ピクシブ百科事典

ガブリエル・ミラー

がぶりえるみらー

ガブリエル・ミラーとは、「ソードアート・オンライン」(電撃文庫)の登場人物。
目次[非表示]

本記事そのものがアリシゼーション編に関するネタバレとなります!

概要

サトライザーのリアル。
サンディエゴに本社を構えるPMC「グロージェン・ディフェンス・システムズ」の幹部で最高作戦責任者(CTО)を務める。つまりプロの傭兵であり、GGOでの圧倒的な実力も彼が現実で本物の人間相手に本当の命のやり取りをしてきた経験に裏打ちされたものである。日本のゲーマー≒一般市民、それも米国とは違い実銃に触ったことすらないド素人如き、蹂躙できて当然の人物である。

人となりは優秀な兵士で、冷静沈着で感情の起伏に乏しい。
後述の作戦のために短期間で日本語を独自に学習している(会話習得を優先したため書くことはできない)。

しかし、その本性は一言で言えばサイコパスシリアルキラー
唯一快楽を感じるのが「人の『魂』に触れること」であり、そのためだけに少年時代、当時ガールフレンドだったアリシア・クリンガーマンという少女を密かに殺害、遺棄している。
傭兵になったのもアリシアを殺害した際の「『魂』との接触」を再び体験するためであり、戦闘で合法的に人を殺すためである。

作中の動向

NSAの秘密裏の依頼で、陸自が創りだした真性人工知能《A.L.I.C.E(アリス)》の奪取作戦を任される。
腹の中では作戦成功の暁にはグロージェンとNSAを裏切り、雲隠れしてアリスを囲い自身の積年の狂気を満たすことを画策しつつ、脛に傷持つならず者どもで構成された汚れ仕事専門の部隊を率いて敢えて自ら《オーシャン・タートル》を襲撃する。

第一目標であるメインコントロールルームを占拠しその主要機能を制圧する。が、開発者サイドが避難前に《アリス》が存在する仮想世界《アンダーワールド》(UW)への外部コマンドをロックしていったために、UW内部からの操作によるアリス奪取作戦に切り替え、開発者がロックし忘れていたスーパーアカウント・闇神ベクタとして《アンダーワールド》にログイン、アリスのいる人界の敵たる《ダークテリトリー》側の人工フラクトライトたちを統率し、人界へと進軍する。

しかし、アリスの存在を確認すると暗黒軍の指揮を放棄して彼女を拉致。追跡してきたベルクーリと相討ちになるも、サトライザーのアカウントをコンバートして再ログイン。その圧倒的な負の心意でソルス・シノンすらも退ける。
キリトとの決戦の中、増大し続ける負の心意で遂には人の形すら失い虚無を体現したような漆黒の天使へと変貌。人々の祈りを集めた心意版スターバースト・ストリーム17連撃により天命を全損するも、それすらも喰らうことができると信じ、ログアウトの瞬間まで愉悦に酔い続けていた。

関連タグ

悪役 アンチスパイラル:そっくりさん

サブキャラクターは作中設定の各記事、及び各作品の個別記事を参照。
ネタタグやカップリングはキャラクターの個別記事及び下記のカップリング一覧を参照。

<
作中設定各VRマシン SAO ALO GGO オーディナル・スケール アンダーワールド ユナイタル・リング SA:O
主人公キリト アスナ
ヒロインユイ シリカ リズベット リーファ シノン アリス ユウキ サチ
キリトの仲間たちユージオ クライン エギル
原作主要人物アルゴ キバオウ エイジ ユナ ロニエ ティーゼ 菊岡誠二郎
敵役PoH 茅場晶彦 須郷伸之 死銃 重村徹大 アドミニストレータ ガブリエル
スピンオフ主要人物ルクス レン ナユタ
ゲーム主要人物ストレア フィリア レイン セブン プレミア 主人公(SAO) レイ クレハ ツェリスカ イツキ ペルソナ・ヴァベル
その他主要人物主人公(SAO) シャム コハル エリス エリシュカ ミスト
イラスト関連abec 猫猫猫 黒星紅白 ぎん太
一覧ソードアート・オンラインの登場人物一覧 ソードアート・オンラインのカップリング一覧
評価タグ(イラスト)SAO100users入りSAO500users入りSAO1000users入りSAO5000users入りSAO10000users入り
評価タグ(小説)SAO小説10users入りSAO小説30users入りSAO小説50users入りSAO小説100users入りSAO小説200users入りSAO小説500users入りSAO小説1000users入り

以下、更なるネタバレ注意






























様々な人の想いにより復活したキリトと戦い、倒されて自動ログアウトされてしまう。
再び、ログインしようとするが、彼はなにやら「幽体離脱」したかのようなおかしな状態になっていた。
彼の元に現れる、幼い頃に殺害したはずのアリシア。
彼女の手の冷たさに長らく追い求めていた本物の感情―――恐怖を身を以て知ったガブリエルは、これまで己が殺した者達によってどこか深い深い場所へと引きずり込まれていった。未来永劫上げ続けることになる恐怖の叫びと共に…

それは死の間際にガブリエルが見た一瞬の悪夢であったのか、あるいは本当にあった出来事なのか。
真実を知る者は誰もいない。

ゲーム版

フェイタル・バレットではサトライザーの記事の通り、自身の存在を悟られることなくアファシスリエーブルを使ってGGOに大事件を引き起こした。
その目的はGGOの強豪プレイヤー達のデータの収集。既にアリスの存在を知っており、その言動から原作同様自身の真の目的の下準備であった可能性が濃厚である。
アリスがSA:OやGGOへと転移してしまった件に関わっているのかは不明。

などと伏線を撒きまくった姿、まさに石田彰締め模範演技である。

関連記事

親記事

ソードアート・オンラインの登場人物一覧 そーどあーとおんらいんのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガブリエル・ミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4565

コメント