ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 この機械は大量生産に適応された機械、例を挙げれば飛行機兵器等のこと。
 "機械である"・"実際に量産に適している必要がある"という点以外は、ほぼ「量産型」と同義である。しいて言えば「量産型」は機械以外、例えばクローン等の生物などにも適用される。
 また量産といわれても、実際に量産される必要はなく、需要の喪失等によりある程度生産した時点で製造打ち切りされても先行量産型や試験型と比べ差異が見られればこう呼ばれる。

量産機の製造

 大抵の製品では試作実験のための機械、試作機実験機などのプロトタイプを作成及び試験により機体上の、さらには先行量産することにより製造上の、発生した問題欠点などを洗い出し、それらに対し等に対し修正改良を加え、支障がなくなったところで大量生産を行う。この行為は販売後の生産効率の低下や不具合仕様などを減少させるためであり、自動車会社の例であるが、試験走行させた車体を分解して、問題点を洗い出すところも存在するといわれている。
試作型は研究開発費(量産機の製造予算に含まれる)扱い、量産型は正規の予算で製造されるため、開発が終了すれば試作機は員数外として扱われており、極論、試験終了後即座に解体処分してしまっても構わない(機材として継続使用される場合や、モニュメントとして保存されることはある)。逆に量産型は平時であれば償却資産として扱われるため、除籍処分するにも正規の手続きを取らないといけない。F-22F-35B-2が高価といわれるのは、単純な生産コストに研究開発費(つまりは技術開発・試作機やラインの構築分)を上乗せたものが「製造予算」として扱われるうえに、生産機数が少なく研究開発費の頭割り分が分割できないからである。ちなみに、かなりの部分が人件費だ。

また、量産機同士でもロットにより微妙に品質にバラつきはあり(工業製品としては好ましくはないのだが)、量産開始後も不具合の解消、部品等の変更、もしくはさらなる生産性の向上などを理由としてしばしば改良されるので、生産時期により仕様が異なる場合はよくある。

概念的に言えば予算にしたがって生産ラインを構築しそのラインで製造されたものであれば、製造機数がたとえ1機のみであっても「量産型」であるし、数が複数あっても研究開発費で製造され正規の生産ラインで作られたものでない機体は「試作型」、量産機とほとんどおよび全く同じ構造をしていても広義の試作機「全規模開発機」「増加試作機」と扱われる(これらは部品が共用できるため供与に回されることもある)。「先行量産型」というものは正規の予算で作られてはいるが機能の検証が済んでおらず、特に戦時などの場合早急に戦場に送るため先行開発された既存機体の部品を組み合わせてとりあえず戦える状態として送り出されるため、間に合わせの部品で構成されキメラ的外観となり、そこに魅力を見出すファンも多い。(「強化カスタム機」などの元ネタである。)



フィクションにおける量産機

“やられメカ”の悲哀

言い換えれば市販に耐えうる「完成品」であり、機体の完成度は基本的に量産機の方が高いはずなのだが、フィクション、特にロボットアニメの世界では「試作機>量産機」の風潮があり、基本的にやられ役扱いとなっている。

これは文字設定とは別に、大抵の作品では古典作劇的に「試作機=看板役者」「量産機=切られ役・三下」の役割を振られていることが大きい。特撮における戦闘員ともまったく同様である。

もっとも理屈付けでは、

  • 試作機は採算度外視で製造されているため、量産の際費用が必要以上にかかる装備装甲などの諸性能を一部オミットした、あるいは廉価版を使用したりしている。
  • これらに登場する試作機は通常試験されない実戦の中で改造を重ねて強化されており、カスタムと同じ作用があるとなるため、性能面で「試作機>量産機」となり、さらに、試作機のパイロット主人公エースなどの有力な人たちが搭乗するが、大体量産機にはモブが搭乗するため、余計に弱く感じるという面もある。

機動戦士zガンダム」のリックディアスなどごく一部を除いて冷や飯を食わされることが多い量産機だが、やられ役として醸し出す哀愁感と親しみやすさから、量産機というジャンルを愛してやまない人も多い。
 ただし、ライバルなどが搭乗する「専用機( カスタム )」と呼ばれる機体は、基本的に「量産機の専用改造機体」である場合が多い。

ジムⅡ・カラー色々
量産型ヒュッケMk-2



コンセプトモデルと量産機の関係

ただ、例えばガンダムは厳密には試作機(prototype)ではなくコンセプトモデルの面が強く、量産機のジムではオミットされている機能がかなりある。これは実際の量産機とコンセプトモデルの関係でもよくある話である。特にここここが常習犯

プロトタイプと量産機の関係で正しく書かれているのは漫画版機動警察パトレイバー』のAV-98イングラムAVS-98だろう。生粋のイングラム乗りである泉野明太田功が苦戦させられたグリフォンと、パイロットとして優秀とは言え旧式機から乗り換えたばかりの石和が乗るAVS-98とで対等の格闘戦を演じている。

がんばれ第1小隊


















だがしかし、量産機と言えばヤツを忘れてはいけない

鼠年なんて大ッ嫌いだッ!!!
ウィング ドラえもん ゼロ EW Ver.Ka


マツシバロボット工場製子守用ネコ型ロボットMS-903それがである
「ガンダム? エヴァ? たいしたことないね

更に、ここ最近まだ少数ながらも、ラスボスが量産されている作品が散見されるようになった。

直近の作品では仮面ライダーゼロワン仮面ライダーアークワンアークスコーピオンが該当するだろう。
厳密にはアークの概念を内包したツール量産されているのだが、劇中でそれが大量に並んでいるシーンは、子供の視聴者にとっては悪夢でしかない。

他にはクロスボーンガンダムディビニダドが挙げられる。
こちらは数こそ8機と少ないが、主武装に人類の禁忌を大量に搭載している
しかも驚くべき事に、パイロットであるクラックス・ドゥガチオリジナル・ドゥガチの思考をコピーした、バイオ脳によって量産されているのだ(この内、バイオ脳によるコピーモデルは、後の後継者の片割れ・影のカリストも行っている)。

逆に、「やられ役・安価な量産機」であることを究極にまで突き詰めたものもある。
そう、あいつだ。
スターウォーズにおける帝国軍の戦闘機TIEファイター
TIEファイターは全機体が同一仕様で製造されており、さらに「戦闘機というより宇宙戦闘フレーム」とすら言われるほどに装備も簡素。バリアやワープ装置はおろか気密装備すらない(このためパイロットは宇宙服を着て搭乗する)。
撃たれればやられる、レーザー砲付きエンジンと言っていいほどの簡素な兵器だが、その分安価かつ高性能であり、帝国軍の主力兵器の一つとなっている。
また、簡素で安価、なおかつ全機同一仕様なことが幸いし、「例え撃墜されても母艦に回収してもらい、次の機体で出撃する」ということすら可能。そもそもパイロットは宇宙服という脱出カプセルに包まれているわけで。
ただ、全機同一仕様で製造ということは、裏を返せば状況や現地に合わせた改修やアップデートなどがしづらいという難点もあり、「現実的なようで非現実的」な思想の面もある。

関連項目

量産 量産型 市販
EVA量産機( エヴァ量産機 )
プロトタイプ 試作機 試作 実験

関連記事

親記事

量産型 りょうさんがた

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「量産機」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「量産機」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1109717

コメント