ピクシブ百科事典

ロシュオ

ろしゅお

『仮面ライダー鎧武』に登場する怪人・オーバーロードインベスの一人。
目次[非表示]

「お前たちに知恵の実を渡す訳にはゆかぬ…」

「愛するものよ……これで私も……お前の、元に……!」

CV:中田譲治

概要

仮面ライダー鎧武』第27話にてその存在が明かされたオーバーロードインベスの1人にしてヘルヘイムの森に侵食された異世界の住人フェムシンムたちの
デェムシュレデュエより上位に位置する存在のため「デョミョ ロシュオ(ロシュオ様)」と(表向きには)彼らからは敬称を付けて呼ばれている。

イカ、もしくは呪術師のような姿で、インベスたちを象徴している色であるの3色のどれにも当てはまらない色の体色をしており、オーバーロードインベスたちを統率する支配者に相応しく、デェムシュレデュエの2人と違い常に落ち着いた威風堂々とした態度の持ち主である。
人間の命を無闇に奪おうとするばかりでなく思惑によっては助けることもあるが、必ずしも他者の命を大切にしている訳でなく冷酷な面も多々ある。
また、34話のレデュエの発言によれば、既に亡き自身が愛した最愛の女性(知恵の実を授けてたフェムシンムの王妃にして自身の最愛の)を甦らせること以外には何の興味も関心も抱いていないらしい。
その一方で、自分たちとは違い、未来を見据えて戦っている若者には知恵の実である黄金の果実を託してもいいと考えており、恐らく今回の事件の元凶にして黒幕であるの提案に乗り、その力の一端から極ロックシードを作り出し、彼にそれを託し、果たして人類がただ滅びを迎え行く種族かとどうかを見極めようと静観するという冷静な一面をも垣間見せる。

彼の能力は未知数であるが、27、28話にて遠く離れた場所で荒れ狂うデェムシュの暴走を止めるため念動力のような力にて制裁を加え、戦いを一時中断させている。
31話で「禁断の果実」を得るために自身に向かって来た仮面ライダーシグルドの攻撃もバリアのようなもので易々と弾き、撤退するなら命まで取らないと警告するも、シドがなお諦めなかったため、ゲネシスドライバーを破壊して彼の愚かさをなじると岩の間に吹き飛ばし、岩に挟む形で彼を殺害する等、その力は未だ計り知れない。
また、デェムシュの持っているよりもさらに巨大なを振るって沢芽市に飛んできたミサイルを消している姿も確認されている。
さらに、41話ではカチドキアームズの攻撃程度では瞬時に傷口を再生してしまう、驚異的な回復能力も持ち合わせていることが判明した。

そのほか、彼が歩いたそばからヘルヘイムの植物が生えて急速に成長しているような描写がある。
また、戦極凌馬が欲する知恵の実は彼が所持していた。

活躍

27、28話では断片的にしか現れなかったが、29話にて自分たちの世界を散策している異邦人たちに興味を持ち、一度話してみたいと思った彼は、彼らの長(と思った)呉島貴虎の前に現れ、彼の傷を治療し、異邦人たちのことやレデュエが持ち帰った道具について質問した後、貴虎の質問に答えて自分たちのことや森に隠された秘密を話したことから、物語の重要なキーパーソンであることが窺い知れる。

その話の中でロシュオは自らをかつて森に選ばれた者であり、かつて森の知恵の実を求め戦った勇者だったと語った。
だが、森の支配者にはなったものの、ヘルヘイムの森に適応する過程で「強い者のみを選び弱者を見捨てる」という道を選んだ結果、選ばれた同胞たちの間に「自分たちのような強き者に生き残る権利があるのは当然」「弱者は強者の餌食になるもの」という思想が広がり、弱者に対する排斥行動がエスカレートした結果、同族同士の争いによって文明が崩壊し種族が絶滅寸前に陥るという最悪の結末を迎えてしまった。(劇場版では黒幕がその引き鉄を引いたことで起きたという経緯が明かされている。)
その過去から、知恵の実を巡り争う者たちについては否定的な考えを持っているようで、自分たちと同じく森に選ばれようと争い合っている(と考えている)異邦人を愚かだと蔑み、そんな彼らに実を渡す気はないと貴虎に告げた。

31話ではDJサガラ曰く、彼は「人間のために用意された知恵の実を横取りした」「たった1人の愛する人を救うために70億の人類が滅びてもよい」という考えである事を暴露され、前述したレデュエの発言の様に過去に喪った最愛の人を甦らせる以外の事にはほとんど無関心な様子である。
しかし「最初からチャンスを与えないなんて大人気ないことは止めろ」と煽るサガラとの交渉に応じ、知恵の実の一部から極ロックシードを取り出して彼に渡す。
その後、黄金の果実を求めてやってきたシドと交戦するも、その圧倒的な力の差を見せ付けたにもかかわらず、尚も黄金の果実を求めるシドの愚かさをなじった後にヘルヘイムの崖に閉じ込めて圧殺した。

32話にてデェムシュがクラックに入った事を切っ掛けに「救援に向かいたい」と懇願するレデュエの要請を許可する。
しかし、シドの一件もあってか、自身の寝首を掻こうとしていたレデュエに警告を与えるように鋭い眼光で彼女を怯ませ、さらに彼女の思惑に感づいていたのか、貴虎に「お前たちの世界に(レデュエが)侵攻しようとしている」とさり気なく彼女の真意を明かし沢芽市の危機を伝えている。

そして34話にて彼の持つ知恵の実がどうしても欲しいレデュエが、知恵の実を使用する方法以外での王妃の復活させる手段を提示し、その引き換えに自身の配下の1人であるグリンシャを彼女の元へ派遣し、さらに自身の力を地球人たちに誇示させて欲しいという口車に敢えて乗り、沢芽市へとやって来た彼は沢芽市へと無数に撃ち込まれる戦略兵器ミサイルを能力の一端で時間を一時停止させ、その間に巨大なを振るって瞬く間にミサイルを発射したアメリカへと送り返して壊滅的な被害を与え、全世界の人々や視聴者に格の違いを見せ付けた。

続く35話ではかつての自分達同様、仲間を見捨てて敵諸共葬り去ろうとした行為から、もはや地球人類を滅び行く種族として認識し、せめて苦しまぬように滅びを与えるための配慮(お節介な情け心)として滅びの時間のカウントダウンを早めようと、世界中にヘルヘイムのゲートを開き侵攻を開始した。
そして今まで(とてもそんな風に見えなかったが)捕虜としていた貴虎に「長の務めとして世界の滅びる姿を見届けよ」と語った後に彼を解放する。

ただなんとなく一緒にいるだけかと思ってた35話



また、39話にて黒化したミッチから、レデュエよりもまだ信用できる存在として、自分が価値を認める唯一の存在と彼が称する高司舞を預けられる。

そして彼女と気紛れ(?)で暫しの会話を交わすが、その際に彼女が「だからここはこんなにも空っぽなんだね?」や「例え仲間が傷ついたり裏切っているとしても必ず私を助けに来てくれると信じている」と告げる彼女に、自身が最後まで信じ切れなかった仲間の存在や、心中を察するような旨のセリフを聴いた際、かつて最愛の妻の面影と彼の理想を信じる言葉を思い出すなど、彼女に興味を惹かれた、或いは何かを感じ取ったかのような描写が垣間見られた。

41話では上記の通り、舞にかつての最愛の妻の面影と彼に残した言葉に思い出し、その際まるで自分の最期を悟ったかのように黄金の果実を舞の体の中に封印し、彼女を元の世界に帰した後、フェムシンムの長として最後の責務を果たすべく、舞を助けにやって来た葛葉紘汰駆紋戒斗と対決する。
暴風のような念動力、ヘルへイムの植物を意のままに操る能力、インベスの大量発生などの圧倒的な力で2人を圧倒するが、オーバーロード化に恐れず覚悟を決めた紘汰に一時圧倒されるも、ベルトやカチドキロックシードを破壊して変身解除に追い込んだ。
オーバーロード化に恐れず、守る為に自らを犠牲にする紘汰の覚悟を見届けて彼を賞賛するも、その直後にレデュエに背後から攻撃され、黄金の果実を奪われる。
しかしレデュエが奪った黄金の果実は偽物だった。黄金の果実の入手に失敗した事で怒り狂ったレデュエから暴行を受け死亡(皮肉にもこれがレデュエ戦死の引き金となった)。黄金の果実の呪いから解放された事、やっと王妃に会える喜びからか、レデュエから散々暴行を受けたにもかかわらず、その死はどこか安らかだった。

ロシュオ自身は自分達フェムシンムの滅亡を悟っており、見届ける役目として黄金の果実を舞に託し、自身に不意打ちしたレデュエにフェムシンムはその役目は終わったと告げていた。

その人格と人柄から、敵とはいえ、紘汰達と早く会えていれば分かり合えていたかもしれず、彼の最後は何処か切なく悲しいものであった……。

結局、ロシュオやレデュエを含めフェムシンムは一人残らず滅びてしまい、王妃は志半ばで命を落としたロシュオを静かに迎え入れ、昇天した。
そして遺されたロシュオの愛用の剣は王妃の遺品と共に、形見として玉座に置かれていた。

哀しき王様


王妃が「私もこの人もやることはやった」と言っていたことから、結果は失敗だったものの、かつては彼なりにフェムシンムの属する世界を救おうと試みていた模様である。

声優について

ロシュオを演じる中田譲治氏はかつて『仮面ライダーOOO』にてナレーションを務めていた。
また、脚本の虚淵玄とは『Fate/Zero』で一緒だった為のリクエストもあったとのことである。

余談

  • デェムシュレデュエ同様彼の名前を解析すると「白亜」となるらしい。
  • 上記の考えから少なくともオーバーロードの中でも良心的な存在であると言えるが、前作の白い魔法使いの様に、愛するもの1人のために多くの命を見捨てても構わないという危うさも見え隠れしている。ただし愛する者の復活に失敗し、なおも儀式を続けようとする往生義の悪さを見せた白い魔法使いとは違い、潔くそれらを受け入れ、最後は王妃に会える喜びからその死はどこか満ち足りた安らかなものであった。また、「旧種族の長である自分が為すべき責務」と腹を括ったり、黄金の果実を求めて自分と戦おうとする者との戦いの際は、相手の覚悟を見極めようとする王としての誇り高さももっていた。
  • ロシュオの回想でその最愛の女性から果実らしき何かを貰う際のシルエットは現在の姿と異なり、後頭部からポニーテール状の触角を生やしている細身の姿を確認できる。
  • かつて抱いていた「強い者のみを選び弱者を見捨てる」という考え方は、駆紋戒斗がかつて抱いており、自分の理想を見つめ直す機会を同時に得るだけの力を持つまではロシュオはある意味戒斗の未来像の一つとも言えた。また、プロジェクト・アークとも共通している点がある。
  • 第41話に登場した彼の妻である王妃役の岩崎ひろみ氏は凰蓮・ピエール・アルフォンゾ役の吉田メタル氏の実妻である。
  • 武器の名前は「ジョエシュイム」。日本語に訳すと大剣(たいけん)となる。
  • デザイナーである篠原保氏はある書籍で『ロシュオの眼はそこじゃないです。多分』とコメントしている。では他に眼に見える場所を探すと・・・正直、キャラのイメージが変わってしまう。
  • モチーフはイカと隠者。オーバーロードの大王に引っ掛けたモチーフと言えるだろう。また、他のインベスやオーバーロードのモチーフはほぼ陸の生物で統一されているのに対し、彼だけ水棲生物、ましてや森に関連の無いイレギュラーな海の生物がモチーフになっているのは、彼の強さが他のフェムシンムを遥かに凌いでいるが故なのだろう。ただ、鎧武は北欧神話にも題を取っているので、イカがモチーフなのも全く関係が無いという訳ではないのかもしれない


関連タグ

オーバーロードインベス デェムシュ レデュエ 天帝
仮面ライダー鎧武 王妃(仮面ライダー鎧武) 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ロシュオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216332

コメント