ピクシブ百科事典

フエルミラー

ふえるみらー

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC5巻収録「かがみの中ののび太」。
小さな鏡台型の道具で、この鏡に物を映し、鏡の中に手を入れると、映した物のコピーを鏡から取り出すことが出来る。コピーは無限に取り出すことが可能。

また、この道具は人間をコピーすることも出来る(その際は外見だけでなく利き腕も反転する)。しかし、コピーされた人間は本人(使用者)の指示に従わないどころか、コピーによって使用者が鏡の中に閉じ込められてしまうことがある。

機械を増やした場合は本物と同じ性能になる。実際に『創世日記』では「創世セット」に含まれる神様セットをフエルミラーでコピーしているが、コピーされた神様セットは本物と同じように機能している。
それだけでなく『アニマル惑星』では「空気砲」や「ショックガン」をフエルミラーでコピーしており、『ねじ巻き都市冒険記』でも「フワフワ銃」をフエルミラーでコピーしている。その際、コピーしたひみつ道具は上記の神様セット同様、本物と同じように機能している。

ただし、コピーした物は左右が反転した状態になってしまう。仮に紙幣を増やそうとした場合は文字の向きが反転してしまう為、使用することが出来ない。
「増やした物をもう一度コピーすれば正しい向きのコピーを取り出せるのではないか?」と言う指摘も存在するが、それが可能かは作中で描かれていない為不明(そもそも紙幣を正しい向きでコピーしたとしても、製造番号が同じになってしまう為、やはり使用することは出来ない)。

TC21巻収録「サンタメール」や上記の『創世日記』では、手鏡型のフエルミラーが登場している。前者では普通に「フエルミラー」と呼ばれているが、後者では「フエルミラーコンパクトタイプ」と呼ばれている。

派生作品

宇宙漂流記』では、フエルミラーを使用して「ビッグライト」をコピーしている。上記のひみつ道具同様、コピーされたビッグライトは本物と同じように機能し、「ひらりマント」を巨大化させた。
また『人魚大海戦』では、誰かが着ている服をコピーする際、その服を着ている人物はコピーの対象とはならず、コピーした服の色やサイズを変更出来る仕様になっていた。
それだけでなく漫画版『恐竜2006DS』では、ドラえもんがフエルミラーを使用し、タイムパトロール隊員が使用する「レプリガン」(24世紀に開発された道具)をコピーしている。

スピンオフ作品『ザ・ドラえもんズスペシャル』では、王ドラがフエルミラーを使用して自分のコピーを生み出そうとした際、偶然発生した地震のせいで道具に不具合が生じてしまい、目が吊り上がり性格も反転した王ドラのコピーが出現してしまった。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具

まほうのかがみ:「フエルミラー」の完全上位互換。こちらは左右反転させることなくコピーを増やせる上に、人間をコピーした場合は使用者の指示に従ってくれる。

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フエルミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112

コメント