ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

短剣

たんけん

短い刀剣のこと。一般的にはナイフやダガーと呼ばれ、日用品や武器等として古くから用いられてきた。
目次 [非表示]

🗡️概要編集

大きさ編集

日本でいうところの脇差(わきざし)短刀であり、欧州でいうところのナイフ(Knife)ダガー(Dagger)等がこれにあたる。近現代では、武器としてより工具や暗器としての利便性の都合から、刃渡り十数センチから20センチ程度のものが多く、ナイフ・短剣といえばこのサイズのものを想像しがちである。


しかし、中世の短剣類は戦闘・護身用の場合、刃渡りは40センチ前後に及び、現代のナイフ類の基準や短剣のイメージから見ると長大であった。なぜこれほど大型化したのかというと、当時は刀剣はどちらかといえば高価で入手が難しく、また、地域によっては町のなかへの持ち込みが禁止されていた。要は刀剣の代用である。


特性編集

大前提として(一部の完全な戦闘用として製作されたもの以外は)基本的に「武器にもなる便利な道具」であることに留意しなければならない。事実、生活用ツールとしても優れており、牙も爪も力もない人間が自然環境に放り出された際にナイフ1本あるかないかで大きく生存率が変わるという。


携帯性に優れ、かつ至近距離の戦闘においては、素手に比べ圧倒的優位に立てる。それらの事実から、非常に優れたサブウェポンであるともいえる。

また、狭い場所でも扱える点も強みの一つ。長い武器や大きな武器などは、威力の分どうしてもスペースを取らねばならなくなり、狭い場所では振るえなくなる欠点が生じる。が、短剣ならばその限りではない。


武器としての使用方法としては斬撃、刺突、投剣等がある。特に投剣についてはリーチの長い手持ち武器より先制攻撃を行えるという点において圧倒的に有利であるが、外してしまったり致命傷を与えられなかった場合は武器を失う上、相手に武器を奪われる結果ともなりかねない。また重心が投擲向きに調整されたもの(投げナイフや手裏剣等)でなければ投げにくくもあるため、他に本命の武器を持っている場合に有利な状況を作り出すための布石として行われることが多かったようだ。


こと正面からの戦闘において人間が短剣の攻撃1発で致命傷となりうることは少ないが、傷つけられれば身体能力が落ち、下手をすると戦闘能力を喪失してしまうのだ。即効性の回復手段のない現実世界においては驚異の一言に尽きる。


他に、武器や道具として以外にも、『所持する事自体が一人の人間としての証』『宗教的儀礼に用いる道具』という、一種のステータスシンボルとされている場合もある(下記ジャンビーヤを参照)。


種類編集

ダガー編集

赤蜂ダガー

戦闘用で、近現代では両刃であるが、中世では片刃やスパイク型も存在した。


ナイフ編集

米軍特殊部隊ネイビーシールズ用サバイバルナイフ:Seal2000

調理や工作など、多目的に利用される。このため、ダガーと違い片刃となっている。


ククリナイフ編集

ククリナイフ

現在のネパールやインド等で使用されている。大型で、くの字になっているのが特徴。ナイフと同じ生活用途だが、武器としても使われる。


投剣編集

投擲用の短剣のこと。斬撃、刺突用とは投げやすいように重心が違うことが多い。

投げナイフ手裏剣等が該当する。


マンゴーシュ編集

【ピクスミ】マインゴーシュ

鍔や護拳を大型化・形状を工夫したガードを持っていて、相手の剣をそこで受け止めることが出来るようになっている。利き腕の反対側の手に持ち、代わりに使う。ただし、その「剣」を指すのはレイピア等の細剣の類のみである。


ソードブレイカー編集

前述のマンゴーシュ同様、利き手でない方で扱う剣であり、のほかに一部が櫛(くし)状になっており、相手の剣(レイピア等の細剣)をそこに咬ませ、破壊することが出来るようになっている。


スクラマサクス編集

大型の短剣。ほぼ鉈に近く、実際小剣と言えるほどの大きさを持つものもある。作品によっては鉈や剣として扱われる。


ジャンビーヤ編集

アラビアンもどき

アラビアで用いられていた、曲刃で両刃の短剣。護身用の武器や日常の道具として用いる他、宗教的儀式にも用いられていた。成人になると所持が許可される。

これを持つ事は、自由人である事の証である。故に、処罰される時には名誉剥奪の刑罰として、没収される事も。

現在もアラビアの一部地域、特にイエメンでは現役で用いられている。男子は14歳になると、一人の男性としてこのジャンビーヤの所持を許可されている。


ゲーム関連編集

普通の剣より軽くて扱いやすいので、女性にも適した武器として登場する。

いわゆる「攻撃力」は低いものの、手数が多かったり特殊な追加効果を持っている、あるいは使い手が高い運動能力や特殊なスキルを保有していたりとテクニカルな性格付けがされることが多い。

東方怪綺談のステージ5ボスの夢子は数本の短剣を使い魔法でファンネルのような攻撃を行う。


また、ゲームに限らないが、「短剣使い」のキャラクターもまた、特徴的かつ魅力である。

二刀流のように両手に短剣を二本構え、それを素早く振るう事で戦う様は、他にはない魅力がある(「風の谷のナウシカ」のユパなど)。


関連イラスト編集

短剣女子。暗殺者

夢子さんキラめき、再生産


関連タグ編集

ダガー ナイフ ククリナイフ


外部リンク編集

関連記事

親記事

片手剣 かたてけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1886261

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました