ピクシブ百科事典

スイカアームズ

すいかあーむず

スイカアームズとは、仮面ライダー鎧武に登場する形態のひとつ。
目次[非表示]

スイカアームズ!大玉ビッグバン!

概要

戦極ドライバースイカロックシードをセットして変身する形態。
他のアームズと異なり全身をすっぽりと覆うほどの巨大なマシンとなっており、アーマードライダーが操縦する形で使用する。

スイカロックシードは希少種であるらしく、呉島貴虎が持っていたものを盗むことで初変身を果たした。そのパワーはエナジーロックシードを使う次世代ライダー達と互角の戦いを繰り広げるほど。
一方でエネルギーの消費が激しいのか、一度使用するとロックシードが錆びてしばらく起動できなくなるという欠点を持つ。

第7話での鎧武の変身以降、他のアーマードライダーたちも切り札的に変身している一方で、無人機や大破した個体が登場するなど様々な形で出番に恵まれている。

本体の複眼の色は赤。後頭部は各ライダーの素体と同形状になっている。

鎧武外伝仮面ライダー斬月』ではプロトタイプウォーターメロンアームズが登場しており、その時点では他のアームズと同サイズだったが、変身者への負担があるという欠点があった。
その後、変身者への負担を軽減するためにこのサイズまで大型化されたものと思われる。 

武器および戦闘スタイル

3つの形態を使い分けて戦う。

大玉モード

手も足も出ない。
スイカアームズ


いわゆる果物形態。強固な装甲によって全身が覆われた形態であり、火縄大橙DJ銃砲撃でも傷一つつける事が出来ない、非常に高い防御力を発揮する。
この形態でも跳躍や転がることでの移動が可能で、転がる場合はダンデライナーと並走できる程の速度を発揮する。
また、強度と重量を利用する事での体当たり、押し潰し攻撃が可能であり、下級インベスレベルであればそれだけでどうとでもなってしまう。
ブラーボの振り下ろした鉄骨は、流石に耐えきれずに切り身に割れてしまったが、短時間で再生するなど破壊対策も万全。
天下分け目の戦国MOVIE大合戦』ではウィザードとの合体技で武神鎧武に致命打を与えた。

ジャイロモード

全高2.37m
全幅4.13m
重量523kg
最高飛行速度247.0km/h

飛行形態。
装甲に組み込まれたバーニアが両肩に展開し、空中を高速で飛行することが可能。両手指先のバルカン砲による射撃戦を得意とする。
反面、素体ほぼそのままのライダーが露出してしまうため、防御力はスイカアームズの中でも最弱(シドロックシードで制御されていた無人機は、火縄大橙DJ銃のマシンガンモードで破壊されているレベル)。
このためかアーマードライダー同士の戦闘にはあまり使用されず、出番はヨロイモードに譲っている。

ヨロイモード

仮面ライダー鎧武 スイカアームズ
仮面ライダー鎧武


身長311cm
体重523kg
パンチ力33.2t
キック力51.8t
ジャンプ力ひと跳び3m
走力100mを9.8秒
アーマー形態。
装甲をある程度展開した人型の形態であり、人型の運動能力、装甲の防御力、バーニアを使用したホバー飛行能力を併せ持つ、非常にバランスの取れた能力を持つ。
アームズウェポンは巨大な薙刀「スイカ双刃刀」。ただし、後述の例を見る限り武装は固定ではなく、使用するアーマードライダーによって変化する、ないし変更できるようである。

必殺技

  • 双刃割り

「輪切りにしてやるぜ!」
「スイカスカッシュ」で発動。スイカ型のエネルギーに相手を閉じ込めたあとスイカ双刃刀で連続で斬る。
余談だが鎧武は初使用の際、「輪切りにしてやるぜ!」と言っているが明らかに乱切りである。放送時は特に触れられることはなかったが、2017年放送の「日曜もアメトーーク」『第三回仮面ライダー芸人』にてメインMCの宮迫博之に「輪切りちゃうやん!」と言われてしまった。オレンジパインと輪切り続きだったから仕方ないのかもしれないが…。

仮面ライダージオウではこのオマージュとして、鎧武アーマー「細切れにしてやるぜ!」と言いながらも輪切りに切り裂くシーンが登場している。

鎧武以外の使用者

第19話でヨロイモードを使用。
次世代ライダーであるシグルドと真っ向から張り合っており、スイカアームズの能力の高さが伺える。
アームズウェポンはスイカバーを思わせるスイカ型の槍。

スイカグリドンくんです


第34話で使用。
そのあまりの巨大さにビビってしまい、装着は出来たものの気絶して大玉モードから変形できなかった。
そのため、ブラーボによってそのまま転がされる形で使われることに。
一応初級インベス30体、ヤギインベスとライオンインベスを1体ずつ。
合計32体撃破という結構な戦果を挙げている。

第39話でヨロイモードを使用。
スイカ型のエネルギーナックルで無人スイカアームズやチューリップホッパーを撃退した。

  • 軍隊
劇場版で凰蓮・ピエール・アルフォンゾが率いる軍隊の数人が使用。
生身の状態で使用しているあたり、召喚さえできれば乗り込んでの運用は可能らしい。

アームズウェポンは鎧武と同じくスイカ双刃刀。
鎧武のスイカロックシードは本来は貴虎の所有物であったため、以前にもスイカアームズを使用していた可能性がある。
また、プロトタイプであるウォーターメロンアームズも使用している。

アームズウェポンはスイカを模した影松に似た大型槍で、更には自爆機能も搭載している。
本編でも有人のスイカアームズは彼らが搭乗していると思われ、そちらではスイカ双刃刀を使用している。

S.I.C HEROSAGA 仮面ライダーディケイドエディション オーズの世界』にて、ライダーロボとの戦いの最中にグローイングフォームに戻ってしまったため黒影トルーパーが使用していたものを使った。

無人スイカアームズ

第24話で初登場した、その名の通り無人機のスイカアームズ。
仮面ライダーシグルドがシドロックシードを使い計3機を操ったがカチドキアームズにはかなわず爆散した。
第30話では戦極ハカイダーの戦力チェックとして登場するが、ハカイダーショットで破壊されてしまう。
第39話では戦極凌馬が独断で作ったユグドラシルタワーへの隠し通路内にて、侵入者対策用の迎撃システムとして登場。オートシステムに制御されているためか目が黄色になっていた。
第一陣がバロン・レモンエナジーアームズマリカナックルに撃破された後、第二陣が登場し、計4体が登場した。

バトライド・ウォー創生

カチドキアームズとの選択式で、鎧武の超必殺技形態として登場。
豪快で効果範囲の広い技を持ち雑魚戦に向くがボス戦では少し扱いにくい。
また敵リーダーの黒影トルーパーが搭乗していることもあり、アーマー効果と高い耐久力で戦闘員の中でも厄介な存在である。

ネタ

やはり、このアームズにも名前繋がりで「東方Project」の伊吹萃香とのネタやコラボ的なイラストがある。⇒東方果実鎧

すいかあーむず!
萃香・スカッシュ!!



他にもスイカといえば…

芳忠オンステージ


(ちなみにこのイラスト、スイカアームズ登場前の投稿である

関連イラスト

仮面ライダー鎧武 スイカアームズ



関連記事

仮面ライダー鎧武 アーマードライダー ロックシード


ウォーターメロンアームズ:プロトタイプ。

パワーダイザー:ある意味ではこれには近いかもしれない。

コダマスイカアームズ:仮面ライダージオウに登場した派生形(但しミニサイズ)

ブレイキングマンモス:ライダーの1フォームとしての巨大戦力。
立ち位置としては一番違いと思われる。

ウィザードラゴンスイカアームズキャプテンゴースト

関連記事

親記事

ロックシード ろっくしーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スイカアームズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144069

コメント