ピクシブ百科事典

量産機

りょうさんき

量産機は、大量生産を前提として製造された機械である。
目次[非表示]

概要

 この機械は大量生産に適応された機械、例を挙げれば飛行機兵器等のこと。
 "機械である"・"実際に量産に適している必要がある"という点以外は、ほぼ「量産型」と同義である。しいて言えば「量産型」は機械以外、例えばクローン等の生物などにも適用される。
 また量産といわれても、実際に量産される必要はなく、需要の喪失等によりある程度生産した時点で製造打ち切りされても先行量産型や試験型と比べ差異が見られればこう呼ばれる。

量産機の製造

 大抵の製品では試作実験のための機械、試作機実験機などのプロトタイプを作成及び試験により機体上の、さらには先行量産することにより製造上の、発生した問題欠点などを洗い出し、それらに対し等に対し修正改良を加え、支障がなくなったところで大量生産を行う。この行為は販売後の生産効率の低下や不具合仕様などを減少させるためであり、自動車会社の例であるが、試験走行させた車体を分解して、問題点を洗い出すところも存在するといわれている。

フィクションにおける量産機

 言い換えれば市販に耐えうる「完成品」であり、機体の完成度は基本的に量産機の方が高いはずなのだが、フィクション、特にロボットアニメの世界では「試作機>量産機」の風潮があり、基本的にやられ役扱いとなっている。
 もっともフィクションでは、

  • 試作機を採算度外視で作成されているため、量産の際費用が必要以上にかかる装備装甲などの諸性能を一部オミットした、あるいは廉価版を使用したりしている。
  • これらに登場する試作機は通常試験されない実戦の中で改造を重ねて強化されており、カスタムと同じ作用がある
となるため、性能面で「試作機>量産機」となり、さらに、試作機のパイロット主人公エースなどの有力な人たちが騎乗するが、大体量産機にはモブが騎乗するため、余計に弱く感じるという面もある。
 「機動戦士zガンダム」のリックディアスなどごく一部を除いて冷や飯を食わされることが多い量産機だが、やられ役として醸し出す哀愁感と親しみやすさから、量産機というジャンルを愛してやまない人も多い。
 ただし、ライバルなどが騎乗する「専用機( カスタム )」と呼ばれる機体は、基本的に「量産機の専用改造機体」である場合が多い。

ジムⅡ・カラー色々
量産型ヒュッケMk-2


関連項目

量産 量産型 市販
EVA量産機( エヴァ量産機 )
プロトタイプ 試作機 試作 実験

pixivに投稿された作品 pixivで「量産機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209278

コメント