ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

砂爆盗

すなばくとう

砂爆盗とは、特撮テレビドラマ『星獣戦隊ギンガマン』に登場する敵怪人の一体。
目次 [非表示]

「ギンガマン、長生きしたかったら引っ込んでな?俺はブドー四将軍が1人、砂爆盗様だぜ」


CV:田村円

登場話数:第十九章「復讐の騎士」


概要

宇宙海賊バルバンの4軍団のうち、ブドー魔人衆に属する魔人の一人。魔人衆の中でも最精鋭とも言えるブドー四将軍の一角に数えられており、これまでの魔人達とは一線を画した強さの持ち主でもある。

上半身をさらけ出したかのような筋骨隆々な体躯、それにオコゼの鰭を思わせる頭髪や髭が特徴で、やはり鰭のような形をした刀と、携えている砂袋から起爆性の砂を噴射する「爆熱射砂(ばくねつしゃずな)」を武器とする。


自らが有利な立場に立つためならば、人質を取ることさえ厭わない卑劣漢であり、そうした姿勢によって引き起こされたとある出来事から、黒騎士ブルブラックからも強い憎しみの念を向けられている。

とはいえ、そうした搦手を抜きにしても高い実力の持ち主であることに変わりはなく、等身大戦では銀河獣撃弾を(前任の魔人のように特別なアイテムに頼らずとも)容易く跳ね返した上、それまで巨大戦では無敵に近い存在であったギンガイオーすら、合体解除に追い込むという快挙までも成し遂げている。


デザインは阿部統が担当。ストック用に提出していたいくつかの案から採用されたもので、時代劇に出てくるようなイガイガ髭の山賊をイメージしつつ、デブキャラでもあることから力士絵のような筋肉のラインを、オコゼのエラのようなスリットとして取り入れてもいるという。


作中での動向

ギンガの光捜索作戦が遅々として進まない上、ブクラテスからも讒言が寄せられるという逆風に立たされるブドーであったが、ゼイハブはその讒言をはねつけ、そう簡単に交代させては自分の面子も立たねぇとして、あくまでも作戦指揮をブドーに任せる姿勢を強調した。しかしその一方で、


「だが俺も気が変わりやすいからな。あんまり長引くようじゃ、てめぇの命、保障はできねぇぜ」


と釘を刺すことも忘れてはおらず、これを受けてブドーも砂爆盜を既に作戦遂行に当たらせていることを告げ、早急なギンガの光の確保を約したのであった。

そんなブドーの意を受けて行動を開始していた砂爆盜は、「ギンガの光が姿を潜ませるもの」の一つとされる「灼熱の星を象りしもの」を狙ってとある美術館に現れ、展示されていた太陽の彫刻を破壊しようとするが、そこへまたしてもブルブラック、そしてギンガマンが現れ、彼等による妨害を受けることとなる。

とはいえ、ブドー配下の中でも最精鋭なだけあり、前述の通り銀河獣撃弾を刀で容易く弾き、返す刀で爆熱射砂を見舞ってギンガマンを一蹴。ブルブラックからの執拗な妨害を受けながらも、目的通り太陽の彫刻を破壊せしめるが、ギンガの光が現れなかったためにその場から切り上げるのであった。


一方、この戦いでも垣間見せた周囲の被害もお構いなしな戦いぶりにより、ブルブラックとギンガマンとの間にも溝が生まれることとなるのだが・・・そうした現在のブルブラックの姿勢を生んだとある出来事にも、実は砂爆盜が一枚噛んでいた。

今を遡ること3000年以上も前、まだバルバンが健在であったダイタニクスを駆って銀河中を荒らしに荒らし回っていた頃。ブルブラックの故郷である「タウラス星」もその猛威に晒され、最早壊滅を待つばかりの状況にあった。それでもブルブラックはゴウタウラスと共に抵抗を続けていたののだが・・・その彼に抵抗を止めさせるため、弟のクランツを盾に取ったのが他でもない砂爆盜であった。

結果として、その脅しに屈したために故郷の星も、そして弟の命すらも守れなかったブルブラックは、現在に至るまでの3000年もの間バルバンへの憎しみを胸に秘め、彼等への復讐のためならば手段を選ばぬようになったのである。


そんな彼等をよそに、砂爆盜は先に破壊した彫刻と対をなす、もう一つの太陽の彫刻の存在を知り、それが設置されている公園へと出現。駆け付けたギンガマンをヤートットらに任せつつ、彫刻を破壊しようとした砂爆盜であったがしかし、当然のごとくブルブラックも再度の横槍を入れ、一時はこれに圧され気味となってしまう。

不利を悟った砂爆盜はここで、その場に居合わせた少女を盾にとってギンガマンとブルブラックに武器を捨てさせようとするが、3000年前ならばいざ知らず、バルバンへの復讐に燃える現在のブルブラックにそのような手が通じるはずもなく、躊躇なく迫ってくるブルブラックを前にたじろがされることとなる。


「てめぇ・・・なに考えてやがる?!」

「3000年の間、貴様らバルバンを倒すことだけを考えていた」


が、ブルブラックが人質もろとも砂爆盜を斬り伏せようとしたところで、ギンガレッドが止めに入ったのを好機と見た砂爆盜は、彼らが揉み合う隙を突いて爆熱射砂を立て続けに見舞い、両者に多大なダメージを与えてみせた。

しかし目の前の敵にばかり注意が行き過ぎたがゆえに、背後に回り込んでいたグリーン達によって人質を取り戻されてしまい、自身も傷付きながらなお食い下がってくるブルブラックを苦戦に追い込みながらも、レッドのアシストで取り落としたブルライアットを得たブルブラックによる黒の衝撃を受け敗北。

それでも完全な撃破には至らず、しぶとく立ち上がった砂爆盜は太陽の彫刻の破壊だけでも遂行しようとするが、その悪あがきも空しく破壊された彫刻からギンガの光が現れることはなかった。


作戦失敗を悟った砂爆盜は巨大化に及び、相対したギンガイオーを圧倒。さらに流星弾を繰り出す隙をついて、爆熱射砂による一撃で合体解除に追い込み、地上へと放り出されたギンガマンに止めを刺そうと迫った。

そこへ、ブルブラックの呼びかけに応じゴウタウラスが姿を現し、今度はこれを駆る重騎士との間での巨大戦が展開されることとなる。ゴウタウラスのパワーや重騎士の剣戟に翻弄され、これに対する反撃もギンガマンからの攻撃で阻まれた末、合身したブルタウラスの繰り出す「野牛鋭断」が炸裂。因縁の相手によって引導を渡される格好となった。


関連タグ

星獣戦隊ギンガマン

宇宙海賊バルバン 魔人(宇宙海賊バルバン)

ブドー魔人衆 ブドー四将軍


ドーラフランケ ザイドス少佐 アルゴル星人ブランデル:いずれも演者を同じくする、スーパー戦隊シリーズの他作品の登場キャラクター達


地のエル:『仮面ライダーアギト』に登場する敵怪人の一体。同じく砂を操る能力の持ち主であるが、モチーフや立ち振る舞いは砂爆盜とは対照的なものがある


八武崎碧(悠木碧):ノンクレジットであるが、砂爆盜が登場した第十九章のゲストの一人であり、作中にて人質に取られた少女を演じている

関連記事

親記事

ブドー四将軍 ぶどーよんしょうぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1581

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました