ピクシブ百科事典

ホワイト・コスモス

ほわいとこすもす

ホワイト・コスモスとは、『アクセル・ワールド』に登場するデュエルアバターの一種。
目次[非表示]

概要#1


 白のレギオンオシラトリ・ユニヴァース』を率いるレギオンマスター。

 七王会議に参加せず、代理としてアイボリー・タワーを派遣するなど、全く顔を出さない謎に包まれた人物。

 黒雪姫も彼女に対しては嫌悪……否、『拒絶』に近い感情を示しており、ハルユキが『白の王』について知りたがった際は彼女に近づいて欲しくない一心で言及を避け、四埜宮謡が彼女について(穏やかな謡にしては珍しい怒りの篭った)発言をこぼした瞬間、倉崎楓子と共に叱咤するなど、その存在は一期ネガ・ネビュラス禁忌として影響を及ぼしている。

















ここから先ネタバレ注意


「奴と戦う覚悟はあるか?少年」



















「捕らえられますか?バイス」

概要#2

CV吉田真弓

 その正体は黒雪姫より一つ年上の実姉にして、加速研究会会長ブラック・ロータス『親』である。

 黒雪姫にレッド・ライダーが「核兵器級の心意を伴った強化外装で王達を殺そうとしている」と騙して討たせた張本人であり、両親に見捨てられ生家を追われた原因。
 その上、サフラン・ブロッサムを強制的に蘇生し続けてエネミーに全損させ、クロム・ディザスターが誕生するきっかけを生み出した【災禍の鎧事件】の大元にして全ての元凶と呼べる存在である。

プロフィール

アバターネームホワイト・コスモス(White Cosmos)直訳・白い宇宙
カラーサークル純色の白
二つ名「白の王」「儚き永遠(トランジェント・エタニティ)」「死霊術師(ネクロマンサー)」
所属白のレギオン「オシラトリ・ユニヴァース」のレギオンマスター 「加速研究会」会長
強化外装「七の神器(セブンス・アーク)」宝冠「ザ・ルミナリー」
アビリティ不明
必殺技「リザレクト・バイ・コンパッション」
心意技「反魂」(他の力である可能性もあり) 「壮絶な破壊の心意」(名称不明)


性格

アバターデザイン

戦闘能力

作中の行動(原作・アニメ)

作中の行動(プレイステーション)

総合戦闘評価


余談

Cosmosは宇宙の他にもギリシャ語で「世界、秩序」という意味を持ち。カオス(混沌)の対概念とされている。そして混沌を表す色にはが多い。

他にも、ブラック・ロータスのと合わせて花のコスモスとかけたダブルミーニングの可能性もある。

別名・表記ゆれ

ホワイトコスモス

関連タグ

アクセル・ワールド ブレイン・バースト
黒雪姫 彼女の妹にして『子』
シルバー・クロウ 彼女にとっての『孫』
オシラトリ・ユニヴァース加速研究会 両組織のトップウーマン
ブラック・バイス 表裏で副幹を務める。
全ての元凶 ラスボス候補

コメント