ピクシブ百科事典

ひみつ道具

ひみつどうぐ

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』の主人公・ドラえもんが取り出す道具。22世紀の科学技術を利用して作られている。
目次[非表示]

概要

ひみつ道具(「ひみつ」はひらがな)とは、藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場する、22世紀の技術で作られた凄い、あるいは少し不思議な機能を備えた道具のこと。
主人公・ドラえもんが「四次元ポケット」から取り出す(例外もある)。一まとめに道具と言うが、動植物薬品装置乗り物等もある。これらの道具の不思議な効果、及びそれによってもたらされる騒動は、『ドラえもん』という漫画の大きな要素である。サブタイトルに記載される道具の初登場エピソード等が、物語の大きな軸となっている。
以下、ひみつ道具の設定及び描写等について記述する。原作版と派生作品の設定を分けて記述するのが難しい為、便宜上どちらも同じ項目に織り交ぜて記述する。

基本的には未来デパートから購入するものである。ドラえもんが所持しているひみつ道具のバリエーションは豊富だが、その多くは使用制限がある使い捨ての道具が多いとのこと(TC45巻収録「四次元くずかご」にて、ドラえもんが「使い捨ての道具の方が安く買える」と明言している)。これは道具を購入する際、のび太のママから貰う小遣いやお年玉でやりくりしている為である(TC22巻収録「税金鳥」では、のび太の小遣いが毎月500円であることが明言されており、TC9巻収録「無人島の作り方」及びTC15巻収録「ポータブル国会」では、ドラえもんも小遣いやお年玉を貰っている)。

また、それだけでは足りないと思った時は未来へアルバイトしに行くこともある(藤子・F・不二雄大全集2巻収録「宝さがし」、水田わさび版アニメオリジナルエピソード「空想動物サファリパークと約束の笛」)。それでもお金が足りない時はバーゲンセールで道具が安く販売されている時を狙ったり(『鉄人兵団』)、ローンを組んで購入することもあり(TC19巻収録「天井うらの宇宙戦争」、『夢幻三剣士』)、代金を支払う為のカードも所持している(TC45巻収録「ガラパ星からきた男」)。

「たったそれだけの収入でひみつ道具を購入出来るのか?」と思うかもしれないが、TC3巻収録「ボーナス1024倍」では、のび太のパパが持ち帰ったボーナス(札束)を銀行に100年間預金し、ドラえもんが「タイムマシン」で100年後に行って預金を引き出したら、ボーナス(札束)がリュックに入れて背負わなければ持ち歩けないほどの量に増えていた。
しかしこのお札は当然ながら未来のお金なので、このままでは現代で使用することが出来ない。そこで現代(20世紀~21世紀)のお札を買ったのだが、その際ドラえもんが「古銭が凄く値上がりしててね。(のび太君がパパのボーナスを増やした分で買いたいとねだっていた)自転車1台分やっと儲かった」と言っている。このことから、現代のお金は22世紀では価値が飛躍的に上昇していることが分かる。

それだけでなく、かつてはお年玉を50円しか貰えなかった(TC1巻収録「未来の国からはるばると」)セワシも「タケコプター」等のひみつ道具を普通に所持している(TC1巻収録「ドラえもんの大予言」等)ことから、価値が高騰した現代のお金を使用するまでもなく、22世紀ではひみつ道具が非常に安価で販売されていることが分かる。

故にママから貰える小遣いやアルバイトで稼いだお金で、ドラえもんは様々な道具を購入することが出来るようだ。ただし、ドラミが所持している道具と性能差が開く事もしばしばある(タイムマシン等)。レンタル品も多いらしく(TC34巻収録「「時」はゴウゴウと流れる」では、のび太から「時門」を貸して欲しいとねだられたドラえもんは「借りてた会社へ返したよ」と発言している。また『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』では、原作者である藤子・F・不二雄が「ドラえもんが持つひみつ道具は3分の2がレンタル」と説明している)、上記の使い捨ての道具についてを考慮すると、ドラえもんはいつでも全ての道具を所持している訳ではないことが分かる。

一方でTC18巻収録「百苦タイマー」では大量のひみつ道具を点検していたり(ドラえもん曰く「百か月ごとに全ての道具を点検しなければならない」とのこと)、TC17巻収録「大むかし漂流記」ではドラえもんが「ポケットの中の道具の半分近くを修理に出した」と言っていたり、『緑の巨人伝』ではドラえもんが大量のひみつ道具を修理に出していたり、カラー作品集2巻収録「いねむりシール」でもドラえもんが自ら道具の点検・手入れをしていたり、TC32巻収録「巨大スクリーンの中へ」及び「超リアル・ジオラマ作戦」ではドラえもんが「超巨大スクリーン立体テレビ」や「実物大プラモ」を購入したと明言している等、彼が正式に購入し、修理や手入れを行うことで繰り返し長く使用することを前提とした道具も数多く持っていることが分かる。
また、ドラえもんが持つひみつ道具は全てが安物という訳ではなく、上記の「実物大プラモ」や「ホンワカキャップ」、「デンコーセッカ」等、高額だと明言されているひみつ道具も存在する

それだけでなく、ドラえもんが全てのひみつ道具を所持していることが前提になっているエピソードも存在する。TC37巻収録「なんでもひきうけ会社」では、のび太が「スペアポケット」を押し入れから取り出した時に「(これがあれば)何でも出せるんだ」と説明しており、作中では目当ての道具が故障中だったり、ポケットの中に見当たらないということはなく、のび太はその場に適した様々な道具を取り出して使用している。
また、漫画版『ひみつ道具博物館』でも、のび太が「ひみつ道具博物館に展示されている道具のほとんどがドラえもんのポケットに入っている」と述べており、それを聞いたドラえもんは特に否定することもなく「まあね。大抵の物は…」と述べている。

上記の通り、ドラえもんは度々ひみつ道具を修理に出しているが、耐久性は道具によってばらつきがある。「いやな目メーター」や「タンマウォッチ」等のように壊れやすい道具もあれば、「どこでもドア」等のように作品によって頑丈さが異なる道具もあり、「デンデンハウス」や「安全カバー」等のように頑丈だと明言されている道具も存在する。それだけでなく「飼育用ジオラマセット」のように、1億年以上野晒しにされた状態でも問題無く機能するほどの耐久性を発揮している道具も存在する。

原作版(短編・大長編)で登場した道具は1600個以上(複数個でセットのものや名称不明のもの等もあるため数え方にもよる。また、「自動コジ機」や「スカートめくり用マジックハンド」等、書籍によっては収録が抜けていたり名称が変わっているひみつ道具も存在している)。
他に派生作品やアニメ・映画版で登場した道具もあり、アニメ(第1期・第2期)に登場したものを含めると総数2300個を超える。アニメオリジナルひみつ道具の中には、視聴者やスタッフが考えたひみつ道具も存在している(「わがまま時計」、「あの人は居間」、「アセッカキン」等)。

鉄腕アトム』等に登場するロボットや装置と比べると子供の夢をストレートに実現したものが多く、原子爆弾は一先ず置いておくとして、他人の心や行動を支配してしまえたり社会制度を無視変更出来る道具等、倫理的に問題がありすぎる道具が数多く存在し、作中でも非常に危険と明言されている道具も存在する。
また、ドラえもんは未来の気象庁専用の道具と記載及び明言されている「天気決定表」さえ所持しており、「22世紀では一般的な子守用ネコ型ロボットである筈のドラえもんが何故そのような道具を持っているのか」というツッコミどころ満載なものもある。

他にも新たな宇宙や世界を創造出来る道具死者蘇生さえ可能にしてしまう道具品物を無限に複製出来る道具欲しい物を無料かつ無限に入手出来る道具次元を超えて異世界へ行くことが出来る道具も存在し、挙句の果ては全知全能の力を行使出来る道具も数多く存在する。何より恐ろしいのは、これほど強力な道具を子供の小遣い程度の金額で購入することが出来る上に、日常品として一般家庭に普及しているという事実である。22世紀はどういう社会なのやら……。

原作版では、ひみつ道具がどのように開発されているかについて説明及び描写されたことはない。参考として『ドラえもん最新ひみつ百科1』では、ひみつ道具は22世紀の未来工場・飛行島で開発されており、飛行島の中は超空間になっている為非常に広く、ここで様々なひみつ道具を研究・開発し、その後は未来デパートで販売されると解説されている。

入りこみ鏡」や「雲かためガス」等、これらの道具によって実現する現象がどのような技術及び理屈なのかをのび太が質問したこともあるが、ドラえもんはその度に「詳しく話せば長くなる」と述べている(TC33巻収録「鏡の中の世界」、『雲の王国』等)。

それにしても「空気砲」や「ショックガン」に「熱線銃」等、ひみつ道具にはやたら兵器が多いのはどういうことだろうか(場合によっては、それらの道具が大長編映画版等に登場する悪役に対抗する為の手段として活躍することもあるが)。

どくさいスイッチ」等、何かしらに改変をもたらすひみつ道具については、持ち主や使用者(専らドラえもんのび太)、その場に居合わせた人達には効果が表れていないことも多い(使用者が明確に持ち主に効果が及ぶよう使用することもあるが、その場合は持ち主は道具の影響を受けていると自覚していることが多い)。

ちなみに過去(20世紀~21世紀)の世界でひみつ道具を使用して金儲けをすることは、法律で禁じられているらしい(TC5巻収録「宝くじ大当たり」では、ドラえもんが「タイムマシンを金儲けに使ってはいけない。法律で決まっている」と説明している)。もし破れば処罰の対象になり、莫大な罰金を取られてしまう(上記の「なんでもひきうけ会社」。大山のぶ代版アニメ「なんでも引き受け会社」では、罰金刑ではなく「ドラえもんが22世紀へ強制送還されてしまう」と説明されている)。
しかしドラえもんやのび太はひみつ道具を使用して何度か金儲けを企んでいる(TC10巻「夜を売ります」、TC33巻収録「地底のドライ・ライト」、TC39巻収録「厚みぬきとりバリ」等。ただし金儲けは成功した場合も稼ぎは大したことはなく、大半は失敗している)。

それだけでなく、上記の通りひみつ道具による金儲けは禁止されており、TC4巻収録「してない貯金を使う法」ではドラえもんが「お金を勝手に作る道具は無いし、そんなことをしたら(未来の世界でも)犯罪だ」と説明している。しかし、ひみつ道具の中には金を無限に増やし続けることが出来る道具が存在しており、こちらはドラえもんが普通に取り出して使用している。

上記の通りひみつ道具は22世紀において未来デパートで販売されており、子供の小遣い程度で買える物も多く一般的に普及している。しかしアニメ版(特にオリジナルエピソード)では、22世紀やそれ以降の時代に住んでいるにも関わらず、ひみつ道具の存在を知らないかのような態度を取る人間やロボットが登場することもある。

関連イラスト

ひみつ道具
あれでもないこれでもない


ゲートオブバビロン
You have infinite potential


♪いつまでも輝く夢
道具とは思えぬほど愛らしいひみつ道具達



関連タグ

ドラえもん ドラえもん(キャラクター) 『ドラえもん』ひみつ道具一覧
のび太のひみつ道具博物館

チートアイテム:上記の通り非常に強力な効果を持つ道具が多い為、こう呼ばれることもある。詳しくは項目を参照。

秘密道具:表記ゆれ

記事が存在するひみつ道具一覧

斜体はアニメ・映画・ゲームオリジナルひみつ道具。

あ行

悪運ダイヤ 悪魔のパスポート 味のもとのもと アスレチック・ハウス アタールガン あとからアルバム アトカラホント アパートごっこの木 アベコンベ 天の川鉄道乗車券 雨男晴れ男メーター あらかじめ日記 アルバイト料先ばらい円ピツ アンキパン いいとこ選択しボード イイナリキャップ イキアタリバッタリサイキンメーカー 石ころぼうし イシャ料しはらい機 異説クラブメンバーズバッジとマイク 糸なし糸電話 入れかえロープ ウソ800 うそつきかがみ 宇宙完全大百科端末器 宇宙救命ボート うつつまくら ウマタケ ウルトラストップウォッチ ウルトラ・スペシャルマイティ・ストロングスーパーよろい ウルトラミキサー ウルトラリング 映画監督ロボ※ エスパーぼうし N・Sワッペン エネルギーバルブ 絵本入りこみぐつ お医者さんカバン オコノミボックス お天気ボックス 大人をしかる腕章 おもちゃの兵隊 音楽イモ 温泉エッグ

か行

かぐやロボット※ かげきりばさみ 風の子バンド 家族合わせケース かたづけラッカー 神さまロボット からだねん土 ガリバートンネル ガワラオニ きこりの泉 きせかえカメラ 決め技スーツ キャラクター商品注文機 キャンピングカプセル 狂音波発振式ネズミ・ゴキブリ・南京虫・家ダニ・白アリ退治機 強力うちわ「風神」 銀河はかいばくだん キンシひょうしき 空間移動クレヨン 空気ピストル 空気砲 雲かためガス グルメテーブルかけ クローンリキッドごくう コエカタマリン 氷ざいくごて ここほれワイヤー コピーロボット ゴム・カム・カンデー ゴルゴンの首 ころばし屋 コンチュウ飛行機のりこみ用タラップ

さ行

先取り約束機 しあわせトランプ ジーンマイク 時限バカ弾 しつけキャンディー 室内旅行機 自動しかえしレーダー 品物運勢鏡 シナリオライター シャーロック・ホームズセット 十円なんでもストア 重力ペンキ 瞬間移動潜水艦 瞬間接着銃 賞品かせぎカウボット 正直太郎 ショックガン しりとり変身カプセル 進化退化放射線源 しんじゅ製造アコヤケース 人体とりかえ機 親友テレカ 人生やりなおし機 水中バギー※ スケジュールどけい スペアポケット スモールライト 精霊よびだしうでわ 世界変換マシン 創世セット そっくりペットフード ソノウソホント

た行

タイタニックロボ タイムテレビ タイムふろしき タイムベルト タイムマシン タケコプター たずね人ステッキ ダッピ灯 タマシイム・マシン だるまおとしハンマー タンマウォッチ 地球破壊爆弾 チクタクボンワッペン チューケンパー 長距離風船手紙コントローラー 超高性能爆弾 ツアーロボット ツキの月 ツモリガン 強いイシ テキオー灯 手じなふろしき デビルカード 電車ごっこロープ デンデンハウス とうめいペンキ とうめいボディガードプラモ 透明マント 通りぬけフープ どくさいスイッチ どこだかドア どこでもドア としの泉ロープ トモダチロボット※ ともチョコ とりよせバッグ ドンブラ粉

な行

ナゲーなげなわ なんでもバイキング 日本標準カレンダー 人間製造機 人間切断機 人間味調味料 ねがい星 熱線銃 のろいのカメラ 

は行

バードキャップ ハイパー掃除機 バイバイン 入りこみ鏡 箱庭シリーズ はこび矢 ばっ金箱 ハッスルねじ バランス注射 ハリ千本バッジ 万能わな 半分おでかけ雲 ビッグライト 秘密書類やきすて銃 百苦タイマー ビョードーばくだん ひらりマント 風雲ドラえもん城 フエール銀行 フエルミラー フクロマンスーツ フワフワ銃 分かいドライバー 分身ハンマー ふんわりズッシリメーター ヘソリンスタンド ペットそっくりまんじゅう ペンシル・ミサイル 変身カチューシャ 変身ドリンク ポータブル国会 ホームメイロ ポップ地下室 ポラマップスコープ ポラマップ地図 ほんやくコンニャク

ま行

まあまあ棒 狂時機 魔法事典 まほうのかがみ 水加工用ふりかけ 未知とのそうぐう機 ミチビキエンゼル ミニドラえもん※ ミニ・ブラックホール 未来小切手帳 未来ノート ムードもりあげ楽団 無視虫 無生物さいみんメガホン 無敵砲台 ムリヤリキャッシュカード 名刀「電光丸」 めだちライト メモリーローン めんくいカメラ モーゼステッキ もしもボックス 桃太郎印のきびだんご

や行

やくよけシール ヤセール やった木 山びこ山 夢たしかめ機 よい子バンド ようろうおつまみ 四次元くずかご 四次元たてましブロック 四次元ポケット

ら・わ行

立体すごろくメーカー レスキューボトル レポーターロボット Yロウ わすれろ草

キャラクターと考える方もいるとは思うが、分類上はひみつ道具なので一応。

関連記事

親記事

ドラえもん どらえもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ひみつ道具」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666327

コメント