ピクシブ百科事典

オーバーロードインベス

おーばーろーどいんべす

「仮面ライダー鎧武」に登場する怪人・インベスの上位種。
目次[非表示]

概要

第21話「ユグドラシルの秘密」にてその存在が明かされた謎の生命体。
オーバーロード(overlord=君主)と名付けられたように、他のインベス達とは違い明らかに知性を持っており、全員が共通して自らの武器を使っている他、地球言語ではない言葉を発し、会話をすることが出来る。
戦極凌馬の推論によれば、ヘルヘイムの森の侵食を克服し、進化を遂げた新しい種族ではないかとの事。但し体の造りは通常のインベスと同類らしく通常インベスや上級インベスと同じくヘルヘイムの実を摂取することで更なる力を得ることができるが、作中でヘルヘイムの実を摂取して自らを強化したのはデェムシュのみであった。

ヘルヘイムの森の植物に侵食され滅んでしまった世界の、文明社会遺跡の奥深くに潜伏しており、森の植物を自由に操る事が出来る支配者階級に属する種族である。しかしDJサガラ「支配者にも拘らず、無責任な奴ら」と表現したように、他の世界への森の侵食を制御できる力を持っているのにも拘らず、そのようなことには無関心である様子。
ただし他の世界の文明などに対しては興味、或いは敵対的な感情を抱く者と様々な者たちがいるようで、戒斗が凌馬のアドバイスにより彼らの1人を誘き出す際は、ヘルヘイムの森に国語辞典などの書物を置いて誘い出していた。

強大な力を持つ反面、長い時を何もない森で暮らし大きな"虚無"を内に持ち合わせているのか、退屈を紛らわすために戒斗がばらまいた辞書を読んで熟読したり、葛葉紘汰を玩具と称して襲い掛かってきたりする等、現在の所、人類に対しては友好的とは言えず、理解しがたい行動を取る描写が目立つ。

凌馬一派が彼らを探す目的は、森を支配する力を解明することにより何らかの思惑を成就することのようだが、最終的に行き着く先は凌馬一派と戒斗ではまたそれぞれ違っている模様。

なお、オーバーロードインベスの存在を知っている者はユグドラシル・コーポレーションでも凌馬・湊耀子シドの3名のみであり、貴虎は知らされていなかった。しかしサガラが紘汰にその存在を教え、さらに彼を経由した結果、呉島貴虎からユグドラシルの幹部会議でその名称が口に出されたことで社内に亀裂が走る羽目になっている。

また、DJサガラの情報によると凌馬たちの派閥が探し求める“知恵の樹の果実(禁断の果実)”は彼らが所持しているらしい。

また、自分たちの文明が滅びたため、他の繁栄している文明を垣間見るとどこぞの宇宙人のように嫉妬から滅ぼそうとしたり支配したりしようとする傾向があるらしい。

シリーズ恒例の「幹部怪人」の立ち位置であるが、本格的な登場時期が23話とカブトに次いで遅く、また登場した後暫くは「地球へのヘルヘイム侵略を阻止するための交渉相手」として扱われるなど珍しい扱いの多い幹部怪人である。
ロシュオを筆頭に色を表わす名を持つ人型に近い幹部、さらにその下には上級インベスと同様に動物に似た姿とそれを表わす者名を持つたちで構成されている。いずれもロシュオから選ばれてからさらに同族の殺し合いから生き延びた猛者であり高い知能と上級インベスとは比較にならないほどの戦闘力を誇り次世代アーマードライダーとも互角以上に戦えるほどの強さを持つ。しかし、知恵の実の力を持つ極アームズの登場によりそのアドバンテージは一気に縮まることとなり相次いで戦死者を増やしていった。
そして第41話でロシュオがレデュエの裏切りに合い死亡し、レデュエもその事で紘汰の怒りを買い戦死し、フェムシンムはすべて絶滅した。

ただし、フェムシンムが死滅すればオーバーロードが居なくなるかと言えばNOで、紘汰自身もオーバーロードと化しており、また第43話で駆紋戒斗も果実摂取によりロード・バロン(仮面ライダー鎧武)になり、また2015年4月に発表された外伝(時系列的には戒斗がデェムシュと対峙する前)で新たなオーバーロード(後述)が登場するなど、ヘルヘイムがある限りオーバーロードが出現する可能性があると言える。

一覧

デェムシュ(CV:杉田智和
第21話で、戒斗が持っていた写真に写っていた、赤い体のオーバーロードインベス。

レデュエ(CV:津田健次郎
第24話から登場した、緑色の体を持つオーバーロードインベス。

ロシュオ(CV:中田譲治
第27話から登場した、白い体の上位のオーバーロードインベス。

デュデュオンシュ(CV:上田燿司
第33話に登場したレデュエ配下のオーバーロードインベス。

グリンシャ(CV:穴井勇輝 ※ノンクレジット)
第34話から登場したロシュオ配下のオーバーロードインベス。

シンムグルン
第38話から登場したレデュエ配下のオーバーロードインベス。

シャムビシェ
映画にて登場したオーバーロード。

葛葉紘汰(始まりの男)
極ロックシードの力により徐々に変貌していった。怪人態こそ存在しないが(レデュエの見せた幻覚ではビャッコインベスとなっていた。)最終的にオーバーロードインベスの能力を全て発揮可能となった。

ロード・バロン
第43話から登場。駆紋戒斗ヘルヘイムの森の実を口にした事により変貌したオーバーロードインベス。

タイラント(オーバーロード態)
Vシネマの「バロン」編に登場。外見や扱う武器がグリンシャに酷似している。他のオーバーロードと違い人語を話す事も無くただ本能のままに暴れまわるなど色々と不審な点が多くみられるが、その正体は・・・(Vシネマ未視聴の方はリンク先にてネタバレ注意!)。

武神鎧武
正体は明かされなかったが、能力などからするとオーバーロードインベスである可能性も全く否定できない。


デェジュシャシュ
ヒーローショーにて登場した黒い体のオーバーロードインベス。鎧武本編では登場しなかったが、ことのあらましは知っているとのこと。
沢芽市から離れた場所にクラックを開き、世界をインベスで支配しようとした。


正体

29話に彼らオーバーロードの王ロシュオから、かつてこのヘルヘイムの森で何が起こったのかが呉島貴虎に語られ、彼らの正体も判明する事になった。
自らをフェムシンムと称する彼らこそが、まさに凌馬の推論どおりの「ヘルヘイムの森に適応し、進化した存在」であった。
かつてこの世界で起こったヘルヘイムの侵食に抗ったロシュオが禁断の果実を手にした事で、彼らフェムシンムはロシュオの手により一部の者がこの森で生きていけるよう身体を改造され(いわば改造人間)、ヘルヘイムのおいて絶大な力を持つ支配者へと進化したのだが、結局は彼らの文明は滅びの運命を迎えてしまった。
その最大の原因はロシュオの「選ばれたものたちにのみ力を与え、他の者達は切り捨てる」という選択にあり、この選択を行ってしまった結果「自らを選ばれた存在と驕り昂ぶったフェムシンム達の殺し合い」へと発展してしまったのだった(ちなみに映画では、この選択肢の背景にコウガネの暗躍があったことが明らかになっている)。
皮肉にも、フェムシンム達は生き残るために手に入れた力で、自らの首を絞める結果となってしまい、更に生き残ったわずかな者も選民主義の結果破壊や支配欲、野心が強い愚か者のみが残り最早文明を再興する事は不可能となってしまったのである。その状況を嘆き比較的温厚なロシュオ自身も「知恵の実を人間に使うくらいなら自分の愛した女王を蘇らす事がはるかに意味がある」という、極端な思考に至ってしまう。
余りにも皮肉な結末だが、この選択はユグドラシル・コーポレーションが推し進めようとしている「プロジェクト・アーク」の末路を暗示しているように見える……。

余談

人類に人知れず襲い来る脅威であるヘルヘイムの森の支配者という点や、現在のところ人類とはあまり友好的ではない描写が、どことなくクトゥルフ神話を連想させる。まぁ、脚本家が脚本家なので、案外意識している所があるのかもしれないが…。

また東映の公式サイトによれば、グロンギ語と同じく彼らの名前や言葉にも一定の法則性が有り、解読が可能とのことらしい。既に一部では解読が進んでおりそれが正しければオーバーロードの名前もデェムシュ→深紅、レデュエ→翡翠、ロシュオ→白亜といったように色を表わすものに、彼らの配下はデュデュオンシュ→朱雀、グリンシャ→ベコなどモチーフとなった生物が由来となっている。
そして彼らが度々口にする「フェムシンム」も解読が正しければ「ニンゲン」と訳すことができる。

ちなみに前作のウィザードファントム とは、

フェニックスデェムシュ
赤色で炎を使う、好戦的で何度も主役側に立ちはだかる。退場直前には話し合いしようとした相手を無視して街で暴れ、破壊の限りを尽くす。
グレムリンレデュエ
緑色で野心家、自らの目的とトップが持つ重要アイテムを欲する為に敵対関係にある人物とも手を組もうとする。
ワイズマンロシュオ
白色で実質的トップ、強大な実力を持ち自分の愛する者を蘇らす事が目的で、その為には他の者が犠牲になることも厭わない。

・・・と幹部怪人とは色に対する性格や立ち位置が似ている。

更には緑色の幹部実質自分達のトップでカラーリングが白いキャラを裏切って殺害するという点まで類似している。

関連タグ

仮面ライダー鎧武 インベス ヘルヘイムの森 オーバーロード語

pixivに投稿された作品 pixivで「オーバーロードインベス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 391071

コメント