ピクシブ百科事典

フエール銀行

ふえーるぎんこう

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC30巻収録「フエール銀行」。
レジスター型の道具で、本物の銀行ATMと同じように金を預けたり引き出すことが出来る。

この説明だけでは「単なる持ち運びが可能なATMでは?」と思うかもしれないが、この道具の恐ろしいところは預金した場合の利子の高さである。
この銀行に預金した場合、なんと1時間に1割の利子で預金が増え続けるのだ。仮に10円預けたとすれば、1週間経つと約9000万円(元の約900万倍)に増える計算となる。
更に、この利率はあくまでも普通預金の話であり、定期預金ならば利子が更に高くなる。例えば1か月定期なら1時間に2割、1年定期なら1時間に5割という凄まじい利子になる。満期時の元金に対する残高の倍率は、1ヶ月定期(30日)なら10の57乗、1年定期(365日)なら10の1542乗を超えてしまう。
ドラえもんが生まれた22世紀はハイパーインフレ社会なのだろうか(TC11巻収録「自動販売タイムマシン」にて、100年後のお菓子の値段は23万円であることが明かされており、やはり相当なインフレが起こっているのかもしれない)。

ただし定期預金の場合、満期になるまで預金を引き出すことが出来ず、中途解約も出来ない(「タイムふろしきでフエール銀行の時間を進めたり、タイムマシンで満期が過ぎた後に行って金を引き出せば良いのでは?」という指摘も存在するが、それが可能かは作中で描かれていない為不明)。
無理矢理預金を引き出そうとしたり、銀行に預けられている金を奪い取ろうとすれば防犯装置が作動し、金を奪おうとした人間は電撃を浴びせられてしまう。

また、預金だけでなく金を借りることも可能。ただしその場合も利子が発生するのだが、その利子はなんと1時間に2割闇金も真っ青な暴利である。
万が一借りた金を返さずにいた場合、1時間経つ度に借金者の持ち物がどんどん消えていく。作中では金を借りたのび太の服が消えていき、最終的には全裸になってしまった(その後も借りた金を返さなかった場合はどうなるか不明)。

関連項目

ドラえもん ひみつ道具
銀行

イシャ料しはらい機:ターゲットの資産を自動で換金し、所持品を消していくことで最終的に全裸になってしまう点が共通している。

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フエール銀行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2473

コメント