ピクシブ百科事典

ニューロリンカー

にゅーろりんかー

「アクセル・ワールド」に登場する拡張現実対応型VRマシン。本項では先行機やシステムについても解説する。
目次[非表示]

概要

ニューロリンカー

世代民生用第一世代機
形状チョーカー型ウェアラブルコンピュータ
開発不明
発売元レクト、カムラ


2031年4月にレクト及びカムラにより発売された
第一世代の登場から16年が経過した作中では国民ひとりに一台までに普及し、
ニューロリンカー用家庭ローカルネット、ホームサーバーもある程度普及しているほか、
学校の授業でも黒板への板書や教科書・ノートをARに置き換えるなど、教育の場にも導入されている。

肉声(ボイスコマンド)で「ダイレクト・リンク」と発声することで、現実の五感をキャンセルし仮想空間にダイブでき、現実空間に戻る際は手動でのコマンド操作か「リンクアウト」コマンドを用いるが肉体に何らかの衝撃が加わるとセーフティが発動し強制的にリンクアウトされる。

思考発声による会話、ダイブ通信が主流である程度慣れると別の事を考えながら話し合う事が出来る


また育児にも活用され夜泣きが酷いと強制ダイブ、学習アプリを幼児期から聞かるなど
バーストリンカーの第一条件である幼児期からニューロリンカーを使用しているという事は、なんらかの事情で親に愛情を注がれなかったという側面を持つ

生まれた直後から障害を持っていたり発声障害を持つ親が子供に声を聞かせる為に装着さる場合もあるので全てがそうという訳ではない。

装着者の身分証明としても機能しネームタグの偽造はウィザード級ハッカーでさえ困難とされている
年齢制限のあるコンテンツ規制にも成功し、その様な作品を未成年が遊ぶ場合旧来の据え置き機か違法VRゲームをダウンロードする他ない





固有脳波で判別される為、複数のニューロリンカーを使用することは基本的に不可能でありコアチップ移植は区役所か政府公認ショップでしか行えない

ただし乳児期は脳波が未成熟なことから他人のニューロリンカーを付けると端末が乳児を利用者と認識し、当人の成長後も引き続き使用できる場合がある
だが他者の精神が混入する恐れがある


有線直接通信を行う場合には防壁の9割が無効になる。
ある程度のリンカー操作スキルを持つ者ならこの状態で接続している相手のプライベートメモリを覗くことなどもできるため「直結」と呼ばれ家族や恋人関係の相手に限られる。
世間一般では公共の場で直結する男女は99%までが付き合っているということと見なされ、ケーブルの長さが親密度を表すという俗信まであるほど。




基本原理はユーザーの脳と量子レベルで無線接続して、感覚情報の入出力をするというもの。
開発段階では、人間の細胞に存在する微小管内に封入されるコヒーレント状態の光子が引き起こす「波動関数の収縮(デコヒーレンス)」こそが人間の意識、すなわち魂である、という理論を元に、
ソウル・トランスレーション・テクノロジー(STLT)と呼称されていた。
つまり、ニューロリンカーが実際に交信しているのは人間の脳細胞ではなく魂ということになる

初期実験の段階では十メートル離れた状態でも接続できたらしく、作中で幾度かニューロリンカーを外しているにも関わらず交信していた描写がある。

他人のニューロリンカーを外すという行為は、相手の同意を得ていなければ立派な犯罪になり、子供の悪戯でも手厳しく叱られる現代社会最大のタブーである。


先行機

ナーヴギア
最初のフルダイブテクノロジーを実装したヘッドギア型VRマシンとして2022年五月代に発売されたと作中で描写され、
アニメでは同時期にソードアート・オンラインが放送されていた事もありナーヴギアが以前発売された事を明確に描写している

ブレイン・インプラント・チップ
脳に直接端末の各種機能を内蔵したチップを埋め込み通常仕様で初めてARとVRの両方を可能とした装置とされていたが、
チップの悪用が相次いだため一般に流通しなくなり、特殊な医療目的以外での使用は違法化されている
加速研究会のメンバーの一部はこれを脳に埋め込み活動している


関連タグ

アクセル・ワールド ブレイン・バースト
???・・・開発会社レクトの関係者
重村徹大・・・開発会社カムラの関係者。
菊岡誠二郎・・・基礎理論、及び機種の関係者。

関連記事

親記事

アクセル・ワールド あくせるわーるど

兄弟記事

コメント