれば、直後に自分を殺してもいい」「俺がどれほどあいつを愛しているか、あんた(※アスナ)なら解ってくれると思ってたけどな」とクレイジーでサイコなカミングアウトを連発した。

最期…?

が、そんな彼の歪んだ愛情は(当たり前だが)届くことなく、アンダーワールドでの決戦の末にキリトはPoHの再ログインを防ぐべくアバターを一本の杉の木に変えてしまう。だが運の悪いことに、同僚がFLAの制御装置を損傷させたことでアンダーワールドの時間は5000000倍まで加速。
現実世界の1分が10年という極限環境で皮膚以外の五感を絶たれるという状況で50年以上を過ごすことになったPoHは、30年ほど経ったあたりで死にたくても死ねないという因果応報の最期を迎えた。

流石に堪えたのかリアルでも髪の毛が白髪となり、肉体が衰えたような廃人同然の姿に成り果てている。一緒にダイブしていたガブリエルも壮絶な表情で息絶えており、姿を確認した仲間は恐怖を感じ得ずにその場から逃げ出している。

その後、襲撃部隊の回収した遺体の中にPoHの姿はなかった―――。

棺桶END【腐】

俺は何度だってオマエの前に現れる。               オマエと《閃光》の喉を掻き切り、心臓を抉り出すまで、                   何度でもな……

リアル

本名はヴァサゴ・カザルス。サンフランシスコのスラム街・テンダーロイン地区出身。
地の文で「野性味溢れるハンサム」「努力次第ではモデルにもなれたのではないか」と称されるイケメン。
日系とヒスパニックのハーフ。日系人の父親は腎不全の息子のためのドナー、要は彼の本当の息子を救う道具としてヒスパニック系の女性を買い、一人の子供を産ませた。その子が彼である。

15歳になったPoHは腎移植が済む=用済みとなることで養育費の支給を打ち切られることを危惧し、国を出て人生をやり直すべく腎臓移植の条件として父親に日本へのパスポートと旅券を要求。母親とも縁を切って日本へと渡った。
しかし法律上の問題で在留資格を得ることは出来なかった彼は結局裏社会に身を投じざるを得ず、韓国系犯罪組織に拾われて20歳までに9件の《仕事》を成功させることになる。

そう、彼はネットゲーマーなどではなく現実世界のプロの暗殺者だったのである。

だが、ヴァサゴの記念すべき10件目の任務は「SAO事件に巻き込まれたターゲットをゲームの中から殺せ(意訳)」という滅茶苦茶なものだった(現実側の警備が強化されてマトモな暗殺は不可能になったという理由はある)。難易度相応の「とんでもない金額」の報酬こそ提示されたものの、どのみちに拒否権はなかった。
こうしてヴァサゴはSAO事件の被害者ではなく途中参加者として自らログインすることとなった。

紆余曲折の末SAOから生還し法的にも無罪放免のヴァサゴであったが、SAOでの夢のような体験を忘れれられず、キリトまでも殺し損ねて虚脱と失望にとらわれる。そして彼は同じ体験を今一度求め、報酬を出し渋った組織のボスを殺害して金を奪いアメリカへと逃亡する。

その後は大手ハイテクPMCのサイバー・オペレーション部門にて粗野で陽気な傭兵を装い、米兵相手のVR軍事訓練の教官などで生計を立てていた。汚れ仕事専門の契約社員とは言え、幼少時や暗殺者時代よりも比べ物にならないほど安定した生活を手に入れたヴァサゴ。それでもSAOの世界を経験してしまった彼の心は決して満たされなかった。そんな彼に下された汚れ仕事こそがオーシャン・タートルの襲撃であった…。


ちなみにヴァサゴとはソロモン72柱で地獄の王子=《Prince of Hell》の称号を持つ悪魔である。


真の関連タグ

吐き気を催す邪悪 対立厨 アンチ 小物界の大物 自作自演 それも私だ クレイジーサイコホモ

pixivに投稿された作品 pixivで「PoH」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23048

コメント