ピクシブ百科事典

タイムマシン(ドラえもん)

たいむましん

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

ここでは『ドラえもん』のタイムマシンについて説明する。一般的なタイムマシンについてはタイムマシンを参照。

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
過去未来へ自由に行くことが出来る乗り物であり、主人公・ドラえもんが初めてのび太の元にやって来た際に使われた記念すべきひみつ道具でもある。

未来の国からはるばると
来たよ!


のび太の部屋に置かれている机の引き出しが乗り降り口となっており、別の時間へ移動する際は「時空間」と呼ばれるタイムトンネルを通り、目的時間に着くと虚空に「タイムホール」が開き、そこから乗り降りする形となる。

作中では2008年に開発され(TC41巻収録「未来図書券」)、ドラえもんが生まれた22世紀では一般的に普及している乗り物となっている。
乗車定員は連載初期の頃は3人まで(TC25巻収録「竜宮城の八日間」)で、4人以上乗り込むと定員オーバーでタイムマシンが暴走してしまっていた(『恐竜』及び『恐竜2006』)。
その後『日本誕生』や『ドラビアンナイト』からは5人以上乗り込むことが出来るようになり、ドラえもん達5人に加えてゲストキャラクターを乗せたとしても、マシンが定員オーバーで暴走することは無くなった(原作版では特に説明もなく5人以上乗り込めるようになっているが、大山のぶ代版アニメにおける設定では、映画ぼく、桃太郎のなんなのさ』から正式に5人以上乗り込めるようになっており、作中でドラえもんが「マシンをグレードアップしてもらった」と発言している)。

操縦はとても簡単であり、現代の小学生であるのび太やしずかが普通に動かすことが出来るほどである(TC5巻収録「ドラえもんだらけ」、『鉄人兵団』等)。それだけでなくTC24巻収録「二十世紀のおとのさま」では、過去の時代の人間が誤ってタイムマシンに乗り込んでしまった際、マシンが自動的に動き出し現代の野比家へ向かってしまった。

更に『パラレル西遊記』では自我を持ったAI(担当声優は三ツ矢雄二)が搭載され、以後は行きたい時代を音声で入力すると自動的に連れて行ってくれるようになった。ただし融通が利かない等の欠点がある。
ロボット王国』ではドラえもんがタイムマシンを改造したことにより、時空間を漂ってやって来た人物が元々どこに住んでいたかを探知し、その世界へ向かうことが出来る「時空間ナビ」が搭載された(担当声優は杉山佳寿子)。

ちなみにドラえもんが愛用しているタイムマシンは「空飛ぶじゅうたん型」であり、エンジンのかかりが悪い中古品の安物である(『ドラビアンナイト』に登場するミクジンも「随分、古いタイプのタイムマシンですねぇ」と発言している)。また、下記の亜種を含め色々なタイプのタイムマシンが存在している。

時空間で(原作初期)


ただし原作版最初期では、ドラえもんは時空間を泳ぐ形で時間移動しており、乗り物としてのタイムマシンは存在していなかった(TC0巻収録「愛妻ジャイ子!?」)。

と、ここまでの説明では他作品タイムマシンと大差無い性能だと思うかもしれないが、このタイムマシンの凄いところは、何の制限も無しに色々な時代へ行って過去を好きなように改変することが出来る点と、時間だけでなくどんな場所にも自由自在に移動することが出来る点である。

実際にドラえもんやのび太はタイムマシンを使って何度か歴史を変えており、『鉄人兵団』ではメカトピアの歴史を丸々書き換え、敵のロボット達の存在を消滅させて地球の危機を救ったこともある。
それだけでなく、『鉄人兵団』では地球から遥か遠くまで離れているメカトピアまでワープを繰り返して到達しており(『新・鉄人兵団』ではワープすら行わずに到達している)、更に『魔界大冒険』や『ロボット王国』では、現実世界とパラレルワールドを往復するという凄まじい性能を発揮している(ただし後者は上記の通りドラえもんがタイムマシンを改造・強化した結果だが)。
また、時空間だけでなく現実空間を移動することも可能で、その際はタイムマシンが浮かび上がり、空中を浮遊しながら好きな場所へ向かうことが出来る(水田わさび版アニメオリジナルエピソード「のび太が出会った仮面の女王」、『新・日本誕生』)。

翼の勇者たち』では、ドラえもんがタイムマシンの時間カウンターを0にセットし、暴れ続けるラスボスを地球さえ存在していない頃の大昔へ転移させて追い払っている。それだけでなく『ドラえもんふしぎのサイエンス3』では、ドラえもんとのび太がタイムマシンに乗り込み、50億年以上先の未来へ移動している

原作者の藤子・F・不二雄は、このタイムマシンについて「ドラえもんが取り出す道具の中で一番欲しい物はタイムマシンなんですね。これはもう良いことでも悪いことでも、出来ないことはほとんどないと言って良いくらい、何でも出来る物なのですよ」と述べている(『藤子・F・不二雄の異説クラブ 完全版』第15章)。
繰り返すが、これほどまでに高性能なタイムマシンでありながら、作中では中古品の安物扱いなのである。

ただし安全面はあまり考慮されていないらしく、『ドラえもん』世界における時空間は『日本誕生』の作中で発生した「時空乱流」や、『ワンニャン時空伝』の作中で発生した「ねじれゾーン」等といった時空の乱れが度々発生しており、ドラえもん達は何度かこの乱れに遭遇して危険な目に遭っている(下記のドラミが所有するタイムマシンは安全面も万全である)。
大長編版ではこれらに対しタイムマシンで逃げ切ることしか策が無かったが、映画版ではある程度の対策がなされているらしい。
時空乱流については『新・日本誕生』にて、ドラえもんがタイムマシンのターボ装置(正式名称不明)を起動し、高速移動することで時空乱流を切り抜けている。
ねじれゾーンについては、ドラえもんがタイムマシンに搭載された「制御ボタン」を押すことで、のび太達4人に襲い掛かるねじれゾーンの影響(時空が乱れている為か、のび太達4人の年齢が若返ったり年老いたりしていた)を最小限に抑えていた。

過去改変

上記の通り、ドラえもん達はタイムマシンを使って何度も過去を変えているが、『ドラえもん』の世界では、過去を変えた際に起こり得る結果がエピソードによって複数存在する。

  • 過去が上書きされて本来の歴史は無かったことになるパターン:「無事故でけがをした話」、「サンタメール」、「一晩でカキの実がなった」、『鉄人兵団』等(この場合、タイムマシンに乗り込んだ者だけは過去が上書きされる前の記憶を保持しているが、上書きされた未来における記憶は持っていない。例外として『鉄人兵団』のみ、タイムマシンに乗り込んでいない者も過去が上書きされる前の記憶を保持している)
  • 過去を変えようとした行動及び過去で何らかの行動を取った結果が最初から歴史(正史)に組み込まれていたパターン:「プロポーズ作戦」、「ぞうとおじさん」、「バッジどろぼう」、「連想式推理虫メガネ」、『大魔境』、『魔界大冒険』、『竜の騎士』等
  • 上記2つの例が同時に描かれているパターン:「モアよドードーよ、永遠に」、「未来図書券」等
  • 過去を変えることは出来ても大まかな歴史は変わらないパターン:「ぼくを止めるのび太」、「未来の国からはるばると」(セワシは「のび太とジャイ子が結婚する未来が変わっても、他で釣り合いが取られて自分は生まれてくることになる」と発言している)等
  • 過去を変えた結果パラレルワールドに分岐してしまうパターン:『パラレル西遊記』(ただしこの作品が例外中の例外であり、その他の作品での過去改変の結果は全て上記4つのどれかとなっている)

時空間

上記の通り、タイムマシン及びそれに準ずるひみつ道具(下記の「タイムベルト」等)で時を超える際は時空間を移動するのだが、大山版と水田版では表現方法が違っている。

  • 大山版

【シュタゲ】タイムトラベラー
次元を超えるための素材


前期は暗い空間となっており搭乗シーンは使い回される事もあった。中期は若干色が明るくなり時計の模様も描かれている。後期は更に明るくなっており、時計の模様も色が付くようになった。ちなみに、その際の効果音は26年間ずっと使われてきた。

  • 水田版

ほむほむするな。
タイムマシンはどこだ?


大山版後期に近い描写だが、波立ったようなエフェクトが掛けられており、搭乗する際の効果音も時計の針を模した効果音に変わっている。

また、上記のようにタイムホールが急に開き周囲の物を吸い込んで強制的にどこかの時代へタイムスリップさせる「時空乱流」や、時空の流れが不安定な為に生物の年齢を強制的に変化させる「ねじれゾーン」等、時空間に関しての危険な要素も存在する。

亜種

  • 時空間チューリップ号
ドラミちゃんのタイムマシン


ドラミが所有しているタイムマシン。原作版及び大山版アニメでの名称は不明で、上記の名称は水田版アニメによって設定されたもの。
ドラえもんが愛用しているタイムマシンと比べて10倍の値段であり、性能も優れている(移動速度はドラえもんが所有するタイムマシンの3倍であり、内部に乗り込むタイプなので使用者や乗客の安全対策も万全である)。ちなみに乗り降り口(タイムマシンの設置場所)は自室の鏡となっている。

  • タイムマリン

タイムパトロール巡視艇


タイムパトロールが乗り込んでいるタイムマシン。

これらの他にも、時空犯罪者やイチ等、個人が所有するタイムマシンも多数存在しており、『ドラえもん』の世界では22世紀の地球に限らず、科学技術が発達した世界でもタイムマシンが乗り物として普及していることが分かる。

関連道具

ベルト型の一人用タイムマシン。
時間移動は出来るが空間移動能力を持たないという欠点を抱えている。詳しくは項目を参照。

  • 逆時計

逆時計


時間の流れを逆戻りさせる道具で、周囲の人々は時間が逆戻りする前の記憶を保持している(記憶まで逆戻りしてしまうことは無い)。
どれほどの範囲まで効果が及ぶかは不明(作中の描写を見る限り、少なくとも野比家周辺までは効果が及んでいる)だが、ドラえもんは「何もかも2時間前と同じ状態になってる」と言っていることから、全世界に効果が及ぶと考えることも出来る。

使用者がこの道具の影響を受けるかは書籍によって描写が異なっている。TC10巻収録「人間製造機」(初登場エピソード)では、使用者は道具の影響を受けていない(ドラえもんはこの道具を使用する前に怪我を負っていたのだが、ドラえもんがこの道具を使用して時間を戻した後も、彼の怪我は治っていない)。
それに対して『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』では、使用者も道具の影響を受けている(ドラ焼きを食べたドラえもんがこの道具を使用すると、ドラえもんとドラ焼きの時間が巻き戻り、ドラえもんは食べ終えたドラ焼きを喉から取り出して食べる前の状態に戻している)。

  • ふりだしにもどる

ふりだしにもどる


サイコロ型のひみつ道具。
出た目の数だけ時間を巻き戻すことが出来る。大きなサイコロと小さなサイコロの2種類があり、前者は1つの目で1時間、後者は1つの目で1分間だけ時間が巻き戻る。上記の「逆時計」とは異なり周囲の人々の記憶も巻き戻る為、使用者及び使用者の周囲にいた人物以外は時間が巻き戻ったことに一切気がつかない。

大全集3巻収録「フリダシニモドル」(初登場エピソード)では、上記の通り2つで1セットの道具として登場したが、TC23巻収録「ハッピーバースデイ・ジャイアン」では大きなサイコロのみが登場。
このエピソードでは出た目に関わらず使用者が巻き戻したいと思った「日数」だけ時間が巻き戻る効果となっていた(実際に作中のドラえもんはふりだしにもどるを転がしながら「この道具で時間を3日前まで戻す」と言っており、その後もふりだしにもどるが3の目を出した描写は無い)。
2011年版「ぼくを止めるのび太」では、「タイムマシン」で過去を弄った結果さえリセットして無かったことに出来るオプション機能が追加されていた。

  • タイムワープリール
釣り竿のリール型のひみつ道具。
このリールを回すと、ワープの要領で時間を短縮して未来へ行くことが出来る。しかし「タイムマシン」や「タイムベルト」等とは違い、この道具による時間移動は実際に時間を経過させるという形で行われている。その為、1度の使用で多くの時間を短縮すると、その分だけ時間が経過してしまい、身体も成長することとなる。

また、時間を短縮したとしても上記の通り実際には時間が経過している為、使用者は時間短縮中、この道具を使用しなかったことを前提とした行動を取っている。作中では、家まで歩いて帰るのが面倒だと思ったのび太がこの道具で時間を短縮して「もう家に着いた。これは楽でいいや」と言っているが、それに対しドラえもんは「勘違いしちゃいけない。僕らはちゃんと家まで歩いたんだ。ただ、その間の時間がカットされただけに過ぎない」と言っている。
例えばジャイアンに追いかけられている時に、この道具を使用してジャイアンから逃げようとしても、単に殴られている間の時間を短縮するだけに過ぎない為、短縮終了直後に身体が傷だらけの状態となってしまう(ただし殴られている間の苦痛は体験せずに済む)。

ドラえもん曰く「この道具の使用で失われた時間は元に戻せない」とのことで、水田版アニメ「誕生日は計画的に」では、逆回転させようとしてもリールが動かない場面が描かれている。
他作品のアイテムで例えるなら、未来にしか跳躍することが出来ないタイムリープマシンと言える。
作中ではのび太が一気に10年以上時間を短縮させたせいで大人に成長してしまった。先程まで子供だったのび太は、目の前に大人のしずかや息子のノビスケが現れてパニックに陥っていた。

短縮させた時間の中で起こった出来事を使用者が記憶しているか(思い出すことが出来るか)は不明。TC45巻収録「タイムワープリール」(初登場エピソード)では、大人になってしまったのび太が終始慌てているだけだったが、上記の「誕生日は計画的に」では、大人になってしまったのび太は子供時代に両親から貰ったプレゼントを見て「パパとママがこれをプレゼントしてくれたお陰で僕は…!」と言っている。
その為、水田版アニメにおけるタイムワープリールは、短縮させた間に起こった出来事を覚えている(思い出せる)と考えることが出来る。

無茶な使い方をする等でタイムワープリールが壊れてしまった場合、これまで経過させた時間が全てリセットされ、使用前の時間に戻ることが出来る

  • スピードどけい

スピード時計


この時計の針を回すと、周囲の時間を瞬時に経過させることが出来る。針を1回転させると1日進み、回せば回すほど凄まじいスピードで時間が過ぎ去っていく。その際は太陽も目まぐるしい速度で動いていく。

上記の「タイムワープリール」とは違い、こちらは使用者の状況が強制的に変わることは無い(例えば時間を1日分進めても、使用者が立っている場所や、使用者の現在の状況等は変化しない)。しかし時間は経過している為、動物や植物は時間を進めた分だけ成長し(作中ではジャイアンがのび太に「あさがおを早く咲かせろ」と言ってきた為、のび太はこの道具で時間を進めてあさがおを瞬時に咲かせようとした)、天気等も変化する(作中ではのび太としずかがプールに行こうとしたが雨が降って来てしまい、天気予報を見たしずかが「雨は明日まで止まない」と言った為、のび太がこの道具で時間を1日進めると雨が止んで晴れていた)。

また、針を逆回転させると時間を戻すことが出来る。作中ではのび太が「時間を進め過ぎて夏休みがあっという間に終わっちゃった!」と慌てた為、ドラえもんが「それじゃ元へ戻してあげよう」と言いながら、この道具を使用して夏休みが始まる前まで時間を戻していた。そして上記の「ふりだしにもどる」と同様に、こちらも時間を戻した場合は周囲の人々の記憶も巻き戻る

『ドラえもん道具カタログ』にて、この道具は小型の携帯用タイムマシンであり、1日単位(針1回転分)で過去へも未来へも行くことが出来ると解説されている。すなわち、初登場時のふりだしにもどるとは違い、こちらは針を逆回転させ続ければ好きなだけ時間を戻すことが可能

  • タイム・ルーム
部屋を丸ごとタイムスリップさせることが出来る道具。

  • 時空間とりかえ機
専用のチョークで囲った部分の空間を過去や未来と入れ替えることが出来る道具。また、作中の描写を見る限り、この道具は上記の「タイムマシン」や「タイムベルト」とは違い、時空間の移動を行わず瞬時に過去や未来と繋げている

  • 時空間いれかえ機
水田版アニメオリジナルひみつ道具。上記の「時空間とりかえ機」の完全上位互換
専用のペンキで入れ替えたい場所を囲み、装置を起動させると、時間と空間の両方を同時に入れ替えることが出来る。
時空間とりかえ機と「空間いれかえ機」(専用のチョークで囲った部分の空間を他の場所と入れ替えることが出来るひみつ道具)を掛け合わせた道具と言える。

  • いつでもポスター
行きたい時代をポスターに書き込み、壁等に貼り付けるとその時代へ繋がるドアに変化する。
また、こちらも「時空間とりかえ機」と同様に、時空間の移動を行わず瞬時に異なる時代へ繋げている

魂だけをタイムスリップさせて過去の自分の身体に憑依させることが出来る道具。詳しくは項目を参照。

現在の記憶や知力、体力を保持したまま過去へ戻り、人生を新しくやり直すことが出来る道具。詳しくは項目を参照。

関連イラスト

Happy Birthdayドラえもん!
令和描き初め



関連タグ

ドラえもん ひみつ道具 ドラえもん(キャラクター)
タイムマシン タイムトラベル 歴史改変 タイムパラドックス

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムマシン(ドラえもん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22642

コメント