ピクシブ百科事典

極アームズ

きわみあーむず

極アームズとは『仮面ライダー鎧武』に登場する、鎧武の形態の一つである。
目次[非表示]

フルーツバスケット! ロックオープン!!
極アームズ!! 大・大・大・大・大将軍!!

概容

鎧武が「極ロックシード」を使用して変身する最強形態
使用ロックシードである極ロックシードは、オーバーロードインベスロシュオが持つ知恵の果実の一部から生み出されたもの。ロシュオがヘルヘイムの森に実った「知恵の実」を横取りした事を「ルール違反」とし、人間側にもチャンスを与えるべきとの口実でDJサガラに託され、それを葛葉紘汰に託した事によって、この形態へ変身が可能となった。
この際、DJサガラは、オーバーロードに対抗するにはお前がオーバーロードになればいいと腹に一物抱えながら(本人曰く「ただの親切じゃない」「俺の都合で動いている」)も紘汰に託している。

カチドキアームズの状態で極ロックシードを起動するとアーマードライダーの基本形態である11個の鎧(*1)が出現する。この状態でも攻撃が可能であり相手を牽制できる。
さらに戦極ドライバーに出現した鍵穴に極ロックシードを差し込み回すことで鎧が融合。
カチドキアームズの鎧が弾き飛ばされ変身が完了する。
所謂キャストオフ形式の変身であるが、どちらかといえば重装甲形態の中間フォームからの変化する様子はアギトシャイニングフォームも連想させる。
終盤ではカチドキロックシードをカットした後にすぐさま極ロックシードを使用することで直接極アームズに変身する事が可能となっており、この際にはカチドキアームズの鎧が被さるのと同時に各アームズの鎧と融合し、はじけ飛ぶことで変身が完了する。

この形態では固有の専用武器は存在しないが、後述する理由で武器が無くて困る事は無い。ちなみに、本編の主役ライダーの最強フォームで専用武器が存在しないのはディケイドコンプリートフォーム以来である。

*1:オレンジバナナブドウマツボックリドングリドリアンクルミレモンエナジーチェリーエナジーピーチエナジーメロンエナジー(但し、装着過程でメロンに変化している時もある)

容姿

仮面ライダー鎧武 極アームズ


大鎧をモチーフとしたカチドキアームズから一変し、織田信長が着ていたとされる西洋様式の鎧(南蛮胴具足)を思わせる白銀色の姿となる。
兜飾りは鎧武のシンボルマークの形、複眼は虹色。
胸部にはオレンジバナナブドウメロンイチゴスイカが描かれている。

戦闘スタイル

この形態では、すべてのアーマードライダーの武器を使用することができる
「(ヘルヘイムの植物を操れる)オーバーロードに等しい存在を目指す」目的の為に得た力に相応しい能力ともいえる。
極ロックシードを回すことで武器名の音声とともに武器が出現し、また通常のアーマードライダーの武器名の起動音声より高い音声になる。
複数の数を召喚することも可能で劇中ではソニックアロー、影松を二つ(通常の影松と影松・真)召喚し二刀流を披露している。
他のアーマードライダー達が敵わなかったデェムシュ進化体を圧倒する実力の高さと、同時に複数の武器を元の性能以上の力で使用することもでき非常に強力。
ただしパンチ力等、素のパワー自体はカチドキアームズの方が上回っている。

また、背中のマントは取り外すことが可能で、グリンシャとの戦いではこれを生かした闘牛戦法を披露した。

必殺技

スピアビクトリー
バナスピアーを召喚し「極スカッシュ」で発動。
相手の足元からバナナ型エネルギーを突き出し、相手を攻撃、拘束する

火縄大橙無双斬
火縄大橙DJ銃 大剣モードを召喚し「極オーレ」で発動。
複数のフルーツを模した虹色の斬撃を放つ。

フルーツ弾丸(正式名称不明)
火縄大橙DJ銃を召喚しロックシードをセットして発動。
複数のフルーツを模した砲撃を放つ。
33話ではイチゴ、35話ではパイン、36話ではオレンジをセットしたが、これらは極アームズの右腰のホルダーにセットされているロックシードである。
また、最もオーバーロードを撃破した技で、デュデュオンシュグリンシャシンムグルンレデュエを倒している。

クナイバースト
無双セイバーを召喚し「イチゴチャージ」で発動。
イチゴアームズ同様にイチゴクナイの雨を降らす。

大橙丸&バナスピアー一斉攻撃(正式名称不明)
大橙丸とバナスピアーを召喚し「極スカッシュ」で発動。
2本を回転しながら振り回し相手を切り裂く。
極ロックシードのCMでのみ使用

アームズウェポン射出(正式名称不明)

極アームズ


極ロックシードの持ち手を複数回一気に回す、もしくは長く回すことで発動。
背面に幾つもの武器を展開・射出するユグドラシルタワー潜入時、そしてロード・バロンと決戦時に使用。恐れていたことが起きた。
脚本担当を考えるとニヤリとする技だが、技だけなら監督などの指示かも知れないし、仮にオマージュだとしても発端は別の人である。

無頼キック
最終回で使用。龍玄の龍玄脚と同時に繰り出し、邪武を倒した。

後遺症

上記のようにオーバーロードに等しい存在を目指すに相応しい高いスペックを持っている反面、知恵の実の一部である極ロックシードを使って変身することもあり、高い代償を払わなけらばならないような描写が存在する。

具体的には阪東清治郎の経営するフルーツパーラー「ドルーパーズ」で食事をとっているシーンで、その際、紘汰の味覚が変化してきているような事を店主に呟いており、更には食事シーンにおいても「空腹を感じない」と言って食事を残している描写が多く見られる。これは戦う毎に怪人と同質化していった火野映司剣崎一真にも見受けられた現象であり、そして同じく虚淵玄繋がりである世界の法則と化したヒロインと同じ運命をたどる可能性が生じた。

なお、第40、41話の描写やロシュオの発言、紘汰がオーバーロードと同じくヘルヘイムの植物を自由に操ってみせたり怪物化するかのような表現が有る事からその可能性はますます高くなってきている。

そして第45話にて人間界の食べ物を受けつけない様になり、その代わりにヘルヘイムの実を栄養分として摂取できてしまう様になったことが紘汰の行動により証明され、彼もまた、人間を捨て世界に挑もうとする彼と同じく人間を辞めオーバーロードと化したことが明らかになった。

始まりの男となった紘汰はドライバーなどを介さずに「変身」の一言だけでこの姿に変身することが可能。
(変身後には戦極ドライバーが巻かれている)
そのため極アームズは紘汰のオーバーロードとしての姿であるともいえる。
ちなみにMOVIE大戦フルスロットルではロックシードを使って変身している他、トライドロンに乗る際にオレンジアームズになっている事からロックシードを使っても変身は可能。

MOVIE大戦フルスロットルにおいてはカチドキアームズ変身時と同様の状態でドライバーを出現させ、そこに極ロックシードを差し込むことによって直接変身。
劇中の戦闘の殆どはこの形態で行っているため、オーバーロード化して以降はオレンジアームズに変わってこちらが基本形態となっているようである。
戦闘力も本編時より遥かに上昇しており、アームズウェポン召喚によるオールレンジ攻撃や空中を自在に飛行することも可能になっている。
召喚したウェポンを他のアーマードライダーたちに譲渡し、戦力を底上げすることもできるなど圧倒的な力を持っている。
が、如何せん相手も同じくヘルヘイムの危機を乗り越えたメガヘクスであったため、戦闘では苦戦を強いられることになった。

バトライド・ウォーシリーズ

」よりDLC専用キャラとして参戦。鎧武とは別キャラ扱い。通常技のコンボ中に必殺技ボタンを押すことで、コンボ段階に応じたアームズウエポンを召喚し攻撃する仕様となっている。このため敵の攻撃頻度が増す高難易度ではコンボ中に邪魔されるという弱点があった。
創生」より鎧武が最強形態を「カチドキアームズ」に選択した場合の究極形態となった。究極形態はスーパーアーマー状態となるため、前述の弱点は無くなっている。

余談

胸部の模様がお見舞いのフルーツの盛り合わせを連想させる事から「お見舞いアームズ」と呼ばれたりもする。

公開も本編登場のギリギリのタイミングなど従来の最終フォームに比べ異例の扱いが多い。
実はジンバーレモンアームズが出た時に、このアームズの名前とシルエットだけはすでに公開されていた。DXカチドキロックシードの隠しギミックを考慮しての公表と思われる。

第32話のこのアームズの登場したシーンのアフレコテストの際、デェムシュの声を演じた杉田智和氏はこっそり「将軍かよォォォ!!」と呟いていたらしい。

これまで平成ライダーの最強フォーム名は必ず英語名(アルティメット、アームド、コズミック……など)になっていたが、このフォームは初めての日本語名称となる。
そのほか、変身ボイスの「大・大・大・大」の部分が(オレンジの一種)にかかっていると言う説も。

関連イラスト

gaim colour
極アームズ



関連タグ

仮面ライダー鎧武 仮面ライダーガイム アーマードライダー
織田信長 ロックシード 最強フォーム
シャイニングフォーム:中間フォームからの強化という変身機構が類似している。パンチ力など、特定能力が中間フォームより劣っている点も共通している。
アルティメットフォーム コンプリートフォーム クライマックスフォーム タイプトライドロン ムゲン魂 ムテキゲーマー:専用武器が存在しない最強フォーム。ムゲン魂とムテキゲーマーはフォーム名が日本語という共通点もある。又ムテキゲーマーは中間フォームの変身アイテムと組み合わせて使用すると言う点が一緒
※ただし完全新規ではないものの、アルティメットフォームはカラーリング面で専用のドラゴンロッド・ペガサスボウガン・タイタンソードを使用可能。
ノブナガ魂:同じく織田信長をモチーフとした形態。

歴代の最強形態の複合フォーム
キングフォーム 装甲響鬼 クライマックスフォーム ドガバキエンペラーフォーム コンプリートフォーム コズミックステイツ  オールドラゴン タイプトライドロン

pixivに投稿された作品 pixivで「極アームズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 466766

コメント