ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ペルソナ・ヴァベル(SAO)

ぺるそなゔぁべる

ペルソナ・ヴァベルとはゲーム、 「アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(ミレニアム・トワイライト)」に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

『妾か......ペルソナ......≪黄昏の魔女ペルソナ・ヴァベル≫とでも覚えておけ』

『神の一時の戯れが招いた地獄のような未来を......想像もできぬのか』


概要

CV:伊藤かな恵


2026年のALOに現れた仮面姿のNPC。

別の呼び名として”黄昏の魔女”とも呼ばれている。

髪は黒色で前髪ぱっつんでポニーテール、花の髪飾りを頭部の左前に付けている。


耳がとがっており、ALOの妖精族のような特徴も持つ。

衣装は黒で纏められており、自分の事を”妾”と呼ぶ。


1000年後の未来からやってきており、目的はAIでキリトアスナの娘であるユイの抹殺。

ブラック・ロータス黒雪姫)らを騙して、キリト、アスナを襲わせその隙にユイを連れ去り、巨大な塔に閉じ込めて7つの鍵をかけ行方をくらました。


また「神々の黄昏の始まり」「妾の使命は、この小妖精を滅すること」などという謎の発言をしている。


DLC

有料DLCでプレイヤーキャラとして2017年7月7日より配信開始。

プレイアブル化と戦闘中の掛け合いのみで、追加イベントなどは一切ない。

カットインでは仮面が外れた姿となる他、専用の魔法を所持する。


関連タグ

AW

アクセル・ワールド

有田春雪 / シルバー・クロウ

黒雪姫 / ブラック・ロータス


AWのゲーム

加速の頂点 銀翼の覚醒 エンドオブバースト


ホロウ・リアリゼーション


ネタバレ注意

以下ネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい


























『知られたくなかった……知られたくなかった……パパとママに……こんな醜い姿になったわたしを……知られたくなかった……!!』



AWvsSAO: ペルソナ:バベル

彼女の容姿や声優で察しがついているとは思うが、1000年後のユイ本人。

それを知ったアスナは信じられなかったものの、キリトはユイ消滅の際データをバックアップできず「アインクラッド地下の当時を知っているかのようだった」とその正体に薄々と勘付いていた。


現実と仮想、2つの世界を『繋げる』というの遺志を継ぎ、ストレアメタトロンら仮想世界の住人たちと奮闘していたものの、先立ってしまった2人への「寂しさ」は募るばかりだった。


キリト達との時間の中で、人間とAIは感情を共有できると信じていた。だが寿命という概念を持たず、プログラムを保存するハードウェアが稼働し続ける限り生き続ける彼女にとって、人間の寿命はあまりに儚いものだった。

1000年というとてつもない時間を過ごした彼女のコアプログラム(頭脳)は、『こんな辛い思いをするくらいならいっそ消えてしまいたい、キリト達のところへ行きたい」と思考するようになった。

だがしかし、彼女はもとは永遠の命を約束されていたMHCP。自己消滅も第三者による破壊も叶わない。

そこで彼女は、「過去の自身を消すことで『歴史の上書き(オーバーライド)』(タイムパラドックス)を引き起こし未来の自分を消滅させよう」と計画。これがキリト達の世界で起きた「ユイの消滅」の真相である。


またユイは、その1000年のうちに数々の功績を積み上げてきた。彼女が消えることはすなわちそれらも消えてしまう。

彼女の言う「神々の黄昏」はこれを意味していた。


単なるAIに過ぎない自身が創世の神としてあがめられることへの思いと、遥か昔に旅立ってしまった愛する両親への思い。


「ユイの消滅」


この2つの感情に長い間苛まれ続けたゆえに起こった悲劇であったと言えよう。


カラミティ・ヴァベル

ユイが災禍の鎧を纏った姿。キリトとアスナたちが1000年後の世界にやって来た場合の最終手段。

キリトとアスナがこの世を去った未来、人の感情を仮想世界に移動させるソウル・リムーブ・プロジェクトにより誕生した悪意の結晶体は仮想世界を彷徨い最終的にブレイン・バーストに辿り着き、封印されていたザ・ディスティニーに取り憑き再び災禍の鎧として目覚めてしまった。ユイは再び目覚めた災禍の鎧の宿主を自ら引き受け、この姿になる力を得た。


キリト達の数倍に巨大化したユイを中心に、頭部上方の巨大な仮面・巨大な装甲状の腕・巨大な赤い鉤爪(左腕)・赤い刀身の剣(右腕)・赤と紫色のパーツで構成された背中の8枚の羽・禍々しいオーラを放つ黒衣という容姿。攻撃はブラックホール弾、疑似スターバースト・ストリームと多彩である。


キリトや黒雪姫たちとの激戦の後、災禍の鎧とユイは分離し、役目を終えた鎧は黒い粒子となり仮想世界の空へと消えていった。その際、災禍の鎧は体内に隠し持っていた消滅する以前の過去のユイの欠片を遺してゆき、これが過去のユイ復活の決め手となった。


千年の時

災禍の鎧と分離したユイはキリトとアスナの説得を受け、過去のユイの欠片と融合してキリト達の生きている世界へと一緒に帰還することになる。しかし、それは二人のユイの互いの記憶がパラドクスに抵触する…即ち記憶のメモリーを初期化しなければならないということを意味していた。しかし、キリトとアスナは娘を連れ帰るために迷うこと無く融合を決断し、未来のユイの苦悩と努力を記憶し、甦った彼女に伝えることを約束。ヴァベルとユイの欠片は融合し、ユイを甦らせることに成功した。


仮想世界創世の母<<イヴ>>

キリトとアスナがこの世を去り数百年経った頃から呼ばれていたユイの二つ名。

ユイが仮想世界で残してきた功績は大きく、それらのおかげで仮想世界の仲間達は市民権を得ており彼等からからこの名で呼ばれていた。

ペルソナ・ヴァベルのアバター姿となった以降も同じ呼び名で呼ばれているものと思われる。


余談

ペルソナ・ヴァベルの仮面は左右非対称のデザインでこれは右は怒り、左は悲しみを表しているとの事。


真の関連タグ

哀しき悪役 闇堕ち

関連記事

親記事

AWvsSAO みれにあむとわいらいと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13179

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました