ピクシブ百科事典

ヘルヘイムの森

へるへいむのもり

ヘルヘイムの森とは、「仮面ライダー鎧武」作中に存在する異空間である。
目次[非表示]

概要

インベス達が棲む異空間で、インベスが出入りする際はジッパー状のもので縁取られた扉が生成される。ユグドラシル・コーポレーション側の人間はこの扉を「クラック」と呼んでおり、戦極凌馬が「(今年の)発生頻度は去年の12倍」と発言していることから、以前よりユグドラシルの観察・調査対象であった模様。なお、ユグドラシルは人工的に「クラック」を開き維持、管理していることが第12話の描写や第14話で発覚している。
この空間にいるインベスは、ロックシードで召喚されたものよりも強力と龍玄に示唆されており、この空間内ではインベスを強力にする作用があるようだ。

不気味な極彩色の植物が生えており、森の木になっている果実は人間が手に取ると食べたくなるような衝動にかられるが、戦極ドライバーを装着した人間が触れるとロックシードへと変化する。
通常の状態では普通の人間が自由に出入りする事は出来ず、アーマードライダーがロックビークルに乗り加速すると一定の速度に達した時に扉が開く。このため戦極ドライバーを所持しない人間が単独でロックシードを取りにいくことは出来ず、ドライバーを所持しない人間、もしくは所持しているドライバーが破損している人間が果実に触れてもロックシードにはならない。

また、この森およびインベスには、人間を侵蝕する性質がある模様。
第13話では、召喚を介さないインベスから傷を受けた人間が、森の植物と思しきものに体を蝕まれ、苦しめられている姿が描写されている。
更に同話のラストでは、初瀬亮二が果実を食べた際に、森の植物に一瞬覆われた後にヘキジャインベスへと変貌してしまっていた。
続く第14話では、人間とインベスの中間のような姿にもなっており、即座に完全なインベスとなるわけではないらしい。

いまだ謎も多いが、物語開始まもなく扉が何故か街のあちこちでひとりでに開いたり閉まったりする現象が発生しており、インベスが召還なしで街に出てしまう事案も発生しており扉が開いた周辺には不気味な植物が生えている。
第8話で葛葉紘汰らがこの現象に気付き、一般人への被害を懸念し始めている。

そして第16話では「真実を見せてやる」と貴虎に連れられた光実はヘルヘイムの森の一角でその真相を知って激しく動揺し「こんなの公表できるわけがない……!」と狼狽し、更に彼の瞳には巨大な建物群らしきものが投影されていた。

実際に戦極ドライバーゲネシスドライバー無しで生還出来たのは劇中では凰蓮・ピエール・アルフォンゾライト(トッキュウジャー)のみである。

真実

森の正体は例の植物(少なくとも地球上の物ではないらしい)によって侵食された異世界、異星もしくは過去か未来の地球、或いは並行世界かと言われているが真相は不明。そして、ヘルヘイムの森の本来の生命体も、植物の影響で全てインベスと化してしまったと言う。10年後には、沢芽市どころか地球そのものがヘルヘイムに侵食され滅びると言われており、公表できない理由もそれに伴う市民の混乱を煽ってしまう為である。

なお、ユグドラシルの研究所にある人工クラックは、元は高司舞の実家の高司神社にあったご神木で、その正体はヘルヘイムの森の植物だった事が戦極凌馬の調査で明らかになっている。
また「森に選ばれる」という表現の台詞が出て来ており、ヘルへイムの森の方にも単に世界を侵食する以外の意思が何かあることを伺わせる。

また、第21話や第23話でのDJサガラのセリフからヘルへイムの森の植物を制御できる支配者階級のオーバーロードインベスの存在が発覚した。

更に第25話でヘルヘイムの森が実は人類の歴史は始まる有史以前から幾度となく係っていた(人類と接触し)事が判明し、旧約聖書の創世神話で語られる知恵の樹の果実やギリシャ神話に登場する神々の食べ物であるアンブロシアや黄金のリンゴなどなどの世界中の神話で語られる“禁断の果実”が森に本当に実在しており、それを手にすることにより、幾度となく力を手に入れた人類が支配者となり歴史を築き上げてきたという飛んでも事実が明かされ、森が単に人類に脅威をもたらすだけの存在ではなく、ある意味森が神々の住まう禁断の聖地そのものであるかのようなものであった可能性が示唆された。
そして第42話では更なる真実が明かされた。




DJサガラはこの森自体が現出させたアバター的な存在であり、彼が神出鬼没であったのもそれ故であった。
森の役目は種族の進化を促しその中の勝者に各種族の神話になぞるかたちで、「始まりの女」を選定し、彼女を経由して「黄金の果実」を与えることである。
様々な宇宙を巡り、多数の世界に接触・侵食しそれぞれの種族の世界の進化およびそのための争いや滅亡を促し見届ける役目を持つ。

その事から(脚本家繋がりで)キュウべぇと同様の存在にして、奴と同じく鎧武の物語の真の黒幕(ラスボス?)ともいえる存在である。ただ、キュウべぇの目的が「宇宙自体の寿命」を維持しようとしており、手段はともかくその意志は曲がりなりにも善意と言えなくもないのに対し、こちらは「滅びは手段にすぎない」と言い目的のためには破滅も辞さず、自らの意図も「俺はそのように産まれた」という言わば本能的な部分で悪意なくやっているタチの悪さがある。

備考

「ヘルヘイム」とは、北欧神話に登場する世界のひとつで、ロキの娘・ヘルが治め、ユグドラシルの地下にあるといわれる死者の国である。

余談

撮影に使用されたヘルヘイムの植物のセットは、仮面ライダーゴースト34~35話や宇宙戦隊キュウレンジャー1話など、異界の植物的な扱いでリサイクルされて使用され続けている。

関連タグ

仮面ライダー鎧武 インベス ヘルヘイムの森の実 
ユグドラシル・コーポレーション

トランプ王国・・・かつての30分前の怪物の脅威に怯え自滅して滅んだ異世界繋がり(こちらは最終的に復活した)。主人公の住む世界でも混乱を避ける為の情報統制が行われていた。
侵食異世界カイパーベルト・・・ワイルドアームズ2に登場する世界を侵食(食べてしまう)し滅ぼしてしまう異世界。ワイルドアームズ2の事件の元凶でもある。(ヘルヘイムの森の設定が似ている関連で)
邪精霊…植物が人間を侵食する設定繋がり。
クトゥルフ神話…人知れず襲い来る脅威という設定での繋がり(しかも深入りしすぎると身の破滅に繋がるらしいし…)。
キュゥべえ…考えようによっては悪意のないこいつらと同じようなもの(脚本家繋がりともいう)。
絶望の森・・・・似たような物か?

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルヘイムの森」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73538

コメント