ピクシブ百科事典

鎮宮雅仁

しずみやまさひと

舞台『仮面ライダー斬月-鎧武外伝-』の登場人物。呉島貴虎と共にプロジェクトアークを進めていた男性であり、親友と呼べる存在だった。

演:丘山晴己

概要

舞台仮面ライダー斬月-鎧武外伝-』の登場人物。
8年前(本編の数年前)、呉島貴虎と共にトルキア共和国でプロジェクト・アークの準備を進めていた男性。
ユグドラシル・コーポレーション」の重鎮鎮宮鍵臣の長男。弟の鎮宮影正との関係は良好で、よく貴虎に出来のいい弟だと自慢していた。
「呉島家」と並びユグドラシルの中枢を握る「鎮宮家」の跡取りであることや弟がいるなど貴虎と境遇が似ていることもあり、仲が良く親友と呼べる間柄だった。
ノブレス・オブリージュの思想を持ち穏やかな性格の好青年であるが、感染者を躊躇なく殺す冷徹なところもある。






全てを背負おうとする貴虎を支えようとしたが、戦極凌馬から実験で貴虎が大怪我をしたことを教えられ、彼に代わって未完成の戦極ドライバー斬月に変身していたことによりインベス化の症状が発症。
また、トルキア共和国の実験も父・鍵臣の悪意によって失敗、クラックから大量に流れ込んだ果実を食べてインベス化した国民で溢れてしまう。
取り返しがつかなくなる前に自分諸共スカラーシステムでトルキア共和国を焼き払い、貴虎に人類の未来を託し死亡。

関連タグ

舞台仮面ライダー斬月-鎧武外伝- 仮面ライダー鎧武 仮面ライダー斬月  白スーツ
呉島貴虎 鎮宮影正 鎮宮鍵臣










以下ネタバレ注意






実際はオーバーロードインベスとなり生きていた。
貴虎からドライバーとロックシードを奪い、アンダーグラウンドシティの少年たちを蹴散らした「謎のアーマードライダー・斬月」の正体であり、本作におけるラスボス
インベスとしての外見や武器はレデュエに酷似している。

スカラーシステムの煉獄の中で、「人類は同じ過ちを繰り返し、どう足掻いても滅びる」というプロジェクト・アークの末路を予見、「弱者は強者に支配されてこそ生きることができる」「人間やインベスを超えた自分こそが世界の覇権をにぎり、人類を導かなければならない」と悟り、それが自分のノブレス・オブリージュだと考えるようになる。
オーバーロードになった後は潜伏し、再びトルキアに足を踏み入れた貴虎を自分の手で殺すため表舞台に出る。貴虎を「お前は変わらない」と嘲り、兄を慕うがゆえに貴虎を狙う弟も邪魔者として消そうとするなど冷酷な性格となった。
自分に似ていると感じたグラシャに対しては、彼に真実を教え仲間に勧誘したり、それを拒否され攻撃されても殺さず見逃すなど寛大な態度を見せた。

関連記事

親記事

舞台仮面ライダー斬月-鎧武外伝- ぶたいかめんらいだーざんげつがいむがいでん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鎮宮雅仁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2950

コメント