ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ユグドラシル・コーポレーション戦極凌馬戦極ドライバーから得られたデータを基に開発した次世代の変身ベルト

ベースカラーは赤。モチーフは恐らく果物ジューサー。


エナジーロックシードを中央部にあるゲネシスコアにセットし、右側にあるレバー、シーボルコンプレッサーを押し込むことで「ソーダ!」や「リキッド!」の音声と共にセットしたロックシードのエネルギーを開放。

抽出された液状のエネルギーがストロー状のバスキュラーダストを通りコンセントレイトポッドに蓄積されることで新世代型のアーマードライダーへと変身させる。


変身後再びレバーを押し込むことで「○○スカッシュ」、2回押し込むことで「○○スパーキング」が発動する(ジューサーがモチーフのためか「○○オーレ」は無い)。


使用者の危険度は戦極ドライバーと比べ2倍となっているが、劇中で変身者が負担などに苦しめられる描写はなかった(しかし後に試作品のロックシードによる被害者の存在が判明した)。


性能

単純にエネルギーを解放する戦極ドライバーとは異なり、ロックシードからエネルギーを液状にして抽出し各部位に行き渡らせることによって従来のアーマードライダーを大きく上回る戦闘能力を発揮できる。

ドライバー自体の堅牢性も向上しており、同じ新世代型アーマードライダーの集中攻撃を受けても破壊されるどころか傷一つつかない頑丈さを見せている。戦闘のダメージによって破壊されたのはシドが所有していた1機のみ(それも劇中最強クラスの実力者であるオーバーロードインベスの王、ロシュオによるもので、その頑丈さが窺える)。


初期型の戦極ドライバーと違いイニシャライズ機能は付いておらず、ベルトとエナジーロックシードを入手すれば本来の所有者以外の人物も変身が可能。劇中では貴虎のドライバーでミッチ斬月・真に凌馬のベルトを使用して湊耀子マリカ、貴虎が斬月・真にそれぞれ変身する描写があった。

また、単純にエナジーロックシードの種類によって変身するライダーが決まるという訳でもなく、同じレモンエナジーロックシードを使用している戒斗と凌馬はそれぞれ別のライダーに変身している。詳しい設定は明らかにされておらず、法則性は不明。


変身に使用しなくても装着してるだけで、ヘルヘイムの症状を抑制する機能がある。


デュークのドライバーには開発者である凌馬よって調整が施されており、データ収集機能や光学迷彩、立体映像の投影、マスターインテリジェントシステムの接続インターフェースの搭載など様々な特殊能力が追加されている。


総じて旧型である戦極ドライバーよりも優れた汎用性、拡張性を見せたが、凌馬にとってはこれも完成形ではなく、更に強力なドライバーの開発を目論んでいたようだ。


使用ライダー


ゲネシスコア

ゲネシスドライバーの中央に位置する中核ユニット。

着脱が可能で、これを戦極ドライバーの左側にフェイスプレートと交換する形で装着。エナジーロックシードを固定して、カッティングブレードを倒して変身すると2つの力が融合した強力なアーマーを装着する事が出来る。

劇中では完成前の試作品として残されていた物がDJサガラの手によって紘汰の手に渡っている。


開発者である凌馬をして「想定外」、「未知数」と言わしめる力を発現しており、当初は正規品であるゲネシスドライバーのアーマードライダーに及ぶ程の性能を発揮できていなかったが、紘汰との相性からか戦いを重ねる中で互角以上の戦闘力を見せる様になっていった。

装着するエナジーロックシードによって新世代型アーマードライダーにはない特殊能力が発現するなど高い汎用性を発揮したが、DJサガラなどイレギュラーな存在の介入がない限りコアの入手は非常に困難であったため、本編でゲネシスコアを使用できたのは紘汰のみであった。


鎧武外伝の第2弾では壊れたゲネシスドライバーから取り外してナックルの戦極ドライバーに装着し、ジンバーマロンアームズへと変身するのに使用された。

また、セイヴァーが使う戦極ドライバーには最初から装備されており、ゲネシスドライバーの完成前に登場した事もあって貴虎には「未知のシステム」、凌馬には「奇妙なドライバー」と呼ばれた。


最終的に殆どのゲネシスドライバーが破壊されたため、事実上ゲネシスコアによる拡張が残されたアーマードライダー達の最高戦力となっている。


キルプロセス

開発者である戦極凌馬の物以外のゲネシスドライバーには『キルプロセス』という自壊システムが密かに搭載されており、これにより凌馬は他のゲネシスドライバーをスイッチ一つで破壊することが可能。

第43話ではこの機能によって3機のドライバーが破壊されてしまっている。


シドがユグドラシルを離反してヘルヘイムに逃げ込んだ時にキルプロセスを使用せず主人公達に追跡を依頼した事から(湊達にキルプロセスを知られない様にという可能性もあるが)ある程度起動スイッチと対象のドライバーとの距離が離れていると起動は出来ない様である(もっともヘルヘイムは地球と別世界ではあるのだが)。


他のベルトオーナー達との敵対を想定して搭載された機能だが、ゲネシスドライバーより以前に作製された旧型の戦極ドライバーには搭載していない。そのため、未知のロックシードで強化されていく紘汰には対応できず、凌馬も危機感を抱いていたようだ。


ロックシードを装填するゲネシスコアはキルプロセスを受けても機能が失われることは無い模様。

実際、キルプロセスで破壊された戒斗のゲネシスドライバーのゲネシスコアを使ってザックナックルジンバーマロンアームズに変身している。


商品化

DX版

「変身ベルト DXゲネシスドライバー&メロンエナジーロックシード」の商品名で2013年12月28日に発売。

光と効果音の組み合わせで液体が溜まっていくような表現になっており、使用するエナジーロックシードの種類によって発光色が変化する。なお、劇中未登場の緑色の発光パターンがある。pixivでは、先その発光パターンを使用したオリジナルのロックシードやアームズの投稿も多い。


レバーが自動でゆっくりと戻るギミックはゼンマイばねを使用しているためかなりうるさく、ソーダの炭酸音のような変身音は聞き取りにくくなってしまっている。


CSM

2023年に発表されたCSM版では、コンセントレイトポットに液体が充填される表現をよりリアルにする試みが行われ、当初は哺乳瓶の玩具のように実際に液体を使用するアプローチが試行錯誤されるも制限が多く難航の末に断念せざるを得なくなってしまう。

そんな中で多数のLEDを用いたアニメーション技術を用いたDXデモンズドライバーが登場したことで、同様の技術により発光で液体を表現する手法が採用された。

またこれによって物理的な連動部がなくなったのもあり、問題点だったレバーの動作の静音化が図られている。


そして、なんとキルプロセスの再現機構まで仕込まれており、専用のリモコンからの信号を送ることで、破壊音と共に(次に電源を入れるまでの間)本当に動作を停止できる。


余談

音声担当は視聴者の間で声質が似ている三木眞一郎と言われており、本人のツイートもあるためほぼ確定だが、現状ではクレジットされていない。


変身音の「ソーダ」のせいで肯定ドライバーと言われているとかいないとか。


貴虎「凌馬……まさかお前も………」

凌馬「変身」\ソーダァ・・・/


関連タグ

仮面ライダー鎧武 エナジーロックシード 変身ベルト

戦極ドライバー アーマードライダー ユグドラシル・コーポレーション


カイザギア黄色い2号ライダーの変身ベルト、数字とアルファベットが刻まれたキーアイテムを装着して変身する」「敵対する大企業によって開発された」「本来の所有者以外の人物も使用できる」「主役ライダー変身ベルトよりも高い性能を誇る代わりに危険度も高い」「強化機能を持たない」「物語終盤でに破壊される」「最終的には使用者が戦いに敗れ死亡してしまう」といった多くの共通点がある。


スクラッシュドライバー:次世代の変身ベルト、「物語中盤から登場した」「旧世代の変身ベルトよりも強力だが、装着者への悪影響も大きい」「このベルトで変身するライダーは共通の武器を使用する」「セットした変身アイテムを潰すイメージでパワーを引き出す」「2号ライダー3号ライダー4号ライダーが使用したが、主人公は使用しなかった(できなかった)」と共通点が多い。


2号ライダー最強フォーム変身アイテム

ハイパーリングゲネシスドライバーシフトデッドヒート


4号ライダー最強フォーム変身アイテム

サバイブゲネシスドライバー/シン・カチドキロックシードバグルドライバーⅡ


外部リンク

変身ベルト DXゲネシスドライバー&メロンエナジーロックシード

ゲネシスドライバー | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

エナジーロックシード えなじーろっくしーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267201

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました