ピクシブ百科事典

地球破壊爆弾

ちきゅうはかいばくだん

地球破壊爆弾とは、ドラえもんの主武裝の一種。

概要

地球破壊爆弾は、「ネズミとばくだん」(てんとう虫コミックス7巻に収録)で登場したひみつ道具
家にネズミが出てパニックになったドラえもんが、ネズミを退治するために出したもの。
のび太と母玉子が「ネズミは驚いて逃げていった」とドラえもんを誤魔化して安心させ、そのまま使用されなかったため、名前の通り本当に地球を破壊する威力があったかどうかは不明。
しかし、わさドラ版「未来世界の怪人」には「超高性能爆弾」という道具が登場する。
見た目は赤いスイッチが付いた黒い小さな球体だが、地球上で爆発すれば地球そのものが吹き飛ぶ程の威力を持つという物騒過ぎる道具である。
これだけでは「地球破壊爆弾の姉妹品じゃないの?」としか思わないだろう。しかしこれの恐ろしいところは威力そのものではなく、アニメ作中で、地球破壊爆弾と同等の効果を持つひみつ道具を登場させ、しかも未来のニュース速報で効果が明確に説明され、時間犯罪者がこれを盗んで過去の時代に逃走したという事実である。この道具の登場により、地球破壊爆弾が文字通り地球を吹っ飛ばす威力を持つという説明に説得力を持たせてしまった。
ちなみに超高性能爆弾は、彗星などの大型天体が地球に衝突しそうになった場合に備えて開発された道具とのこと。
また、あまり知られていないが、その後、別のエピソードで、ドラえもんが好きになったネコに恋敵がいることを知った際に、嫉妬に狂ってやはりこの爆弾を取り出しかける(というか取り出してる)描写が存在する。

空想科学読本によると「大きさから地球を破壊するほどの威力はない」とのことだが、そもそもスモールライトがあるんだから大きさは何のあてにもならない……と言われるが、『のび太の宇宙小戦争』が成立しているのでそれはない(その理論ならそもそも最初からPCIAなど一捻りにしている)。
あるいは反物質爆弾の一種で、自身の爆発力だけではなく周囲の物質そのものを破壊する反応を連鎖的に広げていく代物なのかもしれない。

「この一撃で・・・決めるッ!」



連載当初は「原子爆弾」という名前だったが、あまりにも不謹慎だったため、単行本収録時に現在の名前に改められた。原子核と電子の構造を表す絵が描かれているのはその名残だ。
無論、現実の原子爆弾が大量虐殺に使われたことを考えれば不謹慎だから修正というのは納得はできるが、ネーミングの物騒さでいえば「地球破壊爆弾」の方が上回ってはいるだろう。

※基本的にドラえもんのひみつ道具は、「未来デパート」から購入している商品で、つまり未来の世界では大量生産されている。
原作では同時に戦車を吹っ飛ばす威力の「ジャンボガン」、ビルも溶解する「熱線銃」も登場している。
お小遣い程度で地球を破壊できる兵器が買えるデパートって一体……

関連タグ

表記ゆれ:地球はかいばくだん
ドラえもん 爆弾 ひみつ道具
地球終了のお知らせ

pixivに投稿された作品 pixivで「地球破壊爆弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285768

コメント