ピクシブ百科事典

分かいドライバー

ぶんかいどらいばー

ドラえもんの取り出したひみつ道具、もしくはそれを題材としたドラえもん全エピソードの中でも屈指のシュール回。
目次[非表示]

はじめに

 読者の皆様の中には、こういう話を耳にした人はいないだろうか。

「『ドラえもん』の中には危険な道具は数多く存在するが、中でも二つのスイッチは殊更に恐ろしい。
 一つは言わずと知れた独裁スイッチであり、押しただけで相手の存在を消すことができる。
 そしてもう一つは、バラバラボタンなる道具である。
 この道具はバラバラにしたいものを指定して押すだけで、対象をバラバラにすることができる。
 ドラえもんからバラバラボタンを受け取ったのび太は、ジャイアン怪力出木杉君
 更には動物の速い脚まで手にしたが、フランケンシュタインの怪物のような奇怪な姿になってしまい、
 みんなからバケモノ扱いされ、ドラえもんに戒められる…という不気味なエピソードが掲載されたが、
 今はこの話はあらゆる単行本に収録を見送られているらしい」


 おおむねこんな内容の噂話である。TV特番『やりすぎ都市伝説』でもだいたいこんな感じで語られていた。

 しかしながら、『ドラえもん』のあらゆる媒体においてこんなエピソードもバラバラボタンなる道具も存在しない。この都市伝説は完全な作り話であり、バラバラボタンの存在は、ある道具と前掲の「独裁スイッチ」がいつの間にか混じり合ってしまったことで生まれてしまった代物である。ついでに言うならあらすじも石ノ森章太郎絵本ちいたかわしわしごりらんらん』との混同であろう。

 では、バラバラボタンなる架空のひみつ道具の原型になったエピソードとは何なのであろうか?

 その答えがこの分かいドライバーであり、そしてその物語は、前述の都市伝説に輪をかけて奇怪な短編なのである…。





概要

 『てれびくん』1977年6月号収録のドラえもんのエピソード及びそれに登場するひみつ道具
 あまりに効能がヤバすぎるうえ著しくシュールな絵柄が連続するということで、長らく単行本未収録回として伝説になっていたが、現在は藤子・F・不二雄全集第18巻に収録されている。

 この道具はマイナスドライバーの形状をしており、先端で触れただけであらゆる物体を瞬時に分解する事が可能である。しかも、生物に対してすら有効であり、触れた瞬間に鋼鉄ジーグのように両手両足と首と下半身がブッ千切れてすっ飛んでいく。勿論死にはしないし、やろうと思えば自らの意志でラジコンのように動かすことも可能。…念のために書くが、このエピソードは児童誌てれびくん』に掲載された正真正銘のF先生の漫画である
 ちなみに、が別のブッ千切れた人の破片にくっつくとその人の身体を乗っ取れる。出会い頭にジャイアンとぶつかって双方バラバラになってしまったのび太は首だけでジャイアンの胴体と手足を奪って残ったジャイアンをぶちのめしていたくらいである。繰り返して書くが、このエピソードはF先生ご本人の描いたお話である!
 
 このエピソードは元から突っ込みどころが多い原作ドラえもんの中でも屈指のツッコミどころの多さを有し、

  1. 「手を貸して」と言うママに対し、のび太を分解して腕だけママに手渡すドラえもん
  2. 離合集散した結果下腹部から下半身ではなく腕が生えているシュールな姿になっても「これはこれでおもしろいじゃない」という大物すぎる台詞を吐くのび太
  3. 更にメイン画像の台詞を平然と吐く
  4. 町中で分かいドライバーを通り魔的に使いまくる
  5. 先述した通り奪ったジャイアンの身体で自分のパーツ諸共ジャイアンの頭をボコる
  6. 一方野比家ではドラえもんが失踪したのび太を探すため、のび太の残りのパーツにのび太の首を探してくるように命令する
  7. 逃げ出したジャイアンに自転車を分解されたF先生っぽいおっさんとそのツレが、逆立ちして走り回るのび太の残存パーツを見るなり「あれを人質にとろうではありませんか」と恐ろしい台詞を吐く
  8. その後の超ご都合主義展開
  9. ラストのオチ
と、全ページの全コマにツッコミどころがある有様であり、今の所アニメでは(ドライバーらしき道具こそ登場するが)このエピソードが放送されるフシは全くない。そりゃそうか。

余談

 他にも『ドラえもん』には「万能改造自在ドライバー」という全ての工具の能力をブチ込んだドライバーが登場するが、流石にこちらは生物には通用しない。

関連項目

ひみつ道具 ドラえもん バラバラの実 オペオペの実
F先生のA面

pixivに投稿された作品 pixivで「分かいドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3522

コメント