ピクシブ百科事典

ユグドラシル・コーポレーション

ゆぐどらしるこぽれーしょん

特撮ドラマ『仮面ライダー鎧武』の作中に存在する架空の巨大企業。
目次[非表示]

「ユグドラシルコーポレーションが提案する、新しい概要です」

沢芽市を支配する医療系・福祉系事業を手掛ける巨大企業。しかし沢芽市に存在するのは支社で、本社は別の場所に居を構えている。
世界各国に支部があるようで、33話では欧米系と思しき幹部達も登場する。

沢芽支社の建物は「ユグドラシルタワー」という巨大な塔になっているが、この土地は実はかつて駆紋戒斗の実家の工場があった場所である。
ロゴマークは緑地の「YGGDRASILL」の綴りに、中央の「A」の部分が巨大な樹木となっているもの(画像参照)で、ユグドラシルが出資したと思われるエリート校「私立天樹高等学校」(呉島光実が在学)を初め、沢芽市内各所にこのロゴマークが散見される。

この木なんの木


沢芽市民の多くは本企業傘下の会社に勤務している。かつては寂れた田舎町であった沢芽市に新興都市として活気を取り戻させ、阪東清治郎を初めとした沢芽市を離れていた市民を呼び戻し、地域社会に貢献している。

その一方で、再開発はかなり強引な手法で行われ、幼い頃の戒斗や高司舞のように生活の場を奪われた者も少なくない。
また、企業城下町と化した沢芽市に閉塞感を感じる若者たちも多く、彼らは徒党を組みストリートダンスに興じてビートライダーズと呼ばれている。

……と、ここまではよくある通常の企業城下町に近い趣だが、本題はここからである。

実態

表向きは沢芽市に経済発展をもたらした救世主だが、その裏では呉島貴虎をプロジェクトリーダーにヘルヘイムの森、及びそこから採取されるロックシードインベスの研究を行い、大部隊を率いてヘルヘイムの森の謎を解明すべく暗躍している。プロジェクトに参画している社員達はビートライダーズを「モルモット」と呼んで見下している。
現実世界に侵食してきたヘルヘイム植物の証拠隠滅も密かに行っており、光実が「手馴れている」と称したようにその手際のよさは目を見張るものがある。

また、どういった意図で行っているのかはまだ不明だが、ビートライダーズに目をつけDJサガラシドを初めとした工作員を使ってロックシードや戦極ドライバーを流布、インベスゲームを流行らせている(戦極凌馬が「ヘルヘイムが活性化している」と発言していたが、これがインベスゲームと関連するのかは不明である)。
しかしその高い技術をもってしてもインベスやヘルヘイムの森を制御しきれてはおらず、11話ではインベス達の暴走に対応しきれず見下していたライダーの一人に助けられるという事態を招いている。

ユグドラシルタワーは、外壁に武器が内蔵されていたり「空間偽装装置」なるものが設置されていたりと、会社の建物というより武装基地に近い。

真意

本来はヘルヘイムの森の謎を解明するための研究機関であり、多国籍企業としての姿は便宜上のものに過ぎない。
沢芽市に目をつけたのはクラックの発生頻度の多さ故であり、高司神社を強引に接収したのは神社の「ご神木」の正体がヘルヘイムの森の植物だったからである。
その最大の目的は森の謎を解明し、地球上への侵食を阻止する事で、行動を秘密裏に進めるのは世間にパニックを起こさせないためである。

……こう書くと、「手段の善し悪しはともかく人類の平和を守ろうとする組織」と取れなくはない。
しかし彼らは、それと並行して「プロジェクト・アーク」と呼ばれる計画を進めていた。

戦極ドライバーはヘルヘイムの果実から無害な形でエネルギーを抽出できるため、応用すれば食事の代替として用いる事も可能となっている。
これを量産・配布する事で、全ての動植物がヘルヘイムの森に淘汰されてもなお人類として文明を存続させるようにするというのが、プロジェクト・アークの概要である。
ただし戦極ドライバーの生産台数は、地球がヘルヘイムの森に覆い尽くされるまでの10年間で10億台が限界とされており、残る60億人分の人口はどうしてもまかないきれなくなってしまう。
それら10億の選別と、残る60億のインベス化のリスクを防止するため、表の顔である医療福祉業を悪用して地球がヘルヘイムの森に覆われるまでに、60億を抹殺し地球人口を10億人にまで減少させる準備を整えていたのである。

また、彼らが守るべき人類の中には、最前線である沢芽市の住民は含まれておらず、万一の時にはタワーの武装「スカラーシステム」によって町ごと森を焼き払う用意もあったが、23話で鎧武によって全て破壊された。

その一方で凌馬・シド・湊耀子の3人は、オーバーロードら「森の支配者」の存在を秘密にし、それを利用しようと企んでいる素振りを見せている。
彼らはこの情報を戒斗に与え、同志として迎え入れたのだが、一方で貴虎らユグドラシルに対しては情報を提供していない。
このように、これだけの大プロジェクトに携わっているにも関わらず、責任者間の連帯意識は非常に希薄で、幹部社員達の思惑や目的も食い違っている
その結果、貴虎がプロジェクト・アークを推進する中、凌馬一派が「禁断の果実」を手に入れようと水面下で暗躍し、貴虎は彼らの暗躍に気付けなかった。

その後、凌馬一派はオーバーロードの存在を知った貴虎を排除し、以後はオーバーロード、ひいては「禁断の果実」を狙い行動するようになったが、シドのさらなる裏切りやユグドラシルタワー崩壊の際に凌馬が湊を見捨てた事などで瓦解。結局は「禁断の果実」を手に入れようと腹を探り合い、利用し合う関係に過ぎなかったようである。
さらに各支部の幹部同士の仲も悪く、日本支部の状況を巡って責任の擦り付けやいがみ合いを始める始末であった。

責任者が各々で違う思惑を抱えている様は、旧作の某軍団を彷彿とさせるものがあり、最後にはそれが原因で組織そのものが崩壊する結果となった。
DJサガラには「世界の残酷さに屈服した弱い奴ら」と評された。

末路

オーバーロードの存在を知り人類を救う第三の可能性を見出した貴虎であったが、オーバーロードを熟知している凌馬達の裏切りに遭い生死不明に(次話で生存確認)。
ところが今度は「禁断の果実」に目がくらんだシドがユグドラシルを裏切り、ヘルヘイムへの移動手段全てを破壊され研究もままならない事態に発展。
さらに破壊されたはずのユグドラシルのクラックがレデュエによってヘルヘイム側から再度開かれ、レデュエはインベスを率いて侵攻を開始し、ユグドラシルタワーを自分達の拠点に変えてしまう。
対処しきれなくなったと判断した凌馬の逃亡により日本支部は事実上壊滅した。

第33話では仮想空間内で各国の支部長達に叱責され、「禁断の果実」の研究も侮辱された凌馬が、全世界にプロジェクト・アークの実態を暴露。
世界的パニックが起こると同時に各支部の関係者やそれと癒着していた国家権力者達も含め、ユグドラシル・コーポレーションは「世界規模のテロリスト」の烙印を押され崩壊に追い込まれる。

その後も日本支部の関係者は「禁断の果実」を巡る戦いの中で次々と死亡し、唯一最後まで生存したのは、皮肉にも凌馬達の裏切りで失脚した貴虎のみであった。

なお、この世界規模の犯罪が明るみになって大混乱がもたらされた結果、一地方都市でしかない沢芽市の惨状は世間に知られる事がなく、第45話で自衛隊が救援に現れるまで孤立状態を強いられる事になった。

そして第46話では、ようやく平和が戻った町の中で、ユグドラシルタワーの解体工事が行われていた。

主な社員と関係者

ユグドラシル・コーポレーション研究部門プロジェクトリーダー。
プロジェクトマネジメントやヘルヘイムの森内部での研究班の護衛、インベス掃討を担当。

ユグドラシル・コーポレーション研究部門主任。
ヘルヘイムの森の研究、ロックシード及び戦極ドライバーとゲネシスドライバーの開発を担当。

錠前ディーラー。ユグドラシル・コーポレーションの協力者。
「モルモット」である各ビートライダーズにロックシードや戦極ドライバーを売りつけ、データを収集する事が仕事。
ゲネシスドライバー完成後は汚れ仕事全般を担当。

凌馬直属の秘書兼ボディーガード。

ユグドラシル・コーポレーションの協力者。
主にスパイ活動を行う。

「ビートライダーズホットライン」DJ。ユグドラシル・コーポレーションの協力者。
インベスゲームに関する情報操作を担当。

ユグドラシル・コーポレーション直属の量産型アーマードライダー部隊。
ヘルヘイム植物の根絶による証拠隠滅、戦闘テスト及び旧世代ライダー討伐など、新世代ライダーのサポートを任務とする。

備考

ユグドラシルとは、北欧神話に登場する9つの世界を内包する巨大な木を意味する。『世界樹』とも呼ばれ、神々の没落とともに倒れることになっている。

メインライターの虚淵玄によると、ユグドラシル・コーポレーションのモデルは東日本大震災における東京電力であり、「会社・組織という子供たちの恐怖の対象」という側面と、「自然災害という『理由のない悪意』に振り回された被害者」という側面を両立させたかったという。

余談

内部の警備が物々しい割に、14話にて呉島光実の潜入調査をやすやすと許している事から、視聴者からザルドラシル・コーポレーションと揶揄されている。

さらなる真実(Vシネマのネタバレ注意)

2015年4月22日に発売されたVシネマにてさらなる衝撃の真実が明かされた。
※以下vシネマのネタバレ注意!














現在は廃園になり立ち入り禁止になっているユグドラシル傘下の「沢芽児童保育館」という養育施設の存在がVシネマ『鎧武外伝 仮面ライダー斬月』にて明かされた。
その施設は将来ユグドラシルの未来を担う人材を育成するための教育機関としての一面を持っており、戦極凌馬や幼い頃の貴虎に仕えていた使用人の朱月藤果もこの施設の出身である。
ここまでの説明だと単なるエリート養成施設の様に思えるが、やはりその実態は恐るべきものだった。

施設の立ち入り禁止の扉の向こうにあったもの、それは保育施設には似つかわしくない研究所のような部屋に枯れたヘルヘイムの植物、そして「かごめかごめ」を歌う奇妙な初級インベスの姿……。

すなわち、沢芽児童保育館ではエリート育成と並行して、ユグドラシルの目に留まらなかった=才能が無いと判断された子供を利用した人体実験が行われていたのだった。前述の「かごめかごめ」を歌う初級インベスはその子供達の成れの果てである。
なお、「才能が認められた人材」の中にはシドのような「社会の裏で暗躍する工作員」も含まれている。

この非人道的な実態を憎んだ藤果が、ユグドラシルの関係者という立場を活かし戦極ドライバーと禁断のリンゴロックシードを奪取、復讐としてユグドラシルの関係者を次々と襲撃したのが『斬月』の物語の発端である。
また、呉島兄弟の実の父親でありこの非人道的な実態を容認していた呉島天樹も彼女に殺害されている。そして貴虎はこの実態を物語終盤まで知らなかった。

表記揺れ・別表記

ユグドラシルコーポレーション

関連タグ

仮面ライダー鎧武
戦極ドライバー ゲネシスドライバー ロックシード ヘルヘイムの森
仮面ライダー斬月 黒影トルーパー
ユグドラシル絶対に許さねぇ!
スマートブレイン アンブレラ WON-TEC ランダル・コーポレーション・・・似たもの企業。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユグドラシル・コーポレーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434490

コメント