ピクシブ百科事典

ブラック・バイス

ぶらっくばいす

ブラック・バイスとは、『アクセル・ワールド』のデュエルアバター。
目次[非表示]

概要

CV:飛田展男
ブラック・バイスとは、『アクセル・ワールド』のデュエルアバター
プロフィール

アバターネームブラック・バイス(Black Vise)
カラーサークルブラック(自称)
二つ名「加速研究会・副会長」「減速能力者」「拘束者」
所属『加速研究会』
強化外装「宝冠《ザ・ルミナリー》(一時的に)」
アビリティ「潜影(シャドウ・ラーカー)」
必殺技
心意技「静止重圧(スタティック・プレッシャー)」「複層装甲(レイヤード・アーマー)」「六面圧縮(ヘキサヘドラル・コンプレッション)「八面断絶(オクタヘドラル・アイソレーション)」「二十面体絶界(イコサヘドラル・インシュレーション)」

加速研究会の副会長
黒く薄い板の集合体のような姿をしており、それを展開することにより高い拘束能力を発揮し拘束者の異名を持つ。
親との絆を持たないと発言しており、オリジネーターである事を匂わせている。

形状をある程度変形させる事ができ、作中ではブラック・ロータスやサフラン・ブロッサムに変装している
弟子にシャドウ・クローカーがおり、潜影(シャドウ・ラーカー)を伝授している

戦闘能力

潜影(シャドウ・ラーカー)
地面のに潜伏して移動することのできる
また《影の回廊》という常に影で覆われている場所ならば入り口を固定する事が可能であり、いくつかフィールドに用意しているらしい
静止重圧(スタティック・プレッシャー)
キューブ状に分解した右腕の板で相手を挟み、拘束する心意技
拘束中はボイスコマンド(発声)を封じられる為、必殺技や一部アビリティが使用できなくなる
複層装甲(レイヤード・アーマー)
前方に10枚程の壁を生み出す心意技。ロータスの奪命撃でも9枚を貫いた所で止まる強度を持つ
六面圧縮(ヘキサヘドラル・コンプレッション)
相手を6面の半透明の板で包み拘束する。クロム・ファルコン《フラッシュ・ブリンク》に対応するために編み出した心意技であるらしい
八面断絶(オクタヘドラル・アイソレーション)
相手や自分を8面の板で包む心意技。強度は六面圧縮よりも堅牢だが上部から強い力を加えられると破壊が可能
二十面体絶界(イコサヘドラル・インシュレーション)
自身を構成する板全てを使い拘束する第三段階の心意技。これを発動すると自力での解除が不可能となるが凄まじい強度を誇り、内部で莫大な心意の暴発が起きても耐えるほど

作中の行動

初出は4巻。
シルバー・クロウダスク・テイカーのサドンデスデュエル開始直後に乱入しクロウを拘束した、彼はBICを利用することで加速コマンド実行中に加速を任意に停止できる加速世界唯一の《減速能力者》であり、無制限フィールドにおいてほぼ不可能とされる待ち伏せを容易に行う事が出来る
テイカーとシアン・パイルが戦ってる最中、クロウを拘束し続けるも心意により拘束を抜けられる、そこへ駆け付けた黒の王と相対し拘束を試みるも失敗し足止めを受けその間にテイカーは敗北する。彼に助けを求められるものの、BICには自己崩壊プログラムとブレイン・バーストの記憶消去システムが存在するため自分たちの足がつく恐れはなく、助けるメリットは無いのでリスクを回避するために見捨てて逃げる。

5巻ではヘルメスコードレースへ乱入、ネガ・ネビュラスが乗るシャトルの影に潜みレース終盤になって姿を現わす。
同乗していたラスト・ジグソーに後は任せそのまま脱出していった

9巻ではメタトロンが暴れた事で無制限フィールドにて監視していた最中、災禍の鎧に寄生されたシルバー・クロウとロータスが現れたためロータスを拘束、彼女に変装し騙し討ちを行うもロータスが駆け付けた事で失敗、彼らの絆を裂くためサフラン・ブロッサムに変形しロータスの奪命撃に胸を射貫かれクロウを暴走させる
だが鎧を浄化した事で正気に戻ったクロウとロータス二人のレーザーソード/ヴォーパル・ストライクに射貫かれ建物ごとHPを全損してしまった。
13巻では黒の王に変装しプロミネンスへ攻撃を仕掛け赤の王のインビンシブルの能力を見極めていた
15巻でISSキット本体の破壊にやってきたハルユキ達を襲いレインを連れ去る、そのまま拘束しウルフラム・サーベラスに反魂させたダスク・テイカーの強奪アビリティで強化外装を奪取、そこへISSキット本体に溜め込まれた負の心意が降り注ぎ災禍の鎧マークIIが誕生するのを見届けた後に離脱した
21巻では会長から借り受けたザ・ルミナリーで邪神級エネミーをテイムしネガ・ネビュラスの面々を襲うも、ライム・ベルのシトロン・コールでルミナリーの所有権を元に戻された事でエネミーに襲われ瞬殺された
22巻では七王会議に現れ黒の王を含めた5王を二十面体絶界で拘束する、そこへ現れたプラチナ・キャバリア―がテイムした太陽神インティに自分ごと無限EKへ陥る。

ネタバレ注意











その正体はオシラトリ・ユニヴァースのアイボリー・タワーが何らかの能力で変異した際のデュエルアバター。

MTGに詳しければピンとくるかも知れないが、アーティファクト「黒の万力/Black Vise」と「象牙の塔/Ivory Tower」の効果は、お互いの能力を反転させた関係になっている。


関連タグ

アイボリー・タワー 潜伏 拘束 仮面ライダーディエンド

関連記事

親記事

デュエルアバター でゅえるあばたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック・バイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1674

コメント