ピクシブ百科事典

比嘉健

ひがたける

比嘉健とは、川原礫のライトノベル『ソードアート・オンライン』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:野島健児

東都工業大学重村研究室出身の天才エンジニアで、茅場晶彦須郷伸之神代凛子の後輩。一人称は僕。

金髪に丸眼鏡にアニメキャラのTシャツという外見に加え、上司である菊岡誠二郎のことを「菊さん」と呼ぶ、「〜ッス」口調で話すなど科学者というよりはチャラいオタクのような人物だが、科学者としての技能は本物でありIQも140という高い数値を記録している。

SAO事件を起こした茅場のことは、その所業はともかく科学者としては尊敬している。その恋人であった神代には淡い恋心を抱いていたが、茅場の存在には勝てず想いを伝えずじまいだった。もっとも、同じく茅場を越えられなかった末に「フェアリィ・ダンス」で事件を起こした須郷のように人格面で大きく歪んではおらず、倫理観はまともである。

経歴

ラースの極秘プロジェクト「プロジェクト・アリシゼーション」に参加し、人工フラクトライトたちが住む仮想世界「アンダーワールド」(UW)のモニタリングを行っている。
特段国防意識が高いわけではないが、「世界から戦争がなくなることはないとしても、せめて人間が死なずに済むようになるんなら」という理由でプロジェクトに参加した。この参加動機には、韓国の友人が兵役中にイラクに派兵され自爆テロで死亡したことも影響している。

ラースでは計画の肝となる「ソウル・トランスレーター」の他、フラクトライトを現実世界で活動させるための身体「エレクトロアクティブ・マッスルド・オペレーティブ・マシーン」(E.M.O.M)を開発している。
1号機は姿勢制御のためのバランサーを積んでいるためややゴツイが、2号機は姿勢制御を搭載予定のフラクトライトに依存するため人型に限りなく近いスマートなフォルムになっている。
ちなみに愛称も彼が命名しているが、製品名をもじって「イチエモン」と「ニエモン」という安直なネーミングで、アスナを呆れさせている。
しかし、シリーズ後半ではこの2機が大きな役割を果たすことになった。
事件後は新造された3号機がアリスに割り当てられているが、家庭用コンセントによる充電はできても飲食はできないため、アリス本人から機能拡張を迫られている(なおアリスからは「ヒガ」と呼び捨てにされている)。

関連タグ

ソードアート・オンライン アリシゼーション

関連記事

親記事

ソードアート・オンラインの登場人物一覧 そーどあーとおんらいんのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「比嘉健」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5950

コメント