ピクシブ百科事典

シャム(SAO)

しゃむ

バンダイナムコゲームスのソーシャルゲーム、ソードアート・オンラインコード・レジスタのメインヒロイン。
目次[非表示]

概要

シャム(Xam)
(CV:南條愛乃
SAOコード・レジスタのゲームオリジナルキャラクターでメインヒロイン
元デザインはバンダイナムコゲームスによる。

容姿

SGP版SAO

女性プレイヤーでSRゲームズ社提供の試作グローバルアバター姿。
試作グローバルアバターはアインクラッドタイプ、SAO同様リアル世界の姿が元になっており、身長はリズべットと同じぐらいの背丈。
SGP(シーズ・グローバル・プラットホーム)の剣の世界SAO、妖精の世界ALO、銃の世界GGOの3つの世界を自由に出入りすることができる。
紫の瞳にピンクの髪でツインテールにしており、膝ぐらいまである長さ。結っている部分は黒縁に白の円形パーツの髪飾り。
衣装は白に黒のラインが入ったレオタード、スカート部分は4つに分割されており前が白色で黒のラインが入ったもの丈は短い。腰からお尻にかけては紫に白のラインが入ったもので膝まである長さ。
足は黒のニーソ、膝に金属アーマー。靴は黒色のヒールになっている。
武器はビームブレードを使用する。何もない空間から空間を割って取り出す。その為、納める鞘がない。
ビームブレードは実体刃の部分にビームを纏う方式で仮にビームが使用できなくても戦闘は可能。
性格は冷静沈着で感情をあまり表に出さないしゃべり方をする。
・・・と思われていたのだが。
2016年の探偵イベントストーリーで登場した頃から本来の性格が見え始め、ハマっているものに影響されやすく、かなりハイテンションになる事や、思い込んだら全く他人の意見を聞かずに暴走するなど、いままでとはかなりギャップのある性格を披露している。
ユニットとしては★6~★7まで出ており限界突破することで★9まで成長する(デスティニーメイデン)シャム等がある。。

SGP版ALO(初期アバター)

主人公と同じくSRゲームズ社提供の試作グローバルアバター姿。
SAOタイプだがSGP版ALOに移動した際は等身大の姿のままナビゲーションピクシーであるユイ(CR)ピクスと同じデザインの翅で飛行する事が可能。
なのでビームブレードを使っての戦闘も可能となっている。
事件当時、シャムのSGP版ALOの専用アバターは未作成だった。
これはシャムがあくまでも事件解決のために試作グローバルアバターを使用していた為、上記の通りSAOタイプでも自由に飛行が可能だった事から特にALOのアバターを作成する必要がなかったのが理由。
ユニットとしては★6(仙姿玉質)シャムがある。

SGP版ALO(プーカ)

リコレクション・オブ・ヨツンヘイム第5章「鳴動するスリュムヘイム」で初登場する。
SGP不正干渉事件解決後、SGPの世界の調査が一段落した事や、SGP版ALOにヨツンヘイムがアップデートされる事となりそれに合わせてシャムが作成した本来の仕様のSGP版ALOのアバター姿。
妖精アバターとしてプーカ族を選んでいる。
紫の瞳にピンクのツインテール姿は変わっていない。
髪を結っている部分は紫の円形パーツに黒のラインが入ったものに変わっている。
衣装はSGP版SAOと同じく紫、白、黒の生地の衣装。下は白のスカートと白いラインが入った黒色のニーソ。靴は紫のブーツ。
胸部に白のブレストアーマー。ブレストアーマーを取ると胸部から腹部までかなりの露出多めの衣装になる。
武器は刀。柄の部分が黒色になっているがタマの使用する刀、戒刀・流の細身の刀身デザイン。今回は刀を黒い鞘に納める仕様となっている。
ユニットとしては★6(光風晴月)シャムがある。

SGP版GGO

グラネル
詳しくはリンク先の記事を参照。

リアル

武藤沙綾
詳しくはリンク先の記事を参照。

コード・レジスタ

シャムはコード・レジスタの各章すべてに登場しておりそれぞれについて解説する。

SGP不正干渉事件

物語中のファーストシーズンの終盤に初めて登場する。
まただ2章に先駆けて序章となるイベント「アインクラッドの亡霊」が行われ、その時には"SAOの亡霊を統べる王"などと呼ばれていた。
後にこれはまったくの誤解であることが分かる。
SGPの各世界をめぐり自分の兄の暴走を止めるため、SRゲームズ社から提供された試作グローバルアバターを使用しSGPで奔走していた。
主人公と異なりゲームマスター同様の強力な権限を持ち、未実装の武器なども所持する。
グラネルのアバターを使用してスウェイドに未実装の浮遊砲台を渡したのもシャムだった。
主人公とともに黒鉄宮ダンジョンへメインコンソールを探しに行った際にオズへダミーのピクスの結晶を忍ばせることに成功し、無限転移を阻止するきっかけを作ることに成功する。
SGP版GGOの上空に作られた特殊フィールドで主人公やキリトたちと共にオズと最後の戦いに勝利し、SGPにおけるオズの事件を終わらせた。
オズとの戦いの後、SRゲーズ社によってデータを復旧されたピクスと再会し、シャムのアカウント凍結を踏みとどまっている。

イベントストーリー

2016年のハロウィンイベント「Ghost Labyrinth」ではSRゲームズ社の開発チームからの誘いでイベントステージ作製を担当している。
主人公やキリトたち以外に友人と呼べる存在が居なかったが今回アネットが新しく友人となった。
2016年のクリスマスイベント「ツインテール探偵と漆黒助手の調査録・レジスタ温泉失踪事件~データの吹雪に消えるサムライの涙~」にてオズの事件後はかつてのように主人公と2人で仲良くゲームをする仲になっているらしく推理物のレトロゲームを仲良く遊んでいるらしい。
またシャムの本来の一面が見えてきており、その時のハマってるものに影響されやすい、思い込んだら突っ走るなど素の性格が露見し知り合いのプレイヤー達はギャップに困惑している様子。
2017年のバレンタインイベント「君にも降る恋の色」では主人公の事が好きだという恋心に気づいていく。
最後はアスナやリーファ達の後押しも加わって主人公に告白してイベントで作った特性チョコレート、ファンタズム・ショコラを渡し主人公はそれを受け取り恋人として結ばれたようである。
本人がいうには幼馴染のころから好きだったとの事だが、SGP不正干渉事件の中で主人公に助けられ救われた事で気持ちを再確認したようだ。
このバレンタインイベントで登場したシャムのユニットは、主人公と一緒にパーティー編成した時に主人公に対してのみ効力を発揮するものになっている。
2017年の水着イベント「南国ビーチでアプローチ」では海に泳ぎに行った際にシャムと主人公を更にラブラブにするための作戦が決行された。シャムの水着は紫と白のストライプのビキニ。
2017年のアインドル衣装イベント「目指せトップアイドル!!アイドルロード★2017」ではシャムがアイドルの成長を疑似体験できるライブバトル方式の試作ゲームを制作、SGPでキリトやアスナ達に提供した。
2017年の2回目となる探偵イベント「ツインテール探偵と漆黒助手の調査録2」では主人公とキリトを助手に加え、洋館で殺人事件の謎解きをすることに。

リコレクション・オブ・ヨツンヘイム

SGP版ALOにもヨツンヘイムがアップデートされ、キリト、アスナ、シリカ、リズベット、シノン、主人公、シャムの7人のメンバーでクエストに挑むことに。
しかし、エクスキャリバーのクエストを進行していく中で全く違う展開になっている事に気付くメンバーたち。
さらに違う展開となり最後の大広間で待ち受けていたのはスリュムとヴァフスだった。
結局、ヴァフスがスリュムを煽った事で戦闘は避けられず激戦の末スリュムを討ちクエストクリア、レジェンダリーウェポンのエクスキャリバーを手に入れることに成功した。

その後は「霜の巨人クエスト」に同行せず、裏方としてデータを調査、主人公達を支援した。
最終的にアスナが居たことでイベントに異変が起こっている事に突き止めた。
この異変はキリト、主人公のパーティのみに起きており、かつてアスナが受けた霜の巨人クエストのフラグが未だに残っていたことでSGP版ALOでもクエストが改変されたと判明する。

LRO(新設定版)

LabyrinthOnline、頭文字をとって通称、LROと呼ばれるSGP第4の世界の攻略を目指す主人公を支援する為、主に裏方として活躍した。
最終的にLROとメイズの真実を突き止め、暴走を始めたメイズを止めるために戦闘にも加わった。

エピローグ

SGPの正式サービス開始のめどが立ち、SGP(β版)を一旦閉じることにしたというA-1の説明を聞き、NPC達がデリートされたりすることはないかと問いしたのだが案の定、問題が発生している事が判明する。
SGPの基幹システム・デメテルでは学習AI搭載型のNPCの学習データを保存する容量がないというのだ。
その為の記憶保管という目的でクロージング・クエストをこなすことになったシャムたち。
やがて進めていく中でクロージング・クエストの真実が判明する。

実は学習AI搭載型のNPCは学習データはおろか、アバターを含むメインデータそのものが技術的にバックアップすらできないと判明する。
ユイ(CR)ピクスヴァフスオーディンメイズといった主要メンバーたちも例外ではなくバックアップ不能であり、β版と共に削除される予定だったのだ。
デメテルは廉価版であり、カーディナルほどの能力がなかった事を改めて知るシャムたち。
クロージング・クエスト型ただの思い出作りの行為でしかないことを知り、ピクスに問いただすシャムだったがピクスが開発側であるSRゲームズ社が解決不可能という事でさじを投げてしまい、削除に踏み切るという。
そこで主人公が一つの案を思いつく。プレイヤーたちのデバイス、アミュスフィア等に分割して保存するという方法である。
こうしてシャムたちによって作戦名:「コード・レジスタ」が開始された。
しかし、作戦は難航し許可をもらえたのがタマ、アマネ、クロエアネットとメインストーリー、イベントストーリーで主人公やシャムとフレンドになったゲームオリジナルキャラクターたちばかり。
キリト達はもっと人数を確保する為、プレイヤーたちに訴えていこうと提案するが、シャムはそれを反対する。
SAOサバイバーたちが声を上げて矢面に立てば反対的な意見しか出てこないだろうと予想したのだ。
いい案が浮かばない中、再び主人公がシャムにユイ(CR)ピクスたちに直接訴えかけてもらおうと提案する。
これが功を奏し、デバイス内の容量使用の許諾者が一気に増えることになった。

直後に全学習AI搭載型NPCのスリープモードが決行される事になった。
シャムはユイ(CR)とピクスによく頑張ったことを誉め、人間らしくなったと伝えた。最後はSGPでの再会を約束した。
こうしてスリープモードに入りユイ(CR)やピクス達とは一時的な別れとなったのである。

プログレス・リンク

「プログレス・リンク∞×コード・レジスタ」という連動コラボイベント企画で登場した。

SGP不正干渉事件(本家ALO)

プログレス・リンク∞ではSGP側から本家ALOに特殊な方法でログインしてきた。
このログイン方法は正式な手順を踏んでおらずかなり強引なもの。その為本家ALOにログインできる時間は数分程度に限られていた。
本作の主人公であるハルカに発生したゴーストアバター、ヒースクリフ死銃の対処を依頼している。
討伐後、ハルカと再会し、いつかSGPで一緒に遊べる日を楽しみにしていると伝えログアウトしている。

★4SSRのカードユニットが報酬としてプレイヤーに配布された。
SGP版SAOのアバター姿。その為耳がとがっていない。武器はビームブレード。
限界突破することでカードの絵柄が変わる。

関連タグ

ソーシャルゲーム ガラゲー CodeResister SAOCR SwordArtOnlineCodeResister 

舞台設定SAO ALO GGO オーディナル・スケール アンダーワールド アスカ・エンパイア シルラ・エンパイア SA:O SGP ラビリンス・オンライン SAOEW ナーヴギア アミュスフィア オーグマー ザ・シード
主人公キリト アスナ
ヒロインユイ シリカ リズベット リーファ シノン アリス ユウキ サチ
キリトの仲間たちユージオ クライン エギル
原作主要人物アルゴ キバオウ エイジ ユナ ロニエ ティーゼ 菊岡誠二郎
敵役PoH 茅場晶彦 須郷伸之 死銃 重村徹大 アドミニストレータ ガブリエル
ゲーム主要人物ストレア フィリア アルベリヒ レイン セブン スメラギ プレミア ティア ゼロ ジェネシス レイ クレハ ツェリスカ デイジー イツキ リエーブル ペルソナ・ヴァベル
アプリ主要人物主人公 シャム グラネル ユイ(CR) ピクス ヴァフス オーディン メイズ コハル アリアンロッド マコト セック エリス ノエル アネット リリエラ パンドラ ハルカ エリシュカ
その他主要人物ルクス レン ナユタ ミスト
イラスト関連abec 猫猫猫 黒星紅白 ぎん太
評価タグ(イラスト)SAO100users入りSAO500users入りSAO1000users入りSAO5000users入りSAO10000users入り
評価タグ(小説)SAO小説10users入りSAO小説30users入りSAO小説50users入りSAO小説100users入りSAO小説200users入りSAO小説500users入りSAO小説1000users入り
タグ一覧ソードアート・オンラインの登場人物一覧 ソードアート・オンラインのカップリング一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「シャム(SAO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント