ピクシブ百科事典

砲烈道

ほうれつどう

砲烈道とは『星獣戦隊ギンガマン』の敵組織「宇宙海賊バルバン」の怪人であり、ブドー腹心の四将軍の1人である。
目次[非表示]

「ギンガの光、食べさせはせん」
CV:星野充昭

概要

第二十一章「トマトの試練」に登場した魔人にして、ブドー魔人衆の中でも最強とされるブドー四将軍の3番手。
まるで歌舞伎役者を思わせる外見をしており、両端にそれぞれバルカン砲と大砲を装備した棍棒で武装している。武器の性質上面制圧に優れ、バルカン砲から弾丸を連射する「魔人炸裂弾」や大砲で強力な砲撃を行う「魔人強烈砲」と言う必殺技を繰り出す。

劇中では「赤く丸い食べ物」と言う手掛かりを元に、魔人炸裂弾を乱発してトマトを次々と破壊して行った。

劇中での活躍

砂爆盗氷度笠と、腹心の四将軍を次々と失い後が無くなって行くブドーは次の手掛かりを「ギンガの光が姿を潜ませる物その9「赤く丸い食べ物」也。」と定め、砲烈道を派遣する。大将であるブドーの命を受けた砲烈道は海水浴場でスイカリンゴなど、該当する食べ物を魔人炸裂弾で次々と破壊して行く。そこへ偶然居合わせたギンガマンと交戦になるも、グリーンに魔人強烈砲で重傷を負わせてそのまま撤退する。

その後、選果施設や菜園を狙ってトマトを撃ちまくるが、銀河の光は一向に出現する気配を見せない。そこへギンガマンが現れて立ち向かうが、ハヤテを回復させるべく銀河一美味いトマトを採りに山へ向かっていた為にゴウキ(星獣戦隊ギンガマン)が不在の4人を圧倒する。
だがそこへトマトを入手したゴウキが駆け付け、レッド達3人に食い止められている内にハヤテはトマトを食べた事で回復。5人揃ったギンガマンを砲撃するも、グリーンの空中殺法と嵐のはばたきに怯んだ所へ銀河獣撃弾を受け敗北してしまう。

直後、「最後の奉公」としてバルバエキスを飲んで巨大化し、ギンガイオーに一気に止めを刺そうと魔人炸裂弾で攻撃するが連続パンチに怯み、最期は流星弾を受け爆散した。

余談

モチーフはカニ歌舞伎役者で、背中と髪型がカニになっている。

四将軍の中で唯一、通常状態のギンガマンの銀河銃撃弾及びギンガイオーの流星弾で倒された唯一の魔人である為、ブドー四将軍最弱のレッテルを貼られてしまった不遇な怪人である。
尚、この3話後に超装光ギンガイオーの登場を受けて決め技も「銀河大獣王斬り」に変わった為、同章を最後にガルコンボーガンは最終章まで使用されなくなる。

声を演じた星野氏は、これがスーパー戦隊シリーズ初出演となった。彼は後の侍戦隊シンケンジャーでもササマタゲの役で出演しているが、こちらも同じく水棲生物がモチーフで敵組織和風である。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン 宇宙海賊バルバン 魔人(宇宙海賊バルバン)
ブドー魔人衆


不動遊星:同じくカニと呼ばれるヘアスタイルをしている。

関連記事

親記事

ブドー魔人衆 せめてさいごのごほうこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「砲烈道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96

コメント