ピクシブ百科事典

倉崎楓子

くらさきふうこ

倉崎楓子とは、『アクセル・ワールド』のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:遠藤綾

渋谷区にある女子校に通う高校1年生。現ネガ・ネビュラス副長にしてリアルではメンバー最年長。アバター名は「スカイ・レイカー」。

遺伝子異常により下肢が短い状態で生まれ、歩行能力を補うために義足を装着、その制御のためにニューロリンカーを利用している。

いつも穏やかな笑みを浮かべているが、弟子の指導は容赦なく、現実・加速世界の両方で精神的・物理的プレッシャーをかける。

メンバーの中で唯一運転免許を持っており、遠方のエリアで会議をする際などは母親から借りた車でメンバーを送迎している。

作中の動向

帝城攻略失敗に伴う第一期ネガ・ネビュラス崩壊後、無制限中立フィールドの旧東京タワー最上部に構えたプレイヤーホームに隠棲、対戦から退いていた。
そんな中、2046年にある少女と出会い、ある種の直感から彼女を自らの「子」とし、ある意味規格外のアバターを得た彼女を「親」兼「師匠」として厳しくも優しく指導していた。

2047年4月、その「子」の紹介で、かつての自分と同じく「高い空を飛ぶこと」を意義としていた完全飛行型のバーストリンカー、シルバー・クロウと対面する。自慢の翼を略奪者に奪われ絶望していた彼に己の過去を語り、心意システムを教授、その翌日に彼のリアルたるハルユキと現実世界で落ち合い、自分の初期装備である強化外装「ゲイルスラスター」を貸し与えた。
ハルユキが略奪者を倒して翼を取り戻した後、強化外装を返却するため黒雪姫を介して連絡したことで再会する。自分に戻る資格はないと考え言葉を交わさず去ろうとしたが、彼女からの「私にはお前が必要だ!!」という正直な気持ちに涙を流し、共に号泣した。その後、正式に復帰を果たす。

交友関係

黒雪姫
マスターにして親友。自分の妄執を叶えるために彼女に重責を負わせてしまったことを悔み、距離を置いていたが、彼女自身の求めに応じネガ・ネビュラスに復帰した。

有田春雪
弟子。自分が黒雪姫と和解しネガ・ネビュラスに戻るきっかけを作ってくれたこと、限界を感じ絶望していた自分のアバターに秘められた可能性を指摘し立ち直るきっかけをつくってくれたことから好意を持っているが、黒雪姫同様に、何かと女難に巻き込まれる彼に呆れている。

四埜宮謡
妹分。溺愛しているものの、自慢の胸の中に窒息しかねないほど抱きしめる、対戦で敵陣に放り込むなどの愛情過多なエピソードの数々から恐れられている。

日下部綸
弟子にして「子」。引っ込み思案な彼女を厳しくも優しく育てている。
なお、楓子自身の「親」は彼女を見捨てて去ったらしく、現在の動向は不明。

倉嶋千百合
妹分。苗字が一字違いということで親近感を持たれ、「チーコ」「姉さん」と呼び合っている。

関連タグ

スカイ・レイカー

pixivに投稿された作品 pixivで「倉崎楓子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 769553

コメント