ピクシブ百科事典

仮面ライダーシグルド

かめんらいだーしぐるど

『仮面ライダー鎧武』に登場する新世代アーマードライダーの一人。
目次[非表示]

「じゃあお前は、俺達の敵って事でいいなぁ!」

CV:波岡一喜 スーツアクター:金子起也

概要

新世代アーマードライダーの一人で元錠前ディーラーのシドが変身する。
14話終盤で初登場。
スーツカラーは薄緑。「シグルド」は北欧神話に登場する英雄の名前から。
アーマードライダーでは初の北欧風のデザインで、手足にはバイキングの様な毛皮が付いている。

接近戦を中心とし、自らの力を誇示し、相手を必要以上に痛めつけて、力の優劣を見せつけようとする、器の小さい暴力的なスタイルが特徴的。当初は新世代システムのもたらすスペック差もあり、旧システムのライダー達に対し有利に立っていた。
一方で、上記の戦闘スタイルや変身者であるシドの慢心からくる迂闊さが仇となり、詰めの甘さを見せる事が多かった。
やがて物語が進むにつれ、努力や成長を重ね、それぞれたな強さを得た鎧武やバロン相手に苦戦を強いられるようになり、最終的に軽々と退けられるまでに水をあけられるようになってしまった。

変身ポーズ

彼のトレードマークである帽子のつばを左手で触れながら装着する。
変身した後も時折帽子に触れるような動作をしている。

形態

チェリーエナジーアームズ

他の新世代ライダーと異なり、アーマーが左側に集まっている(は右側に集中)。これは変身者であるシドが左利きである事が理由と考えられる。
他の新世代ライダー同様ソニックアローを武器とし、手足の毛皮と相まって、矢を射る姿がマタギを彷彿とさせる。

必殺技

ソニックボレー
ソニックアローロックシードを装着し発動。光の矢を放つ攻撃。
この矢にはさくらんぼ状のエネルギー体が、矢を挟むようにしてぶら下がっている。
矢が敵に刺さった瞬間、これがアメリカンクラッカーの要領で回り込み、敵を両サイドから押し潰して撃破する。

ガンバライジング

ガンバライジングでは3弾からチェリーエナジーアームズが参戦。
新世代ライダーであるシグルドはマリカと同様にSRとCPで参戦した。SRのアビリティはバースト前はミガワリアップ持ちでチームライダーを無条件でフォローし、さらにはどちらのスロットには50がないという優秀な1枚。
必殺技は「ディーラーズモーメント」。劇中のものではないものの、荒々しく好戦的なシドの気性での連続攻撃の再現度は高い。蹴り抜いた後の勢いを殺さず斬撃を放ち、さらにそのまま隙無くトドメの一発を放つ様はまさに戦闘のプロである。同じくアグレッシブなマリカとは斬撃と射撃の構成が逆になっているのも特徴。31話でまさかの死亡により今後ガンバライジングでのシグルドの状況が気になるところである・・・・が5弾以降も続投(とはいえ6弾の後はナイスドライブ5弾まで排出はなかったが)。
ちなみに、仮面ライダーカイザと組ませると「慈悲なき正義」のチームボーナスが付く。
6弾の「伝説ロックオン! キャンペーン」ではキバアームズで登場。

余談

登場前に刊行された特撮雑誌の「宇宙船」2014年冬号での紹介では「変身者は不明」という趣旨の記述がなされていたが、文面に「錠前ディーラー時代には見せなかった冷酷さを…」という記述がなされていた(そもそも本編にはシド以外の錠前ディーラーが登場していなかったため、事実上「シド個人」である事は容易に特定が出来る)ため、結果的に「ネタバレ」という事態になってしまった

関連記事

仮面ライダー鎧武 シド(仮面ライダー鎧武)
アーマードライダー ゲネシスドライバー エナジーロックシード
さくらんぼ

仮面ライダーオーディン:名前が同じく北欧神話に由来

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーシグルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140512

コメント