ピクシブ百科事典

クロム・ディザスター

くろむでぃざすたー

クロム・ディザスターとは、川原礫によるライトノベル『アクセル・ワールド』に登場する人物の通称。
目次[非表示]

概要

かつてブレイン・バースト黎明期に活躍したバーストリンカーの1人「クロム・ファルコン」が残した呪われし強化外装『災禍の鎧(ザ・ディザスター)』を装着し、残虐な狂戦士へと変貌したバーストリンカーの通称。クロム・ファルコン当人を初め、鎧に憑依されたバーストリンカーは例外なく実力者達の「討伐」によって加速世界を去っている(過去に災禍の鎧と最も闘っているのは、緑の王グリーン・グランデ)。
本来は、ある事件によって破壊者と化したクロム・ファルコンの通称だったが、「災禍の鎧」が装着者の精神を乗っ取ることが明らかになって以後、乗っ取られたリンカーへの通称として定着した。その姿や能力は装着者により様々だが、身体を覆うクロムの鎧と、全身から立ち上る漆黒の過剰光は全員に共通する特徴である。歴代のクロム・ディザスターは、初代のファルコンを含めて~代目と呼称される。

歴代『クロム・ディザスター』

歴代の装着者の外見・能力は以下の通り。

初代(クロム・ファルコン):自身の装甲色と同じ黒銀のプレートアーマーを身に着けた騎士型アバター。ディザスター化以前からの必殺技『フラッシュ・ブリンク』の無声発動による瞬間移動を行う。
二代目(マグネシウム・ドレイク):ドラゴンの頭部を持つ竜戦士型アバター。口から巨大な火焔を吹く『焔色吐息(フレイム・ブリーズ)』アビリティを持つ。
三代目:兜から覗いた足まで届く長い銀髪が特徴的な騎士型アバター。『青の王』ブルー・ナイトに比肩するほどの剣技を誇ったが、最後は彼の手によって加速世界を去った。
四代目:蚯蚓を思わせる円筒状の頭部と細長い手足が特徴。剣の代わりに両手持ちの大斧を携えている。ブラック・ロータスを初めとした王達の共同戦線により加速世界から退場。鎧は『黄の王』イエロー・レディオの手へ渡った。
五代目(チェリー・ルーク):大柄な騎士型アバター。兜のバイザー部に『ドレイン』に使用する牙が生えているのが特徴。四代目から二年半の間を空けて出現した。手首から巻き取り式の鉤付き鋼線を射出する『鋼線鉤(ワイヤー・フック)』アビリティを持ち、標的やオブジェクトを引き寄せるのに使う他、建造物に打ち込んで長距離ジャンプを行う。
六代目(ネタバレ防止のため名は伏せる:初代除く歴代クロム・ディザスターのなかでもっとも適合率が初代に近く、歴代クロム・ディザスターのアビリティを再現できる。最終的に『災禍の鎧』の浄化に成功した。


そして…


ここから先はAWvsSAOのネタバレを含んでいます!
























七代目《カラミティ・ヴァベル》(ユイ
ソードアート・オンライン、そしてアクセル・ワールドの時代から数百年以上が経過した遥かな未来。何らかの形で存続を続けていたブレイン・バーストへザ・シード連結体を伝い、《感情退避計画》の失敗により生まれた負の感情(≒負の心意)の集合体が現れる。仮想世界へと廃棄された悪意や失意。ファルコンとサフランの意志は行き場のない膨大な哀しみと苦しみの受け皿となるべく敢えて災禍の鎧として復活する道を選び、その宿主を引き受けたのが当時のユイであった。
数百年の時を越えて仮想世界の母と呼ばれるほどの進化を遂げたユイの能力(そしておそらくは鎧自身の意志)によって完全に彼女の制御下に置かれている他、五代目の姿で鎧単独での行動も可能となっている。
負の心意の影響なのかユイとともに巨大な醜い姿へと変貌。高重力の発生やスターバースト・ストリーム(心意技ではなくソードスキルの方)の使用が可能となっている。鎧とは言うもののパーツのは本体であるユイの周囲を浮遊・追従しており、ユイ本人は一糸纏わぬ姿である。
ユイを宿主としてから更に時は流れ、自らの消滅を願うようになった彼女の意志に従い行動する。しかし最期はユイの意志に反して彼女の命を救い、自身は量子データの塵となって完全に仮想世界から消滅していった。

ただし、これはあくまでコンシューマー版SAOの世界線の未来での結末でしかないことに注意されたい。
AW原作やSAO原作の未来でクロム・ディザスターがこのような結末を辿るとは限らないし、そもそもその2作が同じ世界線の上にあるかも不明である。

pixivに投稿された作品 pixivで「クロム・ディザスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31246

コメント