ピクシブ百科事典

メッサー

めっさー

小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に登場する架空の兵器(モビルスーツ)。
目次[非表示]

※『マクロスΔ』の登場人物は→こっち

データ

頭頂高23.0m
本体重量31.0t
全備重量68.8t
ジェネレーター出力3,340kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力80,000kg


概要

反地球連邦政府組織「マフティー・ナビーユ・エリン」の主力量産モビルスーツ。型式番号Me02R。
「メッサー」はドイツ語で「短剣」を意味する。

アナハイム・エレクトロニクスが開発したギラ・ドーガを再設計した重量機。
基本は汎用機だが、マフティーの主戦場が地上であった事もあり、地上で運用されたケースが多い。
同組織のフラッグシップ機であるΞガンダムとは違いミノフスキー・クラフトを装備していない為、地上で飛行するにはサブフライトシステム「ギャルセゾン」との連携が必須となる。

開発に際して、アナハイム社がテロ組織であるマフティーへ機体を供給していることを秘匿する為に外装の大半を変更しているが、モノアイを有する頭部や右肩のスパイク付きシールドを初め、その外見はジオンの系譜を色濃く残す物となっている。
それ以外の基本的な仕様はギラ・ドーガから変更されていないものの、頭部バルカンの増設などが行われており、また胸部にエアインテークがあったりと連邦系MSの構造的特徴も見受けられる。
また武装の各種デバイスにも連邦軍のジェガン(同じくアナハイム社製)などが使用しているものを流用している。

テロ組織であるマフティーでの運用を想定し、格闘戦に重点を置いた設計・調整が成されており、特に右肩のスパイク付きシールドを用いたタックルは、敵モビルスーツを吹き飛ばす程のパワーを誇る。

尚、小説版のメカニックデザインは森木靖泰だが後に『閃光のハサウェイ』が『SDガンダム GGENERATION-F』に登場する際に藤田一己の手によるデザインに変更された。

武装

頭部バルカン砲
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
グレネード・ランチャー

立体物について

当初は、BB戦士「クスィーガンダム」にミニサイズ模型として同梱されていた。

劇場アニメ版に登場するメッサーF01型が、1/144HGUCとして2020年7月より発売。
各所に稼働箇所を設けることでアクションポーズを最大限引き出すことが可能となっているほか、サイドアーマーに脚部の可動範囲を拡大させるためにスライドギミックが内蔵されている。
2月4日にバンダイホビーの公式Twitterで前情報無しで商品情報が公開され、Twitterでは一時期「メッサー」がトレンド入りしていた。
またペーネロペーもだが本商品は0090年代までのMSのHGUCと比べるとサイズは大きい方で、いかにMSが大型化している事がわかるようである。

関連項目

閃光のハサウェイ
ギラ・ドーガ ギラ・ズール
アナハイム・エレクトロニクス

関連記事

親記事

閃光のハサウェイ せんこうのはさうぇい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245998

コメント