ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「塵から生まれし者共よ、塵に還るがいい‼」
「塵に還る時だ‼」
CV/三宅健太

概要

最高位のアンノウンである3人のエルロードの1人。
ライオンに酷似した超越生命体。身長220cm、体重170kg。

地中を時速80kmの猛スピードで掘り進む能力をもっており、左手に発生させた灼熱の熱砂を相手に浴びせかけて対象を砂に変えて消滅させてしまう力を持っている。
また、『敬虔のカンダ』という名のを武器として用いて戦う事もあり、その戦闘能力はすさまじく、一度はエクシードギルスを完膚なきまで叩きのめし河へと突き落としたほどの実力者でもある。

自分が思っていた以上に強かった人間に対して危機感を募らせ、絶滅させるために本格的に動き出し、その為に身動きが出来ないオーヴァーロード/テオスの命を受け、今は亡きアギト撲滅のために活動していた水のエルに成り変わり、アギトとそれに覚醒する可能性を持った人間達の始末を任されており、テオスが人間の撲滅を実行している最中、次々にアギトの力を持つ者たち=超能力者たちを襲撃していった。

その後、仮面ライダーアギトと交戦した際、一度はバーニングフォームのバーニングライダーパンチを耐えきるものの、シャイニングフォームのシャイニングクラッシュには流石に耐え切れず致命傷を負ってしまったため『聖地』へと逃走。
そしてそこで、テオスに懇願し、彼に吸収される事でパワーアップを遂げた。

地のエル(強化態)

「お前はアギトではない。何故これほどの力を。何者なんだ、お前は!?」

地のエルがテオスに懇願して『新たなる命の息吹』を与えてもらう事で、更なる力を獲得しパワーアップした姿。
外見上の違いは羽織状の増加装甲を纏っている点である。

シャイニングカリバーを容易くへし折るほどの圧倒的な力を身に着けており、風のエルと共にアギトを変身解除まで追い込むが、そこへ氷川誠の装着した仮面ライダーG3-Xが参戦。アギトではない身でありながら自らや風のエルを相手に果敢に戦う彼を恐れる様子を見せ、上記の台詞を言った後、「ただの人間だ!」と反論される。

最後は駆けつけてきたエクシードギルスも交える形で乱戦となった所、シャイニングフォームに直接変身したアギトの強化シャイニングライダーキックの直撃を受け爆死した。

余談

『敬虔のカンダ』のカンダとはサンスクリット語で刀剣を意味する。

関連タグ

仮面ライダーアギト アンノウン(怪人) 水のエル 風のエル オーヴァーロード/テオス
ガオライオン:30分前の作品に登場するライオンをモチーフにしたキャラで、こちらの場合は主人公のパートナーという真逆の立場であり、最後の怪人と同じモチーフというのも何かの因果かと思われる。ちなみに相方の風のエルがモチーフとなった鷹は次回作の主人公のサポートメカである。

関連記事

親記事

エルロード えるろーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「地のエル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「地のエル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9401

コメント