ピクシブ百科事典

四埜宮謡

しのみやうたい

四埜宮謡とは、『アクセル・ワールド』のキャラクター。

CV:原由実

概要

小学4年生で第一期ネガ・ネビュラスの主要メンバー。「火」を司る《四元素(エレメンツ)》の一角。
黒雪姫と楓子からは「ういうい」と呼ばれている。運動性失語症で読み書きはできるが話すことができないため、医療用BICを使ったチャットで会話している。そのタイピング速度は日常会話を支障なく行えるほどで、ハルユキを驚かせた。
デュエルアバターは、上半身に『特色の白』、下半身に『遠隔の赤』を纏った巫女のような姿をしており「浄化能力」を持つ。レベル7。
主な攻撃手段は弓から放たれる火矢による遠距離射撃で、心意技を発動する際には武装である弓が扇へと変化する。
広範囲を対象とする強力な心意技の使い手であるが、その分発動に少々時間がかかるのが難点。
加速状態では普通に話すことができ、それが大きなモチベーションとなっている。

関連イラスト

業火の巫女 アーダー・メイデン
僕は・・・(ハーレム)王になる

pixivに投稿された作品 pixivで「四埜宮謡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284603

コメント