ピクシブ百科事典

ユナ(SAO)

ゆな

劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケールの登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:神田沙也加

ソードアート・オンラインの劇場版アニメ『オーディナル・スケール』の登場人物。
ARデバイス「オーグマー」を使用したゲーム「オーディナル・スケール」のイメージキャラクターを務める世界初のARアイドル。
その表情や歌声があまりにも自然すぎる為、AIではなく生身の人間が演じているのではという噂がある。

オーディナル・スケールのバトルでは彼女によるスペシャルステージが行われるものがあり、参加したプレイヤーには支援効果が与えられる。

オフではエイジとやり取りをしているが・・・

AWvsSAO

初回特典DLC適用により登場。
サチと異なり加入イベントが存在し、CVもオリジナルキャストとなっている。

何故かALOの世界で「アインクラッドの歌姫」として有名になっており、SAO内で有名人だったキリトとアスナのことも認知している。
彼女になんとなく既視感を覚えたアスナに勧誘され、より多くのプレイヤーに自身の歌を聞いてもらうべくキリト一向に同行する。こちらの時間軸ではセブンがVRアイドルをやろうと思ったきっかけでもある。
作中で正体は明言されないも、原作における彼女とは若干差異があるようにも見受けられるが…?

ゲーム上の性能は「必殺技の代わりに魔法の使えるデュエルアバター」という極めて特殊な性能になっている(本作のAWキャラクターは瞬間移動ができる代わりに空が飛べず、魔法の代わりに固有必殺技を使用する)。サポートに特化しており、無消費クールタイム制の全体バフ技を複数持つ。通常攻撃は徒手空拳だが、どちらかと言うと踊っている特殊なモーションなので一見の価値あり。


関連イラスト

ユナ
ソードアートオンライン-オーディナルスケール-


あと
ユナ


ユナ



関連タグ

<
舞台設定SAO ALO GGO オーディナル・スケール アンダーワールド ナーヴギア アミュスフィア オーグマー ザ・シード SA:O
主人公キリト アスナ
ヒロインユイ シリカ リズベット リーファ シノン アリス ユウキ サチ
キリトの仲間たちユージオ クライン エギル
原作主要人物アルゴ キバオウ エイジ ユナ ロニエ ティーゼ 菊岡誠二郎
敵役PoH 茅場晶彦 須郷伸之 死銃 重村徹大 アドミニストレータ ガブリエル
ゲーム主要人物ストレア フィリア レイン セブン スメラギ プレミア ティア ゼロ アファシス クレハ ツェリスカ ジェネシス ペルソナ・ヴァベル
アプリ主要人物シャム コハル エリス エリシュカ 
その他主要人物ルクス レン ナユタ ミスト
評価タグ(イラスト)SAO100users入りSAO500users入りSAO1000users入りSAO5000users入りSAO10000users入り
評価タグ(小説)SAO小説10users入りSAO小説30users入りSAO小説50users入りSAO小説100users入りSAO小説200users入りSAO小説500users入りSAO小説1000users入り
カップリングソードアート・オンラインのカップリング一覧









ここから下より重大なネタバレが掲載されています。見るのは自己責任ですが、出来るだけ劇場に足を運んだ人のみ閲覧していただけるようご理解ください。

















正体と悲しい過去(ネタバレ)

東都工業大学電気電子工学科教授・重村徹大は、ARデバイス「オーグマー」SAO事件で失った娘をAIとして蘇らせることを企む。
その方法は、SAO生還者からSAO時代の記憶をスキャンして抽出、その中に含まれるであろう悠那の記憶を結合するというものだった。
その一環として「オーディナル・スケール」にSAOを彷彿とさせるイベントを投入していく。

本作には三人の「ユナ」が登場する。

YUNA

劇場版おめでとー! !


一般に広く知られている「ユナ」であり、その正体はSAO生還者達の記憶収集用AI。
事件解決後も変わらずARアイドルとして活動を続けている。
劇場販売パンフレットでは「黒いユナ」、エイジや重村教授は他のユナとの区別のためアルファベット表記で「YUNA」、または「黒ユナ」と呼称していた。
白ユナより一レベル下の言語化エンジン(イベントNPCケアサポートAIに使用されているもの)を使用されており、《大勢の前で歌いたい》という単純な動機づけしかされていない。そのため、YUNAは自身が何をさせられているのか理解していない。
しかし、無関係な本を読みたがるなど、何度か設定外の挙動をとったことがあり、それが後日談の一件へと繋がることになる。
抱えているキャンディは収集した記憶を重村教授がエイジの希望で可視化したもの。

重村教授からはAIデータクローラーとしか見られておらず、事件後は運営権をオーグマーの製造元である《カムラ》と芸能プロダクション《アリオルーム》に譲渡されてしまう。その結果、自身のコピーを少なくとも5人以上生成されてAIモジュールが崩壊寸前となってしまった(SAO由来のAIは自己唯一性を基盤としており、自身の複製が存在するという認識に耐えられずにエラーの蓄積を起こしてしまう)。

AWvsSAOに登場するユナはYUNAの姿をしているものの自身の正体を理解しているようなフシがあり、オーグマーや重村教授の計画がどうなっているかは不明である。

ユナ

「ありがとう」
sao落書きまとめ1


重村教授が開発している亡き娘を再現したAI。SAOのラストボス(茅場ではなく、デスゲーム前に開発元であるアーガスが用意していたもの)の言語化エンジンを流用して生み出されている。
完成のためにはSAO生還者達が持つ悠那の記憶を必要とするが、記憶収集の最終フェイズが実行された場合、巻き込まれた者たちは最悪の場合は脳を焼かれ死に至る。
SAO事件の再来とも呼べる凶行を白いユナは望んではおらず、自身の完成を防ぐためにキリトに接触を図る。
劇場販売パンフレットでは「白いユナ」と表記されている。

事件終結と共に消滅したかに思えたが、その残滓は崩壊の危機にあった黒ユナを守護し続けていた。

重村悠那(しげむら・ゆうな) / ユナ(Yuna)

💗SAOOS ユナ💗
yuna


重村徹大の実娘。オリジナルの「ユナ」。AIのユナ達の外見は彼女がモデルとなっている。
歌うことが好きで、でっかいところで歌いたいという夢を持っていた。

父がコネで手に入れたソフトでSAOにログインし、デスゲームに巻き込まれる。
SAOでは範囲内全てのプレイヤーにバフを掛ける《吟唱》スキルの保有者で、亡くなった当時は修得者が殆どいないレアスキルであった。毎晩深夜にどこかの街の転移門で密かにその歌声を披露し、彼女を《歌チャン(歌エンチャンター)》と呼ぶファンも生まれていた。

攻略組を目指して自己の強化に励んでいた2023年10月15日(最前線第40層)、とあるパーティがダンジョン内の閉じ込めトラップで全滅しかける事件が発生。
攻略組の最精鋭はフロアボス攻略戦の最中であり、ユナは攻略組二軍(エイジ及び風林火山メンバー2名)、及び攻略組志望の中層プレイヤー上位複数名と共に救出に向かう。
しかし攻略組最精鋭に比べダンジョン攻略の経験が足りなかった救出部隊は、自分たちもモンスターの大群に囲まれミイラ取りがミイラになりかけてしまう。
ユナは《吟唱》スキルでヘイトを集め囮となることで救出を成功させるが、自身は薄暗い牢獄ダンジョンの底で二十体以上の獄吏型モンスターのリンチに遭い凄惨な最期を遂げることになった。

この時、エイジはフルダイブ不適合の発作を起こしてしまい同行していた風林火山メンバーにユナの救出を懇願するも、彼らは全滅を避けるためにユナ救出よりもボスモンスターの討伐を優先。エイジが攻略組への憎悪を募らせていったのはこれが原因だと思われる。

ちなみにこの時の風林火山メンバーの片割れが「ねじり鉢巻の巨漢」であり、劇場版本編で最初に暴行を受けたあの男性と思われる。

ちなみに上記のゲーム時間軸においてセブンがVRアイドル始めたきっかけというのは、どこかのルートから何らかの手段で入手したSAO内の悠那の映像を見たことである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユナ(SAO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346429

コメント