ピクシブ百科事典

仮面ライダー斬月・偽

かめんらいだーざんげつぎまたはにせざんげつ

「仮面ライダー鎧武」に登場する仮面ライダーの1人の別呼称。
目次[非表示]

光実「黙ってろよ・・・クズ!」

凰蓮「コイツは偽物よ!コイツにはエレガンスが欠けてる!」


概要

呉島光実が兄貴虎の持つゲネシスドライバーで変身する斬月・真を指すファンによる別名。名前の由来は真の逆の意味である偽から取られてる。

今後ドライバーが貴虎の元に戻らないなら、引き続き彼が変身するものと思われる。
仮面ライダーバロンと違って素体が変身者に対応していない理由は不明である。

変身する光実が、積極的に戦うよりも策をもって敵を潰すタイプである為か、戦闘技術は貴虎はおろか戒斗や紘汰よりも劣っており、動きも貴虎が変身していた時より明らかに雑になっている。その結果、鎧武やバロンには返り討ちになっている事が多い。

また、光実が初めて変身して紘汰を襲った際はソニックアローの弓を左手で引いていた(対して貴虎は主に右手で弓を引く)。後話で鎧武を襲撃する際には、より偽装を高めるためか、少々ぎこちないながらも右手で弓を引いているが、第31話にて仮面ライダーシグルドと共闘してレデュエと交戦した時には左手に戻っていた。

紘汰は貴虎が変身しているとばかり思っていたが、戦闘のプロである上に貴虎を慕っていた凰蓮・ピエール・アルフォンゾまでは騙す事が出来ず、33話では曰く「エレガンスが欠けてる」という理由で偽物であると見抜かれてしまった。(戒斗にも貴虎でないことを見抜かれていた)

43話で戦極凌馬が仕込んでいたシステム「キルプロセス」によって、ゲネシスドライバーが破壊され、実質的に変身不可能となった。

形態

貴虎変身体と同様。

余談

公式では光実が変身した斬月・真の事を「偽りの斬月」と帯などで称している。

ガンバライジング

ガンバライジングでは仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ(光実)という名称で5弾より参戦。
シリーズ初の変身者違いカードである。必殺技ものものとは異なる。

ミスなのか仕様なのかは不明だが、チームボーナスやアビリティ条件などは斬月(斬月・真)扱いである。
しかし相性値だけは龍玄扱いとなっている。
なお本物の方の仮面ライダー斬月・真とはデッキは組む事は不可能


関連記事

仮面ライダー鎧武 アーマードライダー ロックシード 仮面ライダー龍玄

草加雅人(共通した行動理念や同じ手口を使った人物繋がり)

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー斬月・偽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58297

コメント