ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バイバイン

ばいばいん

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。物体の数を倍に増やす薬品。
目次 [非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC17巻収録「バイバイン」。

目薬状の容器に入った薬品で、増やしたい物に一滴垂らすと5分ごとに数が倍に増える。ただし、増やした物は何らかの方法で処分しない限り無限に増殖し続ける。つまり5分ごとに2個→4個→8個→16個→32個→64個…と増えていき、1時間後には4096個に、2時間後には1677万7216個に、それからわずか15分で1億3421万7728個になってしまう。ただし作中の描写を見る限り、バイバインを使用した物を食べた場合は効果が消失している。


作中ではのび太栗まんじゅうを増やす為に使用したが、どうしても一個だけ食べ切れず、その一個を庭のポリバケツに捨ててしまう。その結果、栗まんじゅうが大量に増殖してしまい、その様子を見たドラえもんは「えらいことしてくれた!」と飛び上がるも、最終的には小型のロケット(原作版における正式名称は不明。2008年版「バイバイン」〈水田わさび版アニメ〉では「ミニロケット」という名称が設定された)を使用し、宇宙へ廃棄することで事なきを得た。


派生作品

2008年版及び2017年版「バイバイン」(水田版アニメ)では、オチや中盤の展開がアレンジされている。前者は増殖した栗まんじゅうを宇宙へ廃棄した後、実は縁の下に一個残っていたという恐怖を煽るラストになっている。後者は栗まんじゅうを庭のポリバケツではなく部屋の中のゴミ箱に捨ててしまった為、増殖した栗まんじゅうの大津波で野比家が大変なことになってしまった。


映画版新魔界大冒険』及び映画版『宇宙英雄記』の作中では、廃棄した栗まんじゅうが現在も宇宙空間で増殖し続けている様子が描かれている(原作版ではそのような描写は存在しない)。


余談

上記の通り、食べた分の栗まんじゅうはバイバインの効果が消失している。この描写をそのまま捉えれば「潰して変形させる」、「唾液や性の液体をかける」、「焼却処分する」等の方法で分裂を止められることになる。また、作中ではバイバインが入っている容器そのものが増える描写はない。


ちなみにアンサイクロペディアでは「栗まんじゅう問題」という記事で非常に詳しい問題提起が行われており、バイバインの原理及び宇宙に廃棄した後の栗まんじゅうが増殖し続けた結果どうなるかについて考察されている。


関連タグ

ドラえもん ひみつ道具


無限増殖 コピー 富江 人類終了のお知らせ 地球終了のお知らせ どうあがいても絶望 宇宙 宇宙ヤバイ 栗まんじゅう


SCP-871・・・今回の栗まんじゅうは完食すればどうにかなったが、こちらは完食しても復活する為どうしようもない上、宇宙に飛ばしても戻ってくる可能性がある。


外部リンク

関連記事

親記事

ひみつ道具一覧(は行) ひみつどうぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2662722

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました