2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

コハル(SAO)

こはる

コハルとはスマートフォン向けゲーム「ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター」のメインヒロインのデフォルトネームである。
目次[非表示]

概要

コハル(Koharu)

誕生日/年齢2008年2月23日生 17歳
身長/体重160cm/ひみつ!
スリーサイズB80/W58/H80
CV小澤亜李

公式サイト

 コハルとは「ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター」に登場するメインヒロインである。
元デザインはバンダイナムコゲームスによる。
コハルの設定コンセプトはSAOにおけるもう一人のアスナ
主人公(SAOIF)がSAOを攻略する際にとっても大切な存在がいないと攻略なんてできないだろうという事で生まれた。
誕生日は2018年12月22日の生放送内で決定した。

容姿

SAOβテスト時(劇中)~初期装備

 黒髪セミロングのストレート、瞳の色はグリーン
ベータテスト時のアバターはリアルの姿を元に作成したVRショッピングアプリのアバターを(よく考えずに)コンバートしたもの。そのためデスゲーム開始に伴い全プレイヤーがリアルの姿に変えられる中でもほとんど変化がなかった。

 身長やスリーサイズはアスナとほぼ同じで、装備の上からでは分かりづらいが、アスナと同様に数字以上にスタイルが良い

 初期装備はグレーのスムースクロス、下はホワイトのスカートと、SAOのアニメの初期装備と同じである。
ゲーム内での初期武器は細剣のスマートレイピア。IFにおける短剣は後から実装されたためで、イラストやプロローグコミックでは一貫して短剣を使用している。

第1層~

センシティブな作品


 茅場のデスゲーム化宣言を聞いた主人公とコハルはその後第1層でアルゴに出会い、基本的なレクチャーを受ける中で武器屋に立ち寄り装備を整える事になった。

 初期装備のカラーリングをブラウンに変更しグリーンのラインと赤のアクセントが入った衣装に変更し、更に胸部に左右非対称のブレストアーマーを着用。左上腕部にも革製の防具を着用するようになった。ベルトとポーチをレッドにし下はブラックのスカート。
ゲーム上は防具及びアバターを外すとこの服装になる。

 パーソナルカラーは赤味がかったブラウン
SAOのゲームオリジナルメインヒロイン恒例の「男女主人公の初期カラー(今回は緑と赤)を混ぜた色」である。

1周年イラスト以降の装備

センシティブな作品


 2018年11月21日に公開されたコハルの装備。1周年新タイトル画面やイベントシナリオなど、2019年2月現在はこの姿が主に登場する(メインシナリオでは第20層以降)。

 首には黒のチョーカー、胸部は金属製のブレストアーマー、下はレザー系のベルトとブラウンのショートパンツ。
コートタイプの衣装はレッドがメインでブラウンのラインとグリーンのアクセントが施されている。コートの裏は逆にグリーン一色というもの。
コートを着ているもののボタンを留めているのはベルトの一点だけなので、登場人物たちの中でも露出度が多い方になっている。
武器は緑色の両刃が十字状に伸びている短剣(名称はアサシンダガー)。

 デザイン公開から4ヶ月を経て、誕生日記念オーダーの目玉としてスキルレコード化された。実は短剣の★4ソードスキルのレコードでの登場はこれが初めて(以前に出ていた2種類はどちらも片手棍)。

第50層以降の装備

コハルさん


 SAOIFの初期タイトル画面やプロローグコミック表紙などに描かれていた装備。
第50層"アルゲート"からはこの装備の立ち絵に変更される。
ダークブラウン系にグリーンのライン、体の中心にはレッドの布地が腹部まで入った左右非対称デザインの衣装。
背中にはグリーンとブラックのマフラー状パーツ。
下はブラックのタイトスカートとブラックのニーソ姿になっている。

 武器は白に薄い緑色の模様が入ったS字の曲刃の短剣。

リアル

本多小春(SAO)


本多小春
 コハルのリアルネーム。
詳しくはリンク先の記事を参照。
なお、グリーンの瞳はリアルでも健在。設定画やスキルレコードではSAO帰還者学校とも直葉や詩乃のものとも異なる制服を着用している(画像は設定画がもとになっている)。
SAO以前の服装なのかは今のところ不明。

人物

 ゲームプレイは幼少期のTVゲームやスマートフォンアプリ等のライトな経験のみで、本格的なVRMMOゲームは「ソードアート・オンライン」のクローズドβテストが初めてとなる。
《SAO》リリース初日、主人公(プレイヤー)との再会を果たし、デスゲーム攻略のため共に歩んでいく。

 明るく素直で礼儀正しい性格。主人公とアスナ以外のほとんどの人物とは相手が年下でも敬語で会話をする(デスゲーム開始時で14歳なのでキリトと同い年だが、2月生まれなのでアスナと同学年→リーファシノンユウキは年下なのだが敬語で会話している)。

 一番の特徴は極度のお人好しだということ。主人公が巻き込まれる問題の半分はコハルのお人好しから始まる。…が基本的に主人公はコハルのお人好しに付き合うことに抵抗は無いため、仲が悪くなることはない。
現実的な性格のアスナからは二人のお人好しぶりを心配されることもある。

 VRゲームの初心者で始めは死の恐怖に怯えていたが、努力だけで第1層から主人公と一緒に最前線でクエスト攻略や、フロアボス戦に参加するなどプレイヤーとしての才能はある。
攻略会議中に険悪な雰囲気になりかけたALSとDKBに対してビビりながらも声を上げるなど、自分の意見はハッキリ言う。
人として当たり前の弱さと、過酷なデスゲームを何としてもクリアするという決意を曲げない芯の強さを持っている。

 主人公との会話の中でリアルについて言及する発言がわりと多い。
幼い頃からピアノ講師の母親からピアノを習っており、自身も音楽が好き。

主人公との関係

 主人公とはβテストの時に第1層の迷宮区で迷子になっているところで出会い、βテストの終了直前に正式サービス初日に再会することを主人公と約束する。

 デスゲーム開始直後は絶望から気力を失ってしまうが、主人公の支えもありすぐに立ち直る。その後も主人公とはお互い支え合いながら何度もピンチを乗り越えている。

 第1層からの友人で同じ攻略組のキリトアスナの仲を微笑ましく見守っているが、コハルと主人公も周りからは同じ目で見られていることを指摘されると顔を赤くして動揺してしまう。というか、おそらく無自覚にプロポーズじみたやり取りをすることが多い

 設定資料集によれば主人公を「安心できる雰囲気」と評しているとのこと。単に主人公についていくのではなく、互いに支えあうパートナーであることを意図してキャラ付けされ、実際に自分は主人公のパートナーであると何度も口にしている(主人公も同様のことを何度も口にしている)。

主コハ …男女、百合どちらも当てはまる。公式からは男女と想定しているとの発言があった。

アーリーデザイン

 ゲーム開発初期、SAOIFがまだ「デスゲームの2周目」という設定のSAOAT(ソードアート・オンライン アリシングテスト)として開発されていた頃からコハル=本多小春として設定が存在していた。

 開発初期の設定ではコハルとマテルはSAO事件時にデスゲーム化した浮遊城アインクラッドで喧嘩をしたことで疎遠になり、コハルは謝ることができないままマテルは死亡。
コハルだけSAOサバイバーとして最終的にリアルに帰還した。
その後、SAO風の世界、オルトフォーヴがある事を知ったコハルはそこでSAO事件時に死んだ人を目撃したという噂を耳にする。
コハルは死んだマテルに会えるかもしれないという期待を抱き、オルトフォーヴへログイン。
そこである事件に巻き込まれ、感情を奪われ、自発的にログアウトできなくなってしまった。

 上記のように現在とは全く違うゲームとして企画されていた。
ソードアート・オンライン5周年記念公式設定資料集に掲載されており現在のコハルの容姿とはかなり違うものだった。

 髪形はショートで右側にアホ毛らしきパーツ。両耳にイヤリングを付けており左目の下には謎の黒いタトゥ、瞳に光は全くなく無表情。
衣装はノースリーブでメインのカラーはブラック、各所にライトグリーンのラインが入っっている。下はブラックのタイトスカート。
ただし武器の曲刃の短剣のデザインはこの時の完成しており、正式版のコハルの装備として引き継がれた。

 感情を奪われた状態というメモ書きがあり、それと対照的に感情が奪われる前の姿として瞳に光がある顔のデザインも書かれていた。
この時、様々な髪型デザインが上がっており6番のデザインが現在の正式版のコハルの髪型になっている。
開発スタッフ内でも6番の髪型が評判が良かったようである。
ちなみにこのアーリータイプのコハルの衣装がやたらサイバーチックなのはプレイする人達にコハルはAIキャラだろう・・・とミスリードさせるためのデザインだったという。

余談

  • ゲームの仕様上コハルのHPが減らない点に着目され、正体は茅場コハルなのではないかというネタが広まった。

※有志の検証によると、初期はHPが減らないはずなのにバグで0になってしまい立ち止まる(倒れるモーションとボイスがない?)という症状が出たため、現在は「キャラステータス上は最大HP値が設定されるが内部的には常に1」として処理されているらしい。このため、「HPがn%以上」のスキルレコードは適用されないが、「HPがn%以下」は常に発動する。

  • 主人公にも言えるが、公式絵で着用している服装は防具を外した時に着ている初期装備しか実装されていない。イラストを見る限りキリトの黒づくめ同様にブラウンで通しているようなのだが・・・
※後にアバター衣装という形で1周年~50層まで着用していた衣装が実装。一方主人公の服は未だないが、男主人公に関しては35層の防具またはアバターが近い色なので一応再現可能。。
  • コハルという名前はデフォルトネームであり、任意で変更可能。そのためボイスでは一切名乗らない。
  • 現実世界ではピアノの講師である母親からピアノを習っており、発表会の時に母親から勇気の出るブローチを貰っていたのだが、それに似た雰囲気のブローチが売られていて喜んでいた。




















※以下、ゲーム後半のストーリー上の重大なネタバレを含む内容があります!! 閲覧は自己責任で!!




















 61層にてクエストの流れでフロアボスの魂の一部を打ち込まれてしまい、ボス撃破のためにはコハルを犠牲にせざるを得なくなりかねない状態になったことをきっかけとして、解除方法を探す中で息抜きとして受注したクエストにて「体験結婚式」を挙げてそのまま借家ながら同棲状態に入る。
そして75層にてアスナの助言を受けて主人公にプロポーズし、ボス戦を前についにシステム的な結婚を果たす。


他作品への出演

メモリー・デフラグ

配布キャラとして1種類のみ登場。武器は原典同様に短剣。
アシストスロットはあるがクロッシング・リンクはなし。
サービス終了後のオフライン版でも引き続き使用できる。
どういうわけか後期衣装なのに背景が第1層ボス部屋というイラスト。

冥き夕闇のスケルツォ

序盤、第4層攻略後のキリアスコンビ+アルゴの打ち上げ会のシーンで隣の席に座っているのが確認できる。
セリフはなく口パク表現ではあるが向かいに座る「緑色の服に茶髪の男性(=公式イラストの主人公)」と会話している。
どうやら正史時間軸でもコンビは健在のようだ(攻略集団に加わっているかは不明)。


関連イラスト

コハル
SAOIF-コハルのチャットスタンプ「写真をとろう」


ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター・コハル
【告知】秋の電撃祭りにてSAOIFのコミック無料配布されます


関連タグ

ソードアート・オンラインインテグラル・ファクター SAOIF 
SAOインテグラル・ファクター
SwordArtOnlineIntegralFactor
ソーシャルゲーム

舞台設定各VRマシン SAO ALO GGO オーディナル・スケール アンダーワールド アスカ・エンパイア シルラ・エンパイア ユナイタル・リング SA:O SGP ラビリンス・オンライン ギンヌンガガプ レジスタ学園 ポップスター・オンライン Unknown SAOEW
主人公キリト 主人公 アスナ コハル
ヒロインユイ シリカ リズベット リーファ シノン アリス ユウキ サチ
キリトの仲間たちユージオ クライン エギル
原作主要人物アルゴ キバオウ エイジ ユナ ロニエ ティーゼ 菊岡誠二郎
敵役PoH 茅場晶彦 須郷伸之 死銃 重村徹大 アドミニストレータ ガブリエル
ゲーム主要人物ストレア フィリア アルベリヒ レイン セブン スメラギ プレミア ティア ゼロ ジェネシス レイ クレハ ツェリスカ デイジー イツキ リエーブル ペルソナ・ヴァベル
アプリ主要人物主人公 シャム グラネル ユイ(CR) ピクス ヴァフス オーディン メイズ コハル アリアンロッド マコト セック エリス ノエル アネット リリエラ パンドラ ハルカ エリシュカ
その他主要人物ルクス レン ナユタ ミスト
イラスト関連abec 猫猫猫 黒星紅白 ぎん太
評価タグ(イラスト)SAO100users入りSAO500users入りSAO1000users入りSAO5000users入りSAO10000users入り
評価タグ(小説)SAO小説10users入りSAO小説30users入りSAO小説50users入りSAO小説100users入りSAO小説200users入りSAO小説500users入りSAO小説1000users入り
タグ一覧ソードアート・オンラインの登場人物一覧 ソードアート・オンラインのカップリング一覧

関連記事

親記事

インテグラル・ファクター いんてぐらるふぁくたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290755

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました