ピクシブ百科事典

ジャマダハル

じゃまだはる

片手剣(短剣)に属する刀剣類の一種。 インドで発祥し、刺突するように用いる厚みの剣。 鎧すらも貫通させる威力を持ち、二刀一対で格闘技のように扱う独特の闘法も編み出された。 しばし『カタール』と混同される。

ジャマダハルとは、インド発祥のである。

概要

インドで用いられていた一種の短剣(片手剣)。
握りが刃と垂直についているのが最大の特徴で、握り込んだ際に切っ先が拳の方向を向くようになる。
このため、殴りつけるようにして突き刺す形になる。
ちなみに、厳密に言うと手甲がないのをジャマダハルといい、あるのは『パタ』という別の名前で呼ばれる。

なおしばしばカタール(インドで用いられていた30cm程度の両刃の剣)と混同される。
これは16世紀の歴史書においてジャマダハルとカタールの挿画が取り違えられていたことに由来する。
その影響で一部のRPGなどにおいては、この形状の武器をカタールと表記する作品も存在する。

ちなみに、ジャマダハルとは『鎧通し』、カタールとは『短剣』を意味する。

関連タグ

ナイフ ドラゴンキラー

闘士ダブルゼータ:彼の使うはこの名前で、実際剣としても使える。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャマダハル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92136

コメント