ピクシブ百科事典

テキオー灯

てきおーとう

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。大長編及び映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』にて初登場。
光線銃型のひみつ道具で、この道具から照射される光を浴びると、超高温及び超低温の場所、真空の宇宙空間、高水圧の深海、重力及び気圧が地球と著しく異なる場所等、どれほど過酷な環境でも生身のまま問題無く活動することが出来るようになる。効き目は24時間。

ドラえもん曰く、22世紀になると人間は様々な場所へ出かけるようになり、その際どんな場所でも活動出来るようにする為、22世紀最新の科学技術で生み出された道具であるらしい。
また、藤子・F・不二雄自身は、海底での冒険を描きたいと思っていたが暗黒で高水圧という過酷な世界を描く気にはなれず、海底でもいつも通り明るい冒険を描きたいという発想がテキオー灯のヒントになったと述べている。

作中ではドラえもん達が海底へキャンプに行く際、のび太達4人が海底でも生活出来るようにする為、ドラえもんが使用。光を浴びたのび太達は、水中バギーで海の中に潜った後も「海の上と全然変わりない」と述べている(ちなみにドラえもんはテキオー灯を使用しないまま暗黒かつ高水圧の深海底で行動している)。
また、深海底で活動する場合、本来ならば深く潜れば潜るほど海の上からの光が届かなくなり、周囲が徐々に暗くなっていく。しかしテキオー灯を浴びていれば、例え1万メートル潜ったとしても周囲が明るく感じる。

光を浴びるだけであらゆる環境に適応することが出来る為、テキオー灯は下記に掲載した道具の完全上位互換と言える(宇宙カプセルは除く)。しかし上記の通り24時間しか効果が持続せず、有効時間が少なくなった場合は徐々に効果が薄れてゆく。作中でも、テキオー灯の効果が切れかかっていると知らずに、ドラえもん達と離れて単独行動しようとしたジャイアンスネ夫溺死寸前まで追い詰められていた
また、完全無敵になれるという訳では無く、他者からの攻撃や物理的衝撃は防ぐことが出来ない(作中ではテキオー灯を浴びたのび太達がエルの放った光線を受けて気絶しており、触れただけで大爆発を起こすバミューダトライアングルのバリヤーには効果が無いと明言されている)。

上記の通り非常に高性能な為か、『海底鬼岩城』だけでなく『ブリキの迷宮』、『ねじ巻き都市冒険記』、『人魚大海戦』、『月面探査記』等でも再登場を果たしている。
また、学習漫画『ドラえもん 宇宙大探検』でも登場しており、その際はこの道具の光を浴びていれば太陽の至近距離まで近づいても平気という凄まじい性能を発揮していた(更に凄いのは『海底鬼岩城』同様、ドラえもんはテキオー灯を使用しないまま太陽の至近距離まで近づいても平然としていたことだが)。

関連道具

  • 食用宇宙服

宇宙食型のひみつ道具。別名「内用宇宙服」。
これを食べると体内で酸素が作られ、身体の表面に透明な膜が出来る為、宇宙服を着ているのと同じ状態となり、そのまま宇宙空間で活動出来るようになる。

  • エラチューブ&深海クリーム
前者は小さなチューブ型のひみつ道具。
鼻に詰めると水中でも呼吸することが出来るようになる。
後者はクリーム型のひみつ道具。
身体に塗ると物凄い水圧と低温から身体を守ることが出来る。

  • 宇宙クリーム&酸素ボンベ
深海クリーム&エラチューブとほぼ同じ外観のひみつ道具。
前者は身体に塗ると宇宙服を着ているのと同じ状態となる。
後者は鼻に詰めておくと宇宙空間でも6時間だけ呼吸することが出来る。
大長編及び映画『宇宙漂流記』では改良版として「宇宙クリームスプレータイプ」が登場。
大長編(漫画)版では上記の酸素ボンベも併用していたが、映画版ではスプレーさえ吹き付ければ酸素ボンベ無しで呼吸することが出来る仕様となっていた。

  • 宇宙カプセル
カプセル型のひみつ道具。
テキオー灯の錠剤バージョンと言える道具で、これを飲むとどんな環境の場所でも快適に過ごすことが出来るようになる。
それに加えて、1分間の睡眠で1時間の睡眠と同じ回復効果を得られるという追加効果もあり、『銀河超特急』での描写を見る限り、最低でも数日間は効果が持続している
これだけ聞けばテキオー灯の上位互換と考えられなくもないが、テキオー灯は24時間しか効果が持続しない代わりに道具が故障しない限り何度でも使用出来る。それに対し宇宙カプセルは、持続時間及び追加効果こそテキオー灯の上位互換であるもののカプセルという消耗品なのでいずれは無くなってしまう
その為、回数無制限のテキオー灯と、持続時間が長く追加効果がある宇宙カプセルは、それぞれが双方に無い利点を持っていると言えるだろう。

  • エアコンスーツ

一世紀


服型のひみつ道具。「原始生活セット」の一部。
この服を着ると、身体の周りの空気を温めたり冷やしたりすることで、常に快適な温度に自動調整することが出来る。
ただし氷点下50度以下のような環境では、流石にこの道具でも寒さを緩和し切れない。

  • 極地探検スーツ

❄❄❄


服型のひみつ道具。
この服を着ると、南極のような寒い場所(氷点下40度以下の場所)でも快適に過ごすことが出来る。更に、氷の上でも滑らずに歩くことが可能。

  • 探検隊セット

どんな冒険が_


服型のひみつ道具。
防水、防風、防寒全てに対応しており、この服を着ていると様々な環境変化から身体を守ることが出来る。それだけでなく、現代とは酸素濃度や気温が異なる時代でも問題無く活動可能。
ただし作中ではこの道具を着用しているにも関わらず、暑さに耐えられなかったり溺れてしまっている。

  • 酸素フィルター
同作者が描いた漫画作品『みきおとミキオ』に登場したアイテム。
効果は上記の酸素ボンベとほぼ同じ。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テキオー灯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント