ピクシブ百科事典

のび太と雲の王国

のびたとくものおうこく

アニメ『ドラえもん』の劇場版作品。1992年公開。
目次[非表示]

概要

映画ドラえもん第13作。天上の世界を舞台に、地上の文明を滅亡させようとする天上人と、ドラえもん達が築いた雲の王国の戦いが描かれている。
シリーズで初めて、主人公であるドラえもんが故障してしまうというピンチが描かれた作品でもあり、作中で2度故障してしまっている(一回目は絶滅動物保護州の管理員宿舎から脱出した直後、雷に打たれコンピューターが狂ってしまい、2回目は雲戻しガスのタンクに特攻して意識不明の瀕死状態となってしまっていた)。
過去の短編に登場したキャラクターたちも多く登場しており、物語上重要な役割を果たすのも特徴。
本作はドラえもん映画の中では珍しく直接的な武力対決ではなくシビアな外交交渉で事態の解決が図られている。そのため、本作は初歩の安全保障を学ぶための教材として用いられることもある。

あらすじ

神話や昔話等の影響で天国の存在を信じて疑わないのび太を見たドラえもんは、有りもしない天国を探すより自分たちで作ってしまう事を提案し、ひみつ道具の上に自分たちだけの王国を作り始めた。しかし資金難に苦しみ、ドラえもんとのび太はジャイアンスネ夫しずかちゃんに融資を募り、世界初の「株式王国」として雲の王国を建国した。
そんな中、本当に雲の上に住んでいる種族、「天上人」と遭遇したドラえもん達は、彼らとふれあい生活を知っていく。
一見、友好的な天上人達だが、彼らは環境破壊を進める地上人達を憎み、地上人の文明をすべてを洗い流す恐るべき「ノア計画」を進めていた。
天上人達に捕まっていた密猟者たちから「ノア計画」を聞いたドラえもんとのび太は、天上世界を消滅させる「雲戻しガス」の存在をチラつかせ「ノア計画」の白紙撤回を要求するが...。

登場人物

天上世界の絶滅動物保護州管理員の女性。友好的な態度でドラえもん達を天上界を案内したが、内心では環境を汚し続ける地球人を憎んでいる。しかしドラえもん達と行動を共にするうちに、地上人の全てが悪人ばかりではないと、理解を示すようになっていく。終盤では自らを犠牲にして天上人を救ったドラえもんや、のび太達の味方となるシーンもあり、実質、敵でもあるが味方でもある。

天上世界の絶滅動物保護州管理員の男性。天上人こそ正義と考え、地上人を敵視しており、ドラえもん達がノア計画に感づいた時も「地上人は狡猾で油断がならない」と思うなど差別的態度を隠す事も無い。仮面をかぶっていて、素顔は不明。
父と祖父と共に無人島に漂着しサバイバル生活をする中、誤って天上連邦に拉致された少年。天上連邦を信用している父親たちと違って天上人に疑念を抱いている。
アフリカで象を密猟していたところを、象と共に誤って天上連邦に拉致され、連邦議会で「象牙を取る」目的で家族を殺された象に名指しで非難されていた。
天上人のUFOを奪って逃亡を図るも、追撃により雲の王国に不時着し、ドラえもんとのび太に匿われ、二人に「ノア計画」の事を教える。
ドラえもんとのび太の隙をついて雲の王国を乗っ取り、天上界のすべてを破壊しようとするが、ドラえもんの特攻を許してしまい崩壊していく王国に置き去りにされ、海へ落下していった。
その後は再び連邦議会に出頭しており、キー坊の演説を聞き、最後の最後でようやく反省の色を見せていた。
かつてドラえもんとのび太が育てた人格を持つ苗木。植物性の存在を知った事で地球から植物星に移住する。
作中では成長した姿で登場し植物星の大使として天上連邦に駐在している。
ラストで連邦議会に出席し、故障したドラえもんを自身の能力で救い、ドラえもんとのび太に自身の素性を明かす。そして、地上人達が己の過ちに気付き、環境を守る為に努力している事、植物星が天上人の移民を受け入れる事を発表した。



用語解説

天上連邦

12の雲の大陸からなる連邦国家。遥かな大昔、地上の戦乱を逃れた人々が建国した。そのため地上人に対し、極端なまでの侮蔑と憎悪を抱いている。
高い科学力を持ち、宇宙の知的文明とも交流を持っている。氷河時代の生物も保存しているため、建国は神話の時代であることが伺える。ドラえもんの「マジックドーム」と同様の技術で宇宙の気象衛星やレーダーによって地上人に発見されることを防いでいる。

天上人

天上界で暮らす人々。宇宙人の類ではなく、人類と同じ種族として描かれており、違いは雲の上に築かれた国で暮らしている点。地上よりもはるかに進んだ科学技術を有しており、地上では既に絶滅した動物を保護するなど地上の自然を何より大事にしているが、地上の環境汚染が原因で自分たちも絶滅の危機に陥っており、最終手段としてノア計画の実行が間近となっている。そういった部分もあってか、天上人の多くは地上人を憎悪・差別している。
しかし、そこまで追い詰められていながら、地上人の各国代表といえる要人達と外交しようともせず、政治にまったく疎い子供達や動物を傷つけている密猟者達を地上人の代表者として担ぎ出して一方的に非難する等、政治面における手段は悪辣で傲慢とも言える部分が目立ち、のび太の海底鬼岩城に出てきたムー連邦と似たようなものである。
既に上層部の殆どが強硬派に牛耳られ、技術を始めとするあらゆる面での優位性を良い事に、自分達だけに都合の良い理屈で物事を進めようとしており、もはや地上人側の言い分に聞く耳を持とうとすらしない為、ドラえもんも対等な話し合いに持ち込む為に、雲もどしガスを使った恫喝による強硬手段に出ざるを得なくなった。

ノア計画

天上人たちが自分たちの生活圏を存続させるため、環境汚染を続ける地上世界に大雨を降らせ、大洪水によって浄化する計画。地上人たちも一時的に天上界に避難させる予定となっているが、計画の終了後は地上に戻され、全てを失った地上人の生活レベルは原始時代に戻ってしまうとされる。非道な手段だが議会でも賛成派が大多数となっており、「地上人の自業自得」と辛辣な考えを露わにしている。
そのための下準備として地上の動植物を天上界に避難させており、その中には地上ではすでに絶滅した種も多い。地上では絶滅した動物も、天上世界では何種類か飼育されている。中にはマンモスなどの様に氷河時代の生物やネス湖ネッシーといったUMAもいる。
作中でのび太のママがどこでもドアのダイヤルをいじったせいで、ドラえもんとのび太がノア計画が実行された世界に出てしまう。

雲かためガスと雲もどしガス

雲を固めたりもどしたりできるガス。雲の王国・天上世界にとっては深刻な大量破壊兵器になる。ドラえもんとのび太は「天上界を壊滅させられるほどの量のガスを備蓄している」と脅しをかけ、ノア計画を阻止すべく交渉に臨んだ。
因みに交渉に臨んだのは映画版、原作漫画版共にドラえもんだが、映画版が脅しをかけながらも丁寧な敬語口調で交渉に臨んでいたのに対して、原作漫画版だと中々に過激な言い方をしていた。

関連タグ

キー坊 旧約聖書 ノアの方舟 絶滅動物
ドンジャラ村のホイ モアよドードーよ永遠に
のび太の海底鬼岩城(本作とは違う形で相互確証破壊が題材になっている)

pixivに投稿された作品 pixivで「のび太と雲の王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2542

コメント