ピクシブ百科事典

エクスキャリバー

えくすきゃりばー

「エクスカリバー」の異称の一つ。
目次[非表示]

エクスキャリバーとは

聖剣「エクスカリバー」の異称の一つ。 Pixiv内では主に

  1. エースコンバットZERO』に登場する超高層レーザー兵器
  2. ソードアート・オンライン』内の架空のゲーム『ALO』に登場するレジェンダリーウェポンのひとつ
の二つの意味がある。

1.のエクスキャリバー

巨神の刃


エースコンバットZERO ザ・ベルカン・ウォー

ベルカ公国領南ベルカのタウブルグ丘陵に建設された、ベルカの技術力を象徴する超高層レーザー兵器。
中央には、最上部に光学式照準ターレットを備えた、剣を思わせる形状の高さ1kmの主砲があり、その周囲に高さ500m前後と推定される6基の目標照準追尾装置(レーダー塔)、その外側の東西南北に4基の発電施設、さらにやや離れた南方には4つのジャミング施設がある。
発電施設より発振されたエネルギーが増幅器基部の制御装置に集束された後、超高層増幅器を経由しそこから生じる出力1.21ギガワットもの強力なレーザーとなって、6基の目標照準追尾装置と水平360度・垂直180度程度の可動範囲を持つ光学式照準ターレットによって正確に目標に照準・照射される。
さらに、反射鏡を備えた人工衛星や航空機を併用することで、その射程は約1,200kmに及ぶ。
万が一敵兵器の接近を許した場合、超大型兵器ゆえの小回りの効かなさが弱点となるが、その場合でもジャミング施設とレーザー列車砲による強固な防衛網で対処する。
1981年に発案されたベルカ公国のBMD(Ballistic Missile Defense/弾道ミサイル防衛)構想の下、本土防衛用化学レーザー兵器として建設され、1995年5月19日にベルカの第二次防衛ライン突破の「ダイヤモンド作戦」中の連合軍に対して猛威を振るった。
その後、ウスティオ第6航空師団を中心とした連合軍の攻略作戦「ジャッジメント作戦」により1995年5月23日に破壊された。

エースコンバットインフィニティ

非常招集ミッションの一つ、『Excalibur Onslaught』で登場。 他の非常招集ミッションと同じく無印、赤、金、黒の四種類がある。
ZEROの時と同じく、まずは周囲のジャミング施設を破壊していく、というところまではプレイヤーたちの事前の予想通りだったが、そこはリメイク版、接近すると周囲の飛行船群が一斉に反射鏡を展開、さながら弾幕ゲーのごときレーザー網を展開する。誰がここまでやれと言った

2.のエクスキャリバー

スプリガン Kirito 白


ALOに存在するレジェンダリーウェポンのひとつ。後に、カーディナルシステムが自動生成したクエスト《氷宮の聖剣》によりキリトが獲得する。
キリトが一度捨てる。(直後にシノンが回収するが)

関連タグ

エクスカリバー
エースコンバット ソードアート・オンライン
反射衛星砲

pixivに投稿された作品 pixivで「エクスキャリバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8727

コメント