ピクシブ百科事典

ひみつ道具

ひみつどうぐ

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』の主人公・ドラえもんが取り出す道具。22世紀の科学技術を利用して作られている。
目次[非表示]

概要

ひみつ道具(「ひみつ」はひらがな)とは、藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場する、22世紀の技術で作られた凄い、あるいは少し不思議な機能を備えた道具のこと。
主人公・ドラえもんが「四次元ポケット」から取り出す(例外もある)。一まとめに道具と言うが、動植物薬品装置乗り物等もある。これらの道具の不思議な効果、及びそれによってもたらされる騒動は、『ドラえもん』という漫画の大きな要素である。サブタイトルに記載される道具の初登場エピソード等が、物語の大きな軸となっている。
以下、ひみつ道具の設定及び描写等について記述する。原作版と派生作品の設定を分けて記述するのが難しい為、便宜上どちらも同じ項目に織り交ぜて記述する。

基本的には未来デパートから購入するものである。ドラえもんが所持しているひみつ道具のバリエーションは豊富だが、中には使用制限がある使い捨ての道具もあるとのこと(TC45巻収録「四次元くずかご」ではドラえもんが「使い捨ての道具の方が安く買える」と明言している一方、TC41巻収録「無人島の大怪物」ではドラえもんが「〈簡単に故障するような〉安っぽい道具は持っていない」と発言している)。これは道具を購入する際、のび太のママから貰う小遣いやお年玉でやりくりしている為である(TC22巻収録「税金鳥」では、のび太の小遣いが毎月500円〈2021年版「上げ下げくり」では1000円〉であることが明言されており、TC9巻収録「無人島の作り方」及びTC15巻収録「ポータブル国会」では、ドラえもんも小遣いやお年玉を貰っている)。

また、それだけでは足りないと思った時は未来へアルバイトしに行くこともある(藤子・F・不二雄大全集2巻収録「宝さがし」、水田わさび版アニメオリジナルエピソード「空想動物サファリパークと約束の笛」)。それでもお金が足りない時はバーゲンセールで道具が安く販売されている時を狙ったり(『鉄人兵団』)、ローンを組んで購入することもあり(TC19巻収録「天井うらの宇宙戦争」、『夢幻三剣士』)、代金を支払う為のカードも所持している(TC45巻収録「ガラパ星からきた男」)。

「たったそれだけの収入でひみつ道具を購入出来るのか?」と思うかもしれないが、TC3巻収録「ボーナス1024倍」では、のび太のパパが持ち帰ったボーナス(札束)を銀行に100年間預金し、ドラえもんが「タイムマシン」で100年後に行って預金を引き出したら、ボーナス(札束)がリュックに入れて背負わなければ持ち歩けないほどの量に増えていた。
しかしこのお札は当然ながら未来のお金なので、このままでは現代で使用することが出来ない。そこで現代(20世紀~21世紀)のお札を買ったのだが、その際ドラえもんが「古銭が凄く値上がりしててね。(のび太君がパパのボーナスを増やした分で買いたいとねだっていた)自転車1台分やっと儲かった」と言っている。このことから、現代のお金は22世紀では価値が飛躍的に上昇していることが分かる。

故にママから貰える小遣いやアルバイトで稼いだお金で、ドラえもんは様々な道具を購入することが出来るのだ。ただし、ドラミが所持している道具と性能差が開く事もしばしばある(タイムマシン等)。レンタル品も多いらしく(TC34巻収録「「時」はゴウゴウと流れる」では、のび太から「時門」を貸して欲しいとねだられたドラえもんは「借りてた会社へ返したよ」と発言している。また『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』では、原作者である藤子・F・不二雄が「ドラえもんが持つひみつ道具は3分の2がレンタル」と説明している)、上記の使い捨ての道具についてを考慮すると、ドラえもんはいつでも全ての道具を所持している訳ではないことが分かる。

一方でTC18巻収録「百苦タイマー」では大量のひみつ道具を点検していたり(ドラえもん曰く「百か月ごとに全ての道具を点検しなければならない」とのこと)、TC17巻収録「大むかし漂流記」ではドラえもんが「ポケットの中の道具の半分近くを修理に出した」と言っていたり、『緑の巨人伝』ではドラえもんが大量のひみつ道具を修理に出していたり、カラー作品集2巻収録「いねむりシール」でもドラえもんが自ら道具の点検・手入れをしていたり、TC32巻収録「巨大スクリーンの中へ」及び「超リアル・ジオラマ作戦」ではドラえもんが「超巨大スクリーン立体テレビ」や「実物大プラモ」を購入したと明言している等、彼が正式に購入し、修理や手入れを行うことで繰り返し長く使用することを前提とした道具も数多く持っていることが分かる。
また、ドラえもんが持つひみつ道具は全てが安物という訳ではなく、上記の「実物大プラモ」や「ホンワカキャップ」、「デンコーセッカ」、「ききがきタイプライター」(の付属品である「マイク」)等、高額だと明言されているひみつ道具も存在する

それだけでなく、ドラえもんが全てのひみつ道具を所持していることが前提になっているエピソードも存在する
TC26巻収録「魔女っ子しずちゃん」では、人助けをしたいと考えたしずかの為に、ドラえもんが四次元ポケットを彼女に貸した際、しずかは「これがあれば、何でも出来るわ」と述べている。その後も目当ての道具が故障中だったり、ポケットの中に見当たらないということはなく、しずかはその場に適した様々な道具を取り出して数多くの人々を助けている。
また、TC37巻収録「なんでもひきうけ会社」では、のび太が「スペアポケット」を押し入れから取り出した際、彼は「(これがあれば)何でも出せるんだ」と説明している。その後も目当ての道具が故障中だったり、ポケットの中に見当たらないということはなく、のび太はその場に適した様々な道具を取り出して使用している。
漫画版『ひみつ道具博物館』でも、のび太が「ひみつ道具博物館に展示されている道具のほとんどがドラえもんのポケットに入っている」と述べており、それを聞いたドラえもんは特に否定することもなく「まあね。大抵の物は…」と述べている。

上記の通り、ドラえもんは度々ひみつ道具を修理に出しているが、耐久性は道具によってばらつきがある。「いやな目メーター」や「タンマウォッチ」等のように壊れやすい道具もあれば、「どこでもドア」等のように作品によって頑丈さが異なる道具もあり、「デンデンハウス」や「安全カバー」等のように頑丈だと明言されている道具も存在する。それだけでなく10年間野晒しの状態でも問題なく機能した「SOS発信機」や、作り出した地下室が6500万年以上残っていた「ポップ地下室」、1億年以上野晒しにされた状態でも問題なく機能する「飼育用ジオラマセット」等、凄まじい耐久性を発揮している道具も存在する。

原作版(短編・大長編)で登場した道具は1600個以上(複数個でセットのものや名称不明のもの等もある為、数え方にもよる。また、「自動コジ機」や「スカートめくり用マジックハンド」等、書籍によっては収録が抜けていたり名称が変わっているひみつ道具も存在している)。
他に派生作品やアニメ・映画版で登場した道具もあり、アニメ(第1期・第2期)に登場したものを含めると総数2300個を超える。アニメオリジナルひみつ道具の中には、視聴者やスタッフが考えたひみつ道具も存在している(「わがまま時計」、「あの人は居間」、「アセッカキン」等)。

鉄腕アトム』等に登場するロボットや装置と比べると子供の夢をストレートに実現したものが多く、原子爆弾は一先ず置いておくとして、他人の心や行動を支配してしまえたり社会制度を無視変更出来る道具等、倫理的に問題がありすぎる道具が数多く存在し、作中でも非常に危険と明言されている道具も存在する。
また、ドラえもんは未来の気象庁専用の道具と記載及び明言されている「天気決定表」さえ所持しており、「22世紀では一般的な子守用ネコ型ロボットである筈のドラえもんが何故そのような道具を持っているのか」というツッコミどころ満載なものもある。

他にも新たな宇宙や世界を創造出来る道具死者蘇生さえ可能にしてしまう道具品物を無限に複製出来る道具欲しい物を無料かつ無限に入手出来る道具次元を超えて異世界へ行くことが出来る道具も存在し、挙句の果てには全知全能の力を行使出来る道具さえ存在する。また、これほど強力な道具を子供の小遣い程度の値段で購入することが出来る上に、上記の通り未来デパートで販売されていることから、日常品として一般家庭に普及している

原作版では、ひみつ道具がどのように開発されているかについて説明及び描写されたことはない。参考として『最新ドラえもんひみつ百科1』では、ひみつ道具は22世紀の未来工場・飛行島で開発されており、飛行島の中は超空間になっている為非常に広く、ここで様々なひみつ道具を研究・開発し、その後は未来デパートで販売されると解説されている。

入りこみ鏡」や「雲かためガス」等、これらの道具によって実現する現象がどのような技術及び理屈なのかをのび太が質問したこともあるが、ドラえもんはその度に「詳しく話せば長くなる」と述べている(TC33巻収録「鏡の中の世界」、『雲の王国』等)。

空気砲」や「ショックガン」等、ひみつ道具には兵器が非常に多い(場合によっては、それらの道具が大長編映画版等に登場する悪役に対抗する為の手段として活躍することもある)。

どくさいスイッチ」等、何かしらに改変をもたらすひみつ道具については、持ち主や使用者(専らドラえもんのび太)、その場に居合わせた人達には効果があらわれていないことも多い(使用者が明確に持ち主に効果が及ぶよう使用することもあるが、その場合は持ち主は道具の影響を受けていると自覚していることが多い)。

宇宙小戦争』では、ドラえもんが「効き目が永久に続く薬なんてあるか!何にだって有効期限はあるんだ!」と発言しているが、実際には「細胞縮小き」(TC2巻収録「恐竜ハンター」では、のび太がこの道具を使用して恐竜を小さくし過ぎてしまった際、ドラえもんは元に戻せない〈=永遠に小さい状態のまま〉と明言している)、「ビッグライト」(TC22巻収録「デビルカード」では、ドラえもんがこの道具を使用してのび太の身長が縮み続けてしまう危機を回避しており、その後のエピソードでものび太の身長が縮む描写はない)、「原料ライト」(TCプラス3巻収録「ドラえもんがいなくてもだいじょうぶ!?」では、10年以上効き目が持続している)、「国際保護動物スプレー」(TC27巻収録「のび太は世界にただ一匹」では、ドラえもんが「このガスを吹き付けられた動物は、国際保護ガス〈の臭い〉が身体に染みつくから、敵に襲われることもなく安心して生きていける」と説明している)、「日光ゴケ」(『竜の騎士』では、6500万年以上効果が持続している)、「バイバイン」(映画版『新魔界大冒険』及び映画版『宇宙英雄記』では、現在も栗まんじゅうが宇宙空間で増殖し続ける様子が描かれている)、「飼育用ジオラマセット」(『新恐竜』では、上記の通り1億年以上機能し続けている)等、効果が長期間持続している(あるいは効果が長期間続くことが前提になっている)ひみつ道具も存在する。

ちなみにタイムマシン等のひみつ道具を使用して金儲けをすることは法律で禁じられており(TC5巻収録「宝くじ大当たり」では、ドラえもんが「タイムマシンを金儲けに使ってはいけない。法律で決まっている」と説明している)、もし破れば罰金刑になってしまう(上記の「なんでもひきうけ会社」では、ドラえもんが「〈ひみつ道具で〉金儲けしたら莫大な罰金を取られるんだぞ!」と発言している。大山のぶ代版アニメ「なんでも引き受け会社」では、罰金刑ではなく「ドラえもんが22世紀へ強制送還されてしまう」と説明されている)。
しかしドラえもんやのび太はひみつ道具を使用して何度か金儲けを企んでいる(TC10巻「夜を売ります」、TC33巻収録「地底のドライ・ライト」、TC39巻収録「厚みぬきとりバリ」等。ただし金儲けは成功した場合も稼ぎは大したことはなく、大半は失敗している)。

それだけでなく、上記の通りひみつ道具による金儲けは禁止されており、TC4巻収録「してない貯金を使う法」ではドラえもんが「お金を勝手に作る道具はないし、そんなことをしたら(未来の世界でも)犯罪だ」と説明している。しかし、ひみつ道具の中には金を無限に増やし続けることが出来る道具が存在しており、こちらはドラえもんが普通に取り出して使用している。

記事が存在するひみつ道具一覧


関連イラスト

ひみつ道具
そのポケットで 叶えさせてね


あれでもないこれでもない
ドラ誕


ゲートオブバビロン
You have infinite potential


♪いつまでも輝く夢
道具とは思えぬほど愛らしいひみつ道具達



関連タグ

ドラえもん ドラえもん(キャラクター) 『ドラえもん』ひみつ道具一覧
のび太のひみつ道具博物館

秘密道具:表記ゆれ

関連記事

親記事

ドラえもん どらえもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ひみつ道具」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ひみつ道具」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 901862

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました