2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「光輝への目覚め」

翔一「人の運命がお前の手の中にあるなら、俺が…俺が奪い返す!」

概要

初登場は37話『暗闇の戦士』。
『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』及び『仮面ライダーアギトスペシャル 新たなる変身』で先行登場しているが、どちらもTV本編との繋がりは無い。

バーニングフォームが太陽の光を吸収し装甲がはがれる事で変身する、仮面ライダーアギト最強フォーム。パンチ力はバーニングフォームに劣るが力は完全に制御され、総合戦闘力は全フォームで1番高い。
変身の元ネタはイナズマン仮面ライダーカブトにおけるキャストオフの先駆けとも言えるフォームである。

最終回では専用の変身ポーズで、直接このフォームへと変身し、マシントルネイダーにも騎乗している。
劇場版仮面ライダージオウ Over_Quartzerでは、一瞬ではあるがグランドフォームからの直接変身を披露している。

新たなる変身



外見

マッシブだったバーニングフォームと比べ細身になり、グランドフォームのように均整の取れた出で立ち。装甲は銀色で、胸のアーマーには特徴的な模様が刻まれている。頭部はバーニングフォームと共通であるものの、全体的な印象にかなりの違いがある。

スペック

身長195cm
体重95kg
パンチ力15t
キック力45t
ジャンプ力75m(一跳び)
走力4秒(100m)


ツール

シャイニングカリバー

バーニングフォームのものと共通。
このフォームの時は2振りの刀に分離したツインモードを使用し、二刀流になる。

必殺技

シャイニングクラッシュ

二刀のシャイニングカリバーを振るい、敵を高速で切り裂く。なお、シャイニングカリバーの持ち方は二種類あり、両手で順手持ちの場合がほとんどだが、リザードロード戦では片方だけ逆手持ちにして振るっており、こちらでは最低限の動きで演舞するように敵を切り裂く。
地のエルを倒したが、その直後に強化態として再戦した際にはシャイニングカリバーを折られてしまう。
スペシャルではビートルロードを撃破した。

シャイニングライダーキック

アギトの紋章を空中に出現させ、そこを潜る形で敵に跳び蹴りを放つ。
紋章を2枚出現させる強化シャイニングライダーキックで地のエル強化態を倒した。
グランドフォームのライダーキック同様に地面に紋章を出現させる最終決戦仕様も存在し、闇の力に放った。
劇場版ではクイーンアントロードを撃破した。

仮面ライダーディケイド

RXの世界」でディケイドコンプリートフォームによって召喚され、シャイニングクラッシュでクライシス帝国怪魔ロボットシュバリアンを倒した。アギト本編とは異なり、斬撃波を飛ばす技になっている。

余談

初登場の37話以来、登場回数は少なく本編では3回(第37、43、51話)。劇場版、TVSPを含めれば5回であり他の最強フォームと比べると出番は少ない。

他作品でありがちな「最強フォームでないと倒せない強敵」はエルロード以外にはほとんどいなかった事もあり、終盤にもかかわらずグランドフォームでアンノウンを倒している回もある。
また、なりきり玩具のシャイニングカリバーもボイトイフィギュアの装着変身もバーニングフォームと一体であり、バーニングフォームが活躍すれば販促には十分だったのかもしれない。

また本編の初登場は37話であるが、TV初登場と謳って先行登場したTVSPで大々的に取り扱われるという珍しい経歴を持っている。
そのためか、本編では初登場にもかかわらず、あまり触れられることはなかった。

関連タグ

仮面ライダーアギト AGITΩ
グランドフォーム ストームフォーム フレイムフォーム
トリニティフォーム バーニングフォーム
強化フォーム 最強フォーム

シャイニングホッパー/シャイニングアサルトホッパーエックスソードマン光属性の強化フォーム。ただし後者は基本フォームからして光属性。

カブト ハイパーフォーム:基本色の似ている主役ライダー最強フォーム。

仮面ライダークロスセイバー次世代2番目主役ライダーの最強フォーム。

アルティメットフォームシャイニングフォーム龍騎サバイブ

関連記事

親記事

バーニングフォーム ばーにんぐふぉーむ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャイニングフォーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャイニングフォーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253904

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました